« 人生で後悔することとは・・・ | Main | ブランド戦略の見直し方!?(戦略編) »
世界のファッション市場の予測とは!?
〜世界のファッション市場推移予測とは!?〜



ファッション市場の将来予測資料(2014年経済産業省レポート)によると、主要国のファッション市場規模は206兆円(2013年)から325兆円(2020年)になるという予測があります。



内訳としては上記の棒グラフの左から・・・
中華圏(中国、香港、台湾)は50兆円 → 116兆円
北米圏(米国、カナダ)が53兆円 → 63兆円
西欧圏(英国、フランス、イタリア、ドイツ)37兆円 → 40兆円
インド圏  11兆円 → 25兆円
ブラジル圏 12兆円 → 23兆円
ロシア圏  11兆円 → 21兆円
日本圏   18兆円 → 19兆円
東南アジア圏 4兆円 →8兆円

となっている。
東京五輪の2020年の予測ですごく遠い将来でもないのですね。

日本のアパレル企業の中期計画で、国内のパイの取り合いはもちろんのことですが海外へのビジネスシフトを考える経営者は少なくないと思います。

日本市場が2013年から2020年までたった1兆円しか成長余力がないと仮定すると中国圏はさらに63兆円、北米圏でさらに10兆円、インド、ブラジル、ロシアでも10兆円以上の成長予測がある中で何を「野望」「挑戦」としたテーマにするかです。

その中期的な「野望」ために、今すべき戦略があるとすれば、ブランドの責任者である、経営者やブランド責任者や「布石」は何であるかを予測します。 

俯瞰的な大きな戦略は商品の積み立て方式ではなく、ブランド価値とイメージ構築のマーケティングが大きく寄与すると誰もが気付きます。 

それが戦略的なブランディングなのです。
絵空事やよそ事では決してないと考えると、真のexcitingなことは自社の世界的なブランディングですね。

国内の売り場や売上も目標を達成していないのに・・・そんなことより今シーズンの予算はどうなんだ! 

経営者の叱咤する言葉が想像つきます。。。。



出典:経済産業省2014年7月レポート「日本ファッション産業の海外展開に関する調査」
 2018/08/13 18:31  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/soda/tb_ping/566


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


プロフィール
早田 敬三(そうだ けいぞう)
株式会社レナウン初代ミラノ駐在員として、ライセンス、現地生産企画のオペレーションを担当。帰国後、婦人企画、新規開発、紳士ブランド開発なども経験。
1998年Michael St John氏Venticinque Italia srl.社(本社ミラノ)をパートナーとして株式会社アドスインターナショナルを設立。
イタリア企業の日本市場進出のマーケティングコンサルタント、国内企業のブランド再構築プロデュースを手掛ける。

Keizo Soda

バナーを作成
出版書籍
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

http://apalog.com/soda/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集

アパレルウェブ公式モバイルサイト
スタイルクリップ
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード