« 2005年08月 | Main | 2005年10月 »
小田急線停電!!
昨日、本厚木での仕事を終えて駅に戻ると、コンコースは真っ暗、凄い人だかりで、警官や駅員がマイクを持って誘導・・・ 一瞬、何かの大事故か!!と緊張が走りましたが、よく聞くと停電で、バスによる振替輸送をする為、その説明をしているところでした。

取引先の社長とあきらめて長蛇の列の最後尾に並び、振替バスに乗れたのがそれから1時間後。その振替バスの運転手が海老名駅までの道を間違え、思わず舌打ちをしたその音が車内のマイクで流れてしまい、一同苦笑い。

海老名から大和へ、大和から中央林間へ、中央林間から三軒茶屋へと本厚木を出てから3時間の旅でした。

「滅多に来ない本厚木で、滅多にない停電に遭い、滅多にない無料振替輸送・・・こんな体験をするって凄い確率!」と開き直った(?)感慨に浸っていました。

宝くじを買ったら当たるかな・・・がその社長の談。
 2005/09/29 10:48  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

和風のウエディングドレス
先日友人の結婚披露宴に出席しました。花嫁さんのお色直しで「着物の生地で作ったドレス」が披露されました。あでやか、鮮やかなドレスは着物の華やかさと、ドレスのシルエットがマッチして、とても印象的でした。帯の代わりに大きなリボンがアクセントとなり、ひと際目を引くものでしたした。久々に感激したので皆さんにも「後ろ姿だけ・・・」をご紹介します。
 2005/09/26 10:53  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

本当のブランドキーマンって・・誰?
誰がブランドのキーマンか・・・の判別方法。
■ ブランドの将来のビジネスを組み立て、経営者にプレゼンをする人
■ 新規の顧客にブランドのイメージや商品、戦略などをプレゼンする人
■ デザイナーやパタンナーなどクリエーターに自分のブランドのディレクションを伝える人
■ 異業種や海外からの問い合わせに対し、ブランドを説明する人
■ 新しいメーカーや外部の取り組みに対し、ブランドの方針を説明する人
■ 売場のスタッフに商品や思い入れ、ブランドのストーリーを熱っぽく伝える人
■ メディアや雑誌にそのブランドのニュースを伝えなければならない人
■ 商品構成や価格戦略、流通戦略、ブランドの投資などを考え、実践する人

一つのブランドで、上記に当てはまる人が、社内に数多く存在するとしたら、キーマンはいません。これを一人でこなすことがキーマンの仕事です。
 2005/09/22 10:55  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

商品を売るな!ロゴを売れ!
顧客の目に触れるものを作る・・・商品ではなく、ブランドのロゴです。

友人がすてきなジャケットを着ています。その店(ブランド)をチェックするでしょう。自分が買った商品に満足し、気に入ったらどうします?

その同じブランド(ロゴ)を探します。決して「同じ商品」を探すわけではないのです。
 2005/09/22 09:57  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

素人発想でブランドを考えろ!
連日居酒屋をはしごすると、儲かる店と駄目な店がなんとなくわかるようになります。

顧客視点でビジネスを感じるからです。しかし、自分のビジネスや業種になると、客観性が無くなり、しがらみや経験値で物事を判断してしまう。第一印象やインパクト、最初の5分が重要なのです。

素人発想でブランドを考えたとき、果たして本当の欲求や予感が起きるかを認識できますか?
 2005/09/05 10:59  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

プロフィール
早田 敬三(そうだ けいぞう)
株式会社レナウン初代ミラノ駐在員として、ライセンス、現地生産企画のオペレーションを担当。帰国後、婦人企画、新規開発、紳士ブランド開発なども経験。
1998年Michael St John氏Venticinque Italia srl.社(本社ミラノ)をパートナーとして株式会社アドスインターナショナルを設立。
イタリア企業の日本市場進出のマーケティングコンサルタント、国内企業のブランド再構築プロデュースを手掛ける。

Keizo Soda

バナーを作成
出版書籍
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

http://apalog.com/soda/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集

アパレルウェブ公式モバイルサイト
スタイルクリップ
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード