« 2006年05月 | Main | 2006年07月 »
マイケルさん紹介です!その4
バルセロナ五輪のデザイン!

マイケル氏の大きな経歴の一つにスポーツデザインがあります。
マルボロカントリープロジェクト(米国のタバコメーカー、フィリップモリス社。参照:6月29日のブログ)の成功を元に、水着ブランドのスピード(SPEEDO INTERNATIONAL)を長年にわたって手掛けてきました。

その実績と経験、スポーツに対する情熱から競技水着の最も重要なデザイナーの一人となり、1992年のバルセロナ五輪ではスピードインターナショナルのデザインプロジェクトとして、イタリア、カナダなど23ヶ国のナショナルチームの水着デザインをしたのです。日本代表チーム男子の水着デザインも手掛けました。
さらに、彼はインティメイト(下着)業界で「ラペルラ」のデザインを始め、世界をリードするボディウェア業界のエキスパートの地位をも確立しました。



学校法人モード学園におけるMichael St John の特別講義、。
[予定]
7日3日 モード学園東京校
7月4日 モード学園名古屋校
7月5日 モード学園大阪校

詳細ご希望の方は当社へお問い合わせください。
アドスインターナショナル Tel:03-5712-2767
Email:bible@ados.co.jp
 2006/06/30 12:15  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

マイケルさん紹介です!その3
マルボロの仕掛け人!

1970年代にフィリップモリス社(米国のタバコメーカー)は、将来はタバコの宣伝販促が制限されるであろう・・・という判断から、「マルボロ」というスポーツブランドの構築を発想しました。同じブランドロゴを健康に良い、スポーツブランドとしてマーケティングすることで、タバコにも同様なマーケティング効果を狙ったもので、当時としては画期的な戦略と言わました。

そのフィリップモリス社の依頼により、1974年にマイケル氏はその最初のコレクションを手掛け「マルボロカントリープロジェクト」としてマルボロカーボウイのイメージでスタートしました。

このブランドの大きな転機は、当時のF1ドライバーのAndrea de Adamich氏がイタリアのライセンシーとなり、フィリップモリスとの合意のもとにイタリアデザインのブランドとして再構築されたことにありました。マイケル氏はそのパートナーとして、新Marlboro Leisurewear companyを設立たのです。

かのGiorgio Armaniもマイケル氏のブランドコンセプトとディレクションの元に2つのコレクションを創りました。

マルボロの歴史って興味ありますね。下記の彼の講義ではそれもテーマとして話して下さるようです。



学校法人モード学園におけるMichael St John の特別講義。
[予定]
7日3日 モード学園東京校
7月4日 モード学園名古屋校
7月5日 モード学園大阪校

詳細ご希望の方は当社へお問い合わせください。
アドスインターナショナル Tel:03-5712-2767
Email:bible@ados.co.jp
 2006/06/29 10:48  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

前回に引き続きマイケルさん紹介です!その2
イタリア流行色協会!

マイケル氏(Michael St John)は、The Italian member of Intercolor(イタリア流行色協会)の10名のメンバーの一人でもあります。カラーと素材のトレンドディレクション委員会の一員として、 Premiere Vision、 Pitti Filati などの欧州の展示会でカラーや素材トレンド情報のディレクションを担っています。

これはファション分野だけではなく、工業デザインや家具などすべての分野に影響がある研究と言われています。日本では社団法人 日本流行色協会 JAPAN FASHION COLOR ASSOCIATION(JAFCA)がその窓口となっています。
http://www.jafca.org/

現在は2009年の春夏のトレンド傾向をイタリア協会としてまとめをしているとのことです。(えっ!カラー予測ってそんなに先の仕事なんですか?)

彼に聞けば、情報が早い!って思うのは早計ですよ(笑)


学校法人モード学園主催、Michael St John 特別講義
7日3日 モード学園東京校
7月4日 モード学園名古屋校
7月5日 モード学園大阪校

詳細ご希望の方は当社へお問い合わせください。
アドスインターナショナル Tel:03-5712-2767
Email:bible@ados.co.jp
 2006/06/26 10:17  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Michael St John氏来日
小生が、(株)アドスインターナショナルを設立したきっかけとなった25年来の友人のMichael St John氏(Venticinque社)が来日します。彼は欧米のファッションビジネス界で、デザインとマーケティングを戦略的に組立てる先駆者としてとても評価が高いデザイナー兼、クリエイターです。

今回は、学校法人モード学園の世界的に有名なトップデザイナーやクリエイター(ポール・スミス氏、アナ・スイ女史、山本 寛斎氏など)を特別講師として招聘する「特別講義」の一環として来日します。

彼の業績をこれから数回に分けて(でないと紹介しきれないんです!)ご紹介します。

その1:ポール・マッカートニーのプライベートコスチュームデザイナー!

彼のユニークな経歴は、ロンドンのサビルロー街(背広の語源といわれている)でマスターテイラー(主任縫製士)とマスターカッター(主任裁断士)として始まりました。クリエイティブな視点からデザインを一つのプロジェクトとして捉える事で周囲にその存在を知らしめ、さらにそのキャリアを広げて映画のコスチュームデザインから、ピーター・オトゥール、ポール&リンダ・マッカートニー、ミア・ファロウ、音楽界の巨匠アイザック・パールマンなどのプライベートコレクションも手掛けました。この“プライベートコスチュームデザイナー”としての活躍が現在の彼のクリエイティブの基礎となっています。
日本では“プライベートコスチュームデザイナー”って聞きませんよね?

学校法人モード学園におけるMichael St John の特別講義。
[予定]
7日3日 モード学園東京校
7月4日 モード学園名古屋校
7月5日 モード学園大阪校

詳細ご希望の方は当社へお問い合わせください。
アドスインターナショナル Tel:03-5712-2767
Email:bible@ados.co.jp
 2006/06/22 14:35  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

アパレルの広告は割に合わない!
アパレルブランドと化粧品業界、飲料業界などの異業種とでは、広告とPRはどのように使い分けられているのでしょう。

アサヒのスーパードライという商品は、たった一品番(あのシルバーの缶ビール)で6000億円ものビジネスがあるといわれています。商品そのものの露出と認知度による売上げが現実にリンクしているのです。

ところが、通常のアパレルブランドでは広告に載せた商品が、一品番で1億円も売れる事はまずあり得ません。商品の宣伝広告露出が売上げに大きく影響するほど大量に発注する事自体が難しいのです。

数億円スケールのボリュームアパレルブランドで年間5〜600品番(もしくはそれ以上)を行っているのが現状です。一部のステータス高級ブランドは別として、商品だけの販売促進としては広告に掲載する雑誌等での1ページ200〜300万円の投資は採算が当然合いません。

雑誌社が企画する「この冬のイチ押し着回しコート特集」に競合ブランドと一緒にPRとして載せてもらえるようにすることの方が効果が高いのです。


商品そのものの販売のための広告はアパレルでは合わない!ですよね。
 2006/06/20 09:18  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール
早田 敬三(そうだ けいぞう)
株式会社レナウン初代ミラノ駐在員として、ライセンス、現地生産企画のオペレーションを担当。帰国後、婦人企画、新規開発、紳士ブランド開発なども経験。
1998年Michael St John氏Venticinque Italia srl.社(本社ミラノ)をパートナーとして株式会社アドスインターナショナルを設立。
イタリア企業の日本市場進出のマーケティングコンサルタント、国内企業のブランド再構築プロデュースを手掛ける。

Keizo Soda

バナーを作成
出版書籍
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

http://apalog.com/soda/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集

アパレルウェブ公式モバイルサイト
スタイルクリップ
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード