« 2005年11月 | Main | 2006年01月 »
本年最後のブログ!フォー!!
昨夜、アドスインターナショナルとダコルドの忘年会を三軒茶屋の居酒屋で行いました。一年のお疲れさま。来年への期待。スタッフ全員と家族の健康と幸せ。私は自分が好きな仕事をさせてもらえることに感謝。
本当にありがとうございました。

来年は楽しみなことが満載!頑張るぞー!フォーッ!!
 2005/12/28 18:02  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

剣道六段のイタリア人
レオナルド・アモルーゾ君。ミラノの友人で剣道六段、居合い六段。現在剣道と居合い両方の六段以上を持っている唯一のイタリア人です。

23年前小生がミラノ駐在をしていた頃は、まだ二段でした。その頃はイタリアのナショナルチームの代表メンバーで、スペイン、,イギリス、スイスなどの欧州大会に出場する若武者(?)のひとりでしたが、それ以来の付き合いです。

いわゆる、我々が思い描いているような典型的陽気なイタリア人ではなく、まじめで時間に正確、堅物であまりふざけた事はしません。

本職はタクシーの運転手。お金を貯めては日本に来て、剣道の練習や昇段試験を受け、袴や竹刀を買う事が彼の人生の楽しみなのです。

ミラノでタクシーを個人チャーターしたい方、ご紹介しますよ。ただし、和手ぬぐいや、雪駄をお土産で買ってきてと頼まれるかもしれませんけど・・・
 2005/12/21 18:15  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

成功したプレゼンの見極め方
あなたのプレゼンが成功したかどうかをどう見極めますか。

プレゼンが終った時に、拍手が沸いたら間違いなく成功です。
大切な時間を割いてプレゼンを聞いている人が「良かった」と感じた時に思わず出るアクションです。

或いは、プレゼンが終ったときの第一声が「このようにわれわれも・・・しましょう。是非このアイデアを具体的に・・・」などと、あなたのプレゼンが前に進んだら、それば成功です。

また、プレゼンが終った後で『先ほどのことをもっと詳しく聞きたい』『この資料の意味を説明してくれますか』など相手が興味を持ったら、これは成功です。

そして、「実は私もあなたの意見と同じでした」など同調を求めてくる人が出てきたらOKです。

あなたはプレゼンの成功の実感はありますか。
 2005/12/19 18:17  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

上手に見えるプレゼンのコツ
上手なプレゼン・・・上手に見えるプレゼンのコツとは。

■ ゆっくり話す
これが出来そうで出来ないのです。人前であがったり、慌てたり、つい早口になってしまいがちです。結論を急ぐあまり、聴衆が理解しているかいないかもおかまいなしに、機関銃のようにしゃべる人っていますよね。分っているのは自分だけ?

■ 反応を確認する
プレゼンをしながら、人の頷き(ウン!ウン!分かった)や首をひねっている仕草(理解出来ていない?または説明不足?)など、聴衆の反応を確認出来ていますか。もし出来ていたら落ち着いている証拠です。特にあなたの意見に賛成の人に向かって、ゆっくり更なる同調を求めましょう。

■ アイコンタクト
プレゼンをしている人が、部屋の天井や画面だけを見て、聴衆に目を向けられないことがあります。これって自信がない??と思われます。嘘や自信のない子供の言い訳って目が浮いていますよね。

■ 語尾をはっきり
これも話し方の一つですが、語尾をはっきりする話し方は自信があるように見えます。言葉尻が弱い人は曖昧に映ります。

■ 簡潔
「とりあえず」という言葉を連発する人は、プレゼンまでしながら結論や明確な意見がない・・・と感じてしまいます。

■ アクション
説明の時にゆっくりプロジェクターのスクリーンに近づき、手で大きくその説明部分を指差す動作、聴衆に手を向けながら「あなたはどう思いますか」・・・など
アクションとスピーチが連動していることは、聴衆の意識を引く効果があります。

■ 服装
やはり見た目は大切です。米国の大統領選では、ブッシュにスタイリストがついて、ダークスーツに赤いネクタイは自信の表れ・・・など、見た目のイメージは最低限のマナーであり、相手に自分のプレゼンに対する姿勢を伝えます。
会社での内部プレゼンとはいえ、ジーンズとTシャツで行うのは決してカジュアルとは映りません。

あなたのプレゼンはいくつ当てはまりますか。
 2005/12/05 18:19  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

嬉しいびっくり!「レオンの表紙になっちゃった?!」
先日スタッフ達に誘われて、豚肉屋さん(美味!)で飲んだ後、ちょっと二次会に行きましょう、との誘いにノコノコついていきました。

某部屋に案内されると・・・

外から微かに聞こえていた音楽は、映像でお世話になっている方のキーボードの生演奏でした。(実はこの方は元々プロのミュージシャンなんです)

「えっ!!なぜここにいるの??」
一瞬何が起きているか分からず、呆然として、ただ『なんで〜!!???』

みんなから 「おめでとう!!」

それは、小生の誕生日パーティのサプライズ企画だったのです!

前日にわざわざ機材を持ち込んで準備をしてくれていたとのこと。思いもかけない出来事に、ただただ感慨無量の小生。

でも驚きはそれだけじゃなかった!!

日頃三茶の居酒屋に慣れている小生には、目が飛び出る程の「シャンペンの嵐」。
そして「Happy birthday to you〜」の歌とともにケーキが登場。

極め付けは何と!!ケーキは雑誌レオンの表紙で、ジローラモさんの顔の代わりに小生のデカイ顔がデザインされているではないですか?!(写真)

照れくさいやら、嬉しいやら、感激するやら・・・です。
『今から間に合う ?!ちょいモテ系 オヤジ』なる男心をくすぐるキャッチコピーまで付いていました。

聞けば、レオンの表紙選びやキャッチの作成、デザインと、それはこだわって企画をし、何と!北海道のケーキ屋さんにお願いをして、わざわざ空輸されてきたとのことです。

男名利につきます。

「小説家を見つけたら」の映画で、ショーンコネリーの台詞にあった「思い掛けない時のプレゼントを、思い掛けない時にすることが、一番感激する!!Unexpected time, unexpected gift」を思い出しました。

本当にありがとう。。。。。。。

あんまり嬉しかったので、ブログで報告しちゃいます!
 2005/12/01 18:22  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

プロフィール
早田 敬三(そうだ けいぞう)
株式会社レナウン初代ミラノ駐在員として、ライセンス、現地生産企画のオペレーションを担当。帰国後、婦人企画、新規開発、紳士ブランド開発なども経験。
1998年Michael St John氏Venticinque Italia srl.社(本社ミラノ)をパートナーとして株式会社アドスインターナショナルを設立。
イタリア企業の日本市場進出のマーケティングコンサルタント、国内企業のブランド再構築プロデュースを手掛ける。

Keizo Soda

バナーを作成
出版書籍
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

http://apalog.com/soda/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集

アパレルウェブ公式モバイルサイト
スタイルクリップ
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード