« チェック3:営業企画の問題点 | Main | めざすのは商品企画とブランディングのキーマン »
チェック4:宣伝企画の問題点
〜”0からブランドを見直す〜


チェック4:宣伝企画の問題点


宣伝企画の課題を見直すときに
常に言われていることに
「ターゲットの明確化」があります。 
 
マスを狙っているということから、
絞り込むとビジネスチャンスが少なくなると
誤解しているブランドがあります。






例えば「働く30〜40代の女性」というより、
「海外旅行のツアーガイドで欧州の12カ国に
年間120日以上海外に出かける仕事の35歳女性がターゲット」
では、具体性が異なります。

このようなターゲットを想定すると
その女性の顔やイメージが浮かんできます。

彼女は移動が多いので機能性や合理的な商品に興味があり、
バルセロナでフランメンコ。
ミラノ・スカラ座でオペラ。
ロシア・エルミタージュ美術館などで
仕事の合間に文化を堪能する意欲的な女性。

その彼女はパンツルックで移動するも
文化に接する時はエレガントでありたい!
と思うのです。

限られた時間で有効に歴史や文化を楽しみたいという
人生観の女性がターゲットなのです。

また、その彼女に向けたイベントやキャンペーンは
具体的に何をしたら喜ばれるかが明確になります。


具体的な女性に向けた宣伝、販促、プレス、広報
の戦略ですとブレることなく次々とアイデアが浮かんできます。


このように絞り込みをすることは
ターゲットが少なくなるのではなく
明確になるのです。

また、実際はこのターゲットではない女性でも
この生き方や仕事に対して共感している
女性は「見込み客」でもあります。




 2017/11/20 00:48  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/soda/tb_ping/552


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


プロフィール
早田 敬三(そうだ けいぞう)
株式会社レナウン初代ミラノ駐在員として、ライセンス、現地生産企画のオペレーションを担当。帰国後、婦人企画、新規開発、紳士ブランド開発なども経験。
1998年Michael St John氏Venticinque Italia srl.社(本社ミラノ)をパートナーとして株式会社アドスインターナショナルを設立。
イタリア企業の日本市場進出のマーケティングコンサルタント、国内企業のブランド再構築プロデュースを手掛ける。

Keizo Soda

バナーを作成
出版書籍
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

http://apalog.com/soda/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集

アパレルウェブ公式モバイルサイト
スタイルクリップ
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード