« ブランドの見える世界と見えない世界 | Main | MDには知識だけが必要なのですか? »
ブランドを俯瞰して見る冷静さ!
〜”6ヶ月でMDを養成する方法〜


【ブランドを俯瞰して見る冷静さ!】

私たちはブランドのことを一方的に発信してしまいがちです。
思い入れや情熱など製作者(発信者)の視点で
その気持ちをグダグダと押し付けているのではという反省があります。

こんなに思っているメッセージがなぜ伝わらないのだろう?
と悶々としたことは多々あるでしょう。

「自分のブランドを俯瞰して見る冷静さ」に欠けているのです。

この「ブランドを俯瞰して見る」とはどういうことなのでしょうか?
消費者は最初の10秒の映像、最初の1行のキャッチコピー、
最初のタイトル、最初の目次、など視覚に入ってくる最初の情報で
それ以降の情報を知るべきかを判断します。

つまり『ブランドを俯瞰してみる冷静さ』とはブランドの最初のインパクトが
他人から見てどのくらいあるだろうか?
と反芻する気持ちを持つことなのです。

ネットニュース、雑誌の車内吊り、TVの番組表、ブログタイトルなど、
最初のたった数量に「もっと知りたい」と思わせるキャッチワードが不可欠なのです。


マーケティングのAIDMAの最初のA(attension:注意を引く)がスタートです。

そのためにはブランドのキャッチワードを繰り返し検証する必要があります。
 2018/01/12 13:15  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/soda/tb_ping/557


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


プロフィール
早田 敬三(そうだ けいぞう)
株式会社レナウン初代ミラノ駐在員として、ライセンス、現地生産企画のオペレーションを担当。帰国後、婦人企画、新規開発、紳士ブランド開発なども経験。
1998年Michael St John氏Venticinque Italia srl.社(本社ミラノ)をパートナーとして株式会社アドスインターナショナルを設立。
イタリア企業の日本市場進出のマーケティングコンサルタント、国内企業のブランド再構築プロデュースを手掛ける。

Keizo Soda

バナーを作成
出版書籍
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

http://apalog.com/soda/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集

アパレルウェブ公式モバイルサイト
スタイルクリップ
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード