« 2005年05月 | Main | 2005年07月 »
商品悪人論
売上が落ちた、
売れ筋がわからない、
売れなかった商品が返品される、
商品が在庫になる・・・
ビジネスの結果は「商品が売れる」というアクションの結果です。
しかし、そのビジネスの不振を・・・
「商品企画を見直せ!」
「デザイナーで優秀な人物を探せ!」
「デザインや品質を向上させろ!」
「上代の見直しをしろ!」
「メーカーを代えろ!」と喝(?)を入れる。
あるいは、売れている商品をコピーしたり、物真似することで、
「売れ筋の強化」をしたつもりになる。これらは、ビジネス不振の
「対策を講じた」ことになるのでしょうか。

ビジネスの不振を商品のせいにすることでは、だれも傷つきません。
但しデザイナーさんやメーカーさんを除いては・・・。

よく「マクドナルドより美味しいハンバーガーを作るパン屋さんは
ごまんといるのに、マクドナルドの売上を達成できるブランドはない」
と言われます。これは「より良い商品は作れるが、それをビジネス
として成功させることは難しい」ということです。

例えば、12万円で販売されているアルマーニのジャケットを、
ネームやロゴを一切取り外し、平場のAというブランドの39,000円の
ジャケット売り場に並べたとして、果たして3倍も売れるでしょうか?
飛ぶように売れるでしょうか? 
答えはNOです。

顧客は、商品を買うときにはそのブランドイメージにも対価を支払って
いるのです。
ビジネスは、商品と仕掛けとイメージです。

経営者の中にも、「まずは商品の充実、品質の向上、デザイン力のアップ、
価格の見直しなどが最優先事項。それが出来て初めて新たな投資を考える。」
という方がいます。

悪い商品をまず直さないと何も始まらない・・・果たしてそうでしょうか?
ビジネスの不振を商品のせいにしていませんか??
それを「商品悪人論」といいます。
 2005/06/29 14:07  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ZARAの裏話・2
前述のZARAの裏話・1の続き。


某ファッションジャーナリストとのZARAのデザインと価格の話はさておき、今度は、マーケティングポイントで「顧客頻度のアップ」が話題になりました。

普通イタリアのショップへの顧客訪問頻度は平均5.5回/年だそうです。一方、ZARAの顧客は17回/年だそうです。つまり、ファンの顧客が3週間に一度やってくるので、当然ながら店頭のオペレーションや商品企画も2ヶ月に最低1回は必要とのことです。元々欧州のブランドは、
年2回の企画、展示会で1年をまかなうというメンタリティ。

日本でいうところのQR(クイックリスポンス)対策も、スペインやイタリアのラテン民族が、いかにそのQRをこなすシステムなのかは興味があるところ。

その女史には、日本の「たまごっち最新バージョン」のお土産を条件に、次回またデートをすることになりました。
 2005/06/27 14:10  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ZARAの裏話・1
某ファッションジャーナリストと食事をしました。

イタリアZARAの話題では、商品企画のコーディネーターが世界中をリサーチして、面白そうなアイデア商品を片っ端からサンプル購入し、各サンプルに購入理由やデザイン上のポイントなどびっしりメモをし、簡単なデザインスタイル画とともに、スペイン本社に送るそうです。

1回の出張ツアーでそのサンプル数50〜200とまちまち。

行き先も東京を含むアジア、欧州、アメリカ、南米、南アフリカなど、ありとあらゆる方面をカバー。古着や民族衣装、ユニフォーム、お土産などなんでもアイデアになりそうなものはサンプルとして購入。

彼女がスペインに帰るときには、指示されたアイデアのサンプル商品が既に出来あがっているとか。

ポイントは、短時間でアイデアを具現化することだそうです。

〜次号につづく〜
 2005/06/24 14:13  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

野球少年の秀人君、ロンバルディア州の代表に!!
ミラノに駐在している友人の息子さん、秀人くん。イタリアの野球チームでなんと、ロンバルディア州代表に選ばれて、トスカーナ、エミリアロマーニャ、などの地区と対戦し、大活躍とのこと。 

これって、凄いことですよ〜。イタリアに行ってまだ1年も経たないのに、環境に順応してみんなに溶け込む・・・さすがは子供、恐るべし!!将来が楽しみです。

一方お父さんは・・・どの程度活き活き順応しているのか、メッセージはありませんでした・・・。
 2005/06/22 14:16  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

OEMのリスク、自社ブランドの勇気
アパレルのビジネスにはOEM(得意先)ブランドか、オリジナル(自社)ブランドの2通りがあります。
その大きな違いは何でしょうか?

OEMは顧客ブランドの「ビジネスを受注する」ことで、すべて相手企業次第です。かつては、OEMを行なうことにより、安定的受注、独占的ビジネス、効率的取組み、投資が少ない・・・など、メリットが数多くありました。

しかし昨今の状況では、大手の量販店、百貨店、総合卸しアパレル企業などの衰退、ブランドの統廃合や事業の中止などにより、ある日突然にビジネスがなくなる可能性が出てきました。

また、自分より価格、商品で勝っている競合が出現することで、仕入先(ビジネス)がなくなるリスクも十分に考えられます。

しかし、一番のリスクは、商売を「もらっている」という意識が強く、どうにか商売を「継続させる」ことに主眼を置いてビジネスをするあまり、、「本当のリスクがある」ということに気がついていないことです。

では、オリジナル(自社)ブランドを立ち上げれば、ビジネスは安泰なのでしょうか。商品を作っても「どこで誰に売るの」「どうやって知名度を上げるの」「何をどれだけつくるの」「在庫になったらどうするの」・・・など、解決すべき問題が山積です。

ほとんどのケースは「オリジナルの商品企画」をしただけで、「百貨店や量販店に置いてもらう・・」という、他人に売ってもらうプロダクトアウト志向から脱却できないのです。

商品を作ることと、売るシステムを創るということは違うのです。本当のオリジナルブランドを創るには、仕組みと仕掛けが要ります。そして、それを独自で達成させるという強い意識と勇気が要ります。

あなたは顧客企業頼みのOEMブランドを継続させる苦労の方が良いですか?
自社ブランドを開発する為の努力と仕組みを考える苦労の方が良いですか?
 2005/06/21 14:19  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール
早田 敬三(そうだ けいぞう)
株式会社レナウン初代ミラノ駐在員として、ライセンス、現地生産企画のオペレーションを担当。帰国後、婦人企画、新規開発、紳士ブランド開発なども経験。
1998年Michael St John氏Venticinque Italia srl.社(本社ミラノ)をパートナーとして株式会社アドスインターナショナルを設立。
イタリア企業の日本市場進出のマーケティングコンサルタント、国内企業のブランド再構築プロデュースを手掛ける。

Keizo Soda

バナーを作成
出版書籍
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

http://apalog.com/soda/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集

アパレルウェブ公式モバイルサイト
スタイルクリップ
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード