« 2008年12月 | Main | 2009年03月 »
剣道の寒稽古 その2
先日のブログに掲載した剣道の寒稽古。

この寒稽古では、全ての稽古に出席した参加者全員に、皆勤賞が授与されます。
皆勤賞は賞状と漆の木杯(剣道部の紋章入り)です。

この木杯には大中小の3サイズがあり、毎年違うサイズを1つもらえることになっています。
つまり、3年間連続皆勤して初めて、3つのサイズの木杯が揃い、正月のお祝い時にその木杯で新年を祝うことができる、というわけです。
ちなみに本年は大の年でした。 

最終日は、お汁粉会という納会でお開き。初等科のご父母が早朝6時から準備された温かく甘いお汁粉はとてもありがたいものです。

小学生や中学生はどんどんお代わりをします。
一方、日頃は糖分控えめの白髪の大先輩達も、日本酒や漬け物と一緒に堪能するなど、納会は終始ほのぼのとした雰囲気。

極寒の早朝稽古を全うしたという達成感、安堵感は格別です!
 2009/01/22 11:35  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

剣道の寒稽古 その1
ごめんなさい!
すっかり、ごぶさたしており、ブロガーとしては大失格です!? 忙しいは言い訳になりませんね。

さて、私の新年は剣道の寒稽古で始まります・・・といえば格好いいですが、辛くてしかたがありません。

学生時代も今も、このイベントだけが苦手で、正月になると、「あ〜。あと4日で寒稽古か・・・」と憂鬱な気分になります。

本年は1月6日より1週間ありました。
朝の6時15分集合。稽古は6時30分から7時45分まで行われます。
大学の体育館には、小学生から大学生までの現役学生が100名程、20代から80代までのOB、OG、その他外部からのお客様、そして、皇宮警察や他大学の関係者など、総勢200名ほどのが集まり、「壮観!」の一語です。

小学生、中学生、高校生、大学生と一貫教育の思想を実践している数少ない部活動なので、外部の方々の評価は意外と高いようです。
中には、親子2代、3代にわたり剣道をされているご家族もあり、寒稽古で父と息子で稽古をしたり、70歳過ぎの大先輩がお孫さんと稽古をするなど、微笑ましい光景もあります。

浩宮殿下(皇太子殿下)が剣道をされていた頃の寒稽古には、真冬の早朝にもかかわらず、ご学友の父母達が参観に集まり、その人数が30〜40名もなったことがありました。

私は、早朝5持起きのこの期間、稽古に行くだけでも必死。
ともかく、今年も無事終わってホッとしている情けない先輩です。
 2009/01/20 10:56  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

プロフィール
早田 敬三(そうだ けいぞう)
株式会社レナウン初代ミラノ駐在員として、ライセンス、現地生産企画のオペレーションを担当。帰国後、婦人企画、新規開発、紳士ブランド開発なども経験。
1998年Michael St John氏Venticinque Italia srl.社(本社ミラノ)をパートナーとして株式会社アドスインターナショナルを設立。
イタリア企業の日本市場進出のマーケティングコンサルタント、国内企業のブランド再構築プロデュースを手掛ける。

Keizo Soda

バナーを作成
出版書籍
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

http://apalog.com/soda/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集

アパレルウェブ公式モバイルサイト
スタイルクリップ
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード