« 世界のファッション市場の予測とは!? | Main | 誰の役割?ブランド価値を上げるということ »
ブランド戦略の見直し方!?(戦略編)
〜ブランド戦略の見直し方!?〜
チェック1:ブランド戦略の問題点




ブランド戦略の構築を!!と言われて何から手をつけるのでしょうか。

たった3つのことを明確にすることで具体的な方策が決まります。
それは登山家に例えると・・・・

1) 山の頂上:そのブランド(登山家)は何を(どの山を)目指すのか?

2) 出発する麓:目指すビジネス(山をアタックする)チームの現状(資金、手法、インフラ、現状システム)を再認識する。 

3) 目的のビジネスを達成する(山を登る)ためのプロセスを具体的に方法を一つづづリストアップしてみる。

そして
● そのリストで一番重要な事項は何かを絞り込む
● 緊急性の高い項目を決めて優先順位をつける
● このプロセス(リスト)作成で気づかなかった事項を再認識する。



この表は「何が課題であるか?」を思いつくことすべてをリスト化してみます。
事業部門のリーダーだけではなく、そのブランドに関わる全てのスタッフの現実的な目線でリストを作成するのです。




視野の狭い発送でも良いのです。

自分たちができなかった言い訳でも良いのです。

競合ブランドの過大評価でも良いのです。

空想の出来もしないと言われる絵空事でも良いのです。

素人の発想でも良いのです。

現場を知らない者の発言でも良いのです。

思いつきでも良いのです。


これらのリストは自分が目指す山を再認識させて、自分たちの現状を認めて、何ができるかを深掘りすることで、登頂するためのプロセスをより明確にさせるのです。


 2018/08/27 10:17  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/soda/tb_ping/567


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


プロフィール
早田 敬三(そうだ けいぞう)
株式会社レナウン初代ミラノ駐在員として、ライセンス、現地生産企画のオペレーションを担当。帰国後、婦人企画、新規開発、紳士ブランド開発なども経験。
1998年Michael St John氏Venticinque Italia srl.社(本社ミラノ)をパートナーとして株式会社アドスインターナショナルを設立。
イタリア企業の日本市場進出のマーケティングコンサルタント、国内企業のブランド再構築プロデュースを手掛ける。

Keizo Soda

バナーを作成
出版書籍
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

http://apalog.com/soda/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集

アパレルウェブ公式モバイルサイト
スタイルクリップ
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード