« ライセンス | Main | 集客と告知が難しいシリーズ »
優秀なMDが突然辞めてしまった!
ブランド診断シリーズ
【優秀なMDが突然辞めてしまった!】

某中堅企業の切り札的存在である36歳のMDが突然転職のため辞めてしまったのです。

幹部が慰留に努めましたが「自分で独立をする決意をした」とのことで多くは語りません。 本当はこの会社に失望をし、将来に情熱をかけられなかったと感じ、後悔しないためにも別の可能性を模索していた時に別の経営者から声をかけられたとのことです。 いわゆるヘッドハンティングです。

企画のエースとして企画のディレクション、メーカーへの発注・生産管理・仕入・スケジュール管理や取引の対応、さらに得意先へのプレゼンテーションや営業サポートなどそのブランドのことについては何でもこなすスーパーマン的存在でした。

店頭スタッフにたいしても気配りをすることで社内のファンも決して少なくありません。 「とりあえずブランドに関することは何でも屋ですから・・・(笑)」という彼のキャラクターにすっかり任せっきりになっていたことも事実です。

社長の戸惑いは現状の把握と後任者の決定です。
その状況になって初めて如何に現場を把握していなかったかということを認識させられたのです。そして彼に情報が集中し過ぎていたので「お任せ」のツケが廻って来ました。

流れている業務を止めることも出来ないので、後任に若い営業兼企画補佐をしていたスタッフをとりあえず与えたのですが、業務分担や責任の所在など曖昧であったことが次々と露呈します。

取引先やメーカーなどの担当者にしても彼の人柄で円滑に廻っていたことに不安を感じたり、社内でも若いスタッフには青天の霹靂で動揺もあったりと様々です。

10ヶ月ほど前に人員整理をした時の社内の不満や感情が蘇ってきます。

社長は将来には幹部に抜擢をしようとしていた、その彼からの突然の退社願いに予兆やサインに気付かなかったことに後悔もしているようです。

アパレル産業は入り口では一人一人でミシンを踏んで生産し、出口では店頭での販売はスタッフのコミュニケーションで一枚ずつ売られていく、労働集約産業なのです。

パソコン業界のように日進月歩で10年前の商品価値がほとんどゼロになる訳でもなく、特許や発明でビジネスが劇的に変化する業界でもありません。商品の生産は人件費コストの安い地域/国に次々と流れてゆくことは、感性は必要であっても生産の革新性や効率の改善が難しいということです。

結局はビジネスでの人的価値・判断やコミュニケーションが事業の結果に大きく寄与してゆくので、優秀な人材の育成と確保は必須なのです。



人材育成という綺麗ごとの言葉は、困ってから後悔する「無くして分かる親のありがたみ・・・」に似ていますね。



 2015/04/27 09:37  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

ブランドが脱皮する兆しは会話から
Brand診断・・シリーズ

【ブランドが脱皮する兆しは会話から】



私はアパレルの展示会などに伺うと担当者に必ず質問することがあります。

「最近の○●ブランドのNewsは何ですか?」

これに対して・・・「いや〜、なかなか厳しいですね。売上はじり貧ですし、市場が悪くて円安も有り仕入単価が逆ザヤなので利益も出ません。ターゲットの人口も年々減少していますしね。。。」と第三者のマクロ経済評論家のようなことを云う人がいます。


私が聞きたいのは当事者だから分かる、ビジネスが良くなる兆しや商談での具体的な手応えや予感を感じているかを聞きたいのです。

聞きたいNewsはGood Newsの意味で愚痴や否定的な言い訳のBad Newsでは無いのです。



そしてその会話で注目をしているのは、一般名詞や漠然とした形容詞ではなく、
固有名詞や数字がポンポンと会話に出てくるかです。



某アウトドア系の雑貨ブランドは海外の展示会に出品し、反響がよかったとのことです。
 
「ドイツで16店舗の展開をしているデュッセルドルフ本社のアウトドア系セレクトショップK社とミュンヘンのISPO展で引き合いがあり、3週間以内に店頭ディスプレイを5セット準備出来るかの打診がありました。 欧州での競合ブランドFも年間1億円ほど取り扱っているとのことで、展示会でのポップや販促物などの提供を依頼されました。 こちらからはミニマムで初回から50個/モデルを4モデル以上注文してくれるのであれば、ドイツ圏内での独占販売権を1年間は渡しても良いと提案しました。 相手が将来の欧州市場でのパートナーとなる可能性と匂いを感じたからです(笑)」

と簡潔にしかも淡々とビジネスを語ってくれるのです。

固有名詞と数字を時系列で話を出来るビジネスマンだから、その会話に信憑性と信頼が生まれて来ます。


ブランドが脱皮する兆しを担当者の会話から感じるのです。

 2015/04/08 11:16  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

プロフィール
早田 敬三(そうだ けいぞう)
株式会社レナウン初代ミラノ駐在員として、ライセンス、現地生産企画のオペレーションを担当。帰国後、婦人企画、新規開発、紳士ブランド開発なども経験。
1998年Michael St John氏Venticinque Italia srl.社(本社ミラノ)をパートナーとして株式会社アドスインターナショナルを設立。
イタリア企業の日本市場進出のマーケティングコンサルタント、国内企業のブランド再構築プロデュースを手掛ける。

Keizo Soda

バナーを作成
出版書籍
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

http://apalog.com/soda/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集

アパレルウェブ公式モバイルサイト
スタイルクリップ
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード