« 2008年03月 | Main | 2008年05月 »
世界一周クルーズにスプレンディ−
4月7日に、101日の世界一周の旅へと出航した商船三井客船の豪華クルーズ「ニッポン丸」のスイートルームに、弊社が日本総代理店としてプロモーションを行っている「スプレンディーのボディローブ」が採用されました。
こちらがその、世界一周1,200万円(!)のスイートルーム。





17カ国24港を巡りながら様々な名所や世界遺産を見学したり、その土地の料理を味わうこのクルーズは、“贅沢な時間を過ごす優雅な旅”そのものです。

にっぽん丸/2008年世界一周クルーズ
http://www.mopas.co.jp/schedule/2008/04/2008.html
 2008/04/28 15:43  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

いるんだ!「万年筆職人」
新宿高島屋のエスカレーター脇でいろいろな実演販売をしている中に、
「万年筆職人」の方がいました!

「日本に万年筆職人って何人くらいいるのですか?」と彼に聞くと、
彼のお父さんが日本で最後の「本物万年筆職人」とのこと。

また、今では万年筆を語る人の殆どは元文具会社の人で、モノ作りから修行をしている人はすっかり少なくなってしまったのだそうです。

ふと、額縁に入った古いセピア色のお店の写真が目につきました。
あまりにも雰囲気のある写真だったので、思わず写真を撮らせてもらうと、
それは「各種万年筆専門店」という彼の実家だったというではありませんか。

世の中が便利、携帯、取扱いが簡単など、どんどん楽なことばかりに流れがちですが、ちょっと不便で手入れが必要だけれど、書き心地が良く、使う程に味わいがでる万年筆・・・。
「職人」の響きは、便利な仕事の対極にある気がしました。

それにしても、歴史を感じるお店の看板がいいですね〜!
 2008/04/21 14:26  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

「読むポップ」は想像力を掻き立てる!?
売場の商品ポップは、年々より小さくシンプルになっています。

大リニューアルされた伊勢丹メンズ館を見るまでもなく、百貨店もブランドの垣根を取っ払った売場構築を始めました。

ブランド表記は、独自性のあるデザインフォントを使って差別化をするのではなく、全てのブランド名を同一フォントにするなど、「統一感のある売場」作りの為に様々なアイデアを取り入れています。

統一感が優先される売場では、商品ポップにもそれが求められます。以前はメーカー各社が勝手に持ち込んでいましたが、今や、百貨店側が色デザインや文章、レイアウトなどを完全に再編集する傾向にあります。

小さく、シンプルなポップが目立つ中、最近よく見かけるのが「読むポップ」。
簡潔なキャッチコピーと商品のこだわりを説明するように表記し、読む人の想像力を掻き立てることが目的です。

これからは、VMDよりコピーライターが重用される時代がくるかも??
 2008/04/10 14:14  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

QRコードってすごい!
自分で認めるのも悔しいのですが、小生は電気製品を購入しても「取扱い説明書」を読むのが苦手なタイプ。ともかく、メカやITにからっきしダメな男です。

先日あるセミナーで、QRコードがマーケティングのツールになるという話題になりました。そこで、一念発起(と力むほどでもありませんが・・・)をして現在プロデュースをしているスプレンディー・ボディローブのモバイルショッピングサイトを立ち上げ、そのQRコードを作成してみました!

作成したとはいえ、小生自身、PCからのインターネット通販やテレビショッピングでさえも若干抵抗があるので、携帯電話でアクセスしたサイトからの買い物となると、正に未知の世界です。本音を言うと「モバイルショッピングなんて実際に誰がするの?!」と半信半疑でした。

ところが、スプレンディー・ボディローブのショッピングサイトを開店させて、たった5日後に1件のご注文を承ったのです!

ビックリです!!決して安くはないバスローブ(約2万円)にもかかわらず、小さな携帯電話の画面を見ながらの購買に抵抗の無い方は、思いの外いるようです。インフラの力って馬鹿に出来ませんね。
「QRコードって結構凄い・・・!」と、改めて感心ました。



ぜひ一度、こちらのスプレンディ−・ボディローブのモバイルショッピングサイトへ!
(PCでご覧になる場合はこちら
 2008/04/02 10:53  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

プロフィール
早田 敬三(そうだ けいぞう)
株式会社レナウン初代ミラノ駐在員として、ライセンス、現地生産企画のオペレーションを担当。帰国後、婦人企画、新規開発、紳士ブランド開発なども経験。
1998年Michael St John氏Venticinque Italia srl.社(本社ミラノ)をパートナーとして株式会社アドスインターナショナルを設立。
イタリア企業の日本市場進出のマーケティングコンサルタント、国内企業のブランド再構築プロデュースを手掛ける。

Keizo Soda

バナーを作成
出版書籍
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

http://apalog.com/soda/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集

アパレルウェブ公式モバイルサイト
スタイルクリップ
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード