« 6. 仮想「Medivesの成功物語」 | Main | イタリアバスローブ繁盛記 »
UPブログ3:都内のサンプル工場で試作!
たとえ、自分たちの思い入れの強い企画だとしても、実際に商品を作るとなると、物作り経験のない学生にとっては大仕事です。

都内の某バッグメーカーさんを訪れ、学生自身の目で見て、生地やロゴの位置を決定し、デザインをしていきましたが、裁断の職人さんにバッグの作りのコツをお話していただき、「プロの仕事には匠の技があり、奥が深い!」と、改めて感じさせられた思いです。


ひとえに「ベージュの生地」といっても、微妙に色見の違うベージュがあります。バッグメーカーの方からのアドバイスもいただき、ロゴの色とのバランスを考えて、そのバリエーションの中からライトベージュの帆布の生地を選択しました。

このように、工場の方と実際に打合せを重ねることで商品への関心が高まり、ブランドの大切さを、より認識するようになりました。

(ユニバーシティー・プロジェクトの詳細は、下記サイトをご覧ください↓)
http://university-project.com/project/2006/11/up001.html
 2007/05/14 15:14  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

UPブログ2: キャンパスバッグ大改造作戦!
大学名入りのキャンパスバッグは意外に不人気だそうです。
理由は、ダサイ!、中身が取り出し難い、使い勝手が悪い、素材も塩化ビニールでベタベタする、角で指を切ったりすることがある・・・などです。

http://university-project.com/project/2006/11/up001.html

そこで、UPプロジェクトの第一弾として、このキャンパスバッグの大改造作戦で、
「学生のアイデアによる、学生の為の、商品企画」を合い言葉に、連日、白熱の議論を展開して出来たのが「UPキャンパスバッグ」です。

自分たちでデザイン、素材選び、サンプルの作成など全てのプロセスを手がけ、ようやく完成しました!
  

  
 2007/05/10 14:05  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

UPブログ1:UNIVERSITY PROJECTとは?
以前にも紹介させていただきましたが、当社は、インターンシップ研修として「UNIVERSITY PROJECT」を2007年1月から立ち上げました。
http://www.university-project.com/

UNIVERSITY PROJECT(通称UP)は、学生のアイデアやプロモーションを具体化する企画として発足した、学生参加型ブランド実践プロジェクトです。
自分たちが作った商品や、企業から依頼されたコラボ企画商品をどのように世の中に伝えるか。誰がターゲットでその層にメッセージをどのように到達させるか。

これらを実際のビジネスを通して、ブランドの研修をすることがこのインターンシップ研修の主旨です。

ビジネスの実感を理解する為に、実際のオリジナル商品の売上げや企業コラボからの収益は、UP学生達が独自に企画したイベント、キャンペーン、チャリティなどに再投資されます。その過程を経験することで、動議付けされたモック(仮想)ビジネスプログラムを目指しています。


このUNIVERSITY PROJECT(通称UP)のきっかけは、昨年12月に青山学院
大学の「感性ビジネスセミナー」でブランディングのお話をさせて頂いたことが始まりでした。セミナーで、ブランドについて、マーケティングの役割、実際のビジネスの話をした後、講義の最後に、学生視点で開発するブランドについての説明と、そのプロジェクトメンバー募集の呼びかけをしたところ興味を持った学生が集まり、UNIVERSITY PROJECT(通称UP)が発足し、現在に至っています。
 


口コミだけで青山学院大、慶応大、学習院大、帝京大、上智大などの学生が2回/月のミーティングに集まり、白熱の議論を展開しています。

学生達にとってのメリットは、UPとしてビジネスに参加する機会と経験を得て、さらにその収益から自分たちのアイデアで企画するイベントやチャリティなどが実現出来るという点にあります。また、企業の担当者と知り合うチャンスが就職活動の一環にもなるという点も大きなメリットでしょう。

このメリットを活かす!

今の学生さんたちの、「一石三鳥のしたたかな計算」も見え隠れします・・・
なるほど!
 2007/04/27 15:48  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

プロフィール
早田 敬三(そうだ けいぞう)
株式会社レナウン初代ミラノ駐在員として、ライセンス、現地生産企画のオペレーションを担当。帰国後、婦人企画、新規開発、紳士ブランド開発なども経験。
1998年Michael St John氏Venticinque Italia srl.社(本社ミラノ)をパートナーとして株式会社アドスインターナショナルを設立。
イタリア企業の日本市場進出のマーケティングコンサルタント、国内企業のブランド再構築プロデュースを手掛ける。

Keizo Soda

バナーを作成
出版書籍
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

http://apalog.com/soda/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集

アパレルウェブ公式モバイルサイト
スタイルクリップ
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード