« 売り場の商品構成を見直す | Main | ブランドの知名度・浸透度を見直す »
実際のターゲットを見直す
〜”0からブランドを見直す〜


【実際のターゲットを見直す】


ブランドの再構築という永遠のテーマを社内で問われる時に俎上に乗るテーマの一つに「ターゲットの見直し」・・・・があります。

ほとんどのブランドは年齢詐称ターゲット。。。
つまり、実需のリピーターとなってくれる顧客が50歳代以上にも関わらず
狙いは30〜40歳の知的な OLです。。。。

などと雑誌の時の取材受けを意識してか、若い層を言葉にしがちです。
あるいは「知的で、本物志向の賢い着回しが得意な女性」などと
綺麗事なのです。

大手アパレルのマスブランドのサイトを見て下さい。
ほとんどのブランドはそつがない説明で、競合ブランドとなんら差別化を出来るメッセージがありません。




具体的にイメージやメッセージが伝わりやすい方法として、映画やドラマなどのキャラクターを共有することです。

例えば、2004年ごろに流行った「Sex and the City」にの登場人物四人がいます。




キャリー、シャーロット、ミランダ、サマンサの四人です。
ドラマでは個性的に彼女たちのテイスト、バックグランウンド、職業、倫理観、外的イメージが見事なくらい異なっています。




そこであなたのブランドのイメージターゲットがシャーロットだとしたら、、、、
彼女はどのような価値観か?
どんなイメージを大切にしているか?
ライフスタイルは?
育ちや環境は?

などすべて他の3人とは異なります。
つまりシャーロットを表現するキーワードは上流家族、お嬢様学校、保守的な心理、などいくつも挙げられます。

そのシャーロット(もしくはそのイメージを好きな)が欲しがるであろうファッションテイスト、商品企画と理解したら、デザイナーなどのクリエイターやプレス広報、宣伝マーケティングなど異なる部署の人たちが同じディレクションを向くことになります。

多くのスタッフや顧客、流通の人たちにブランドイメージを伝えるのには、ある一定の絞り込んだキャラクターを提示することが一番わかりやすいのです。

気付いたら、なんでもありの商品と、誰にでも売れそうなデザイン、どの売り場、編集にも入りそうで伝わらない、そんなブランドが少なくありません。

絞り込むことに怖がらずに、みんなが同じシーンを想像できるキャラクター設定は実際のターゲットを決め込む重要な要素でもあります。





※諸般の事情で二ヶ月ほどお休みをさせていただき失礼を致しました。
 2017/09/16 02:45  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/soda/tb_ping/544


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


プロフィール
早田 敬三(そうだ けいぞう)
株式会社レナウン初代ミラノ駐在員として、ライセンス、現地生産企画のオペレーションを担当。帰国後、婦人企画、新規開発、紳士ブランド開発なども経験。
1998年Michael St John氏Venticinque Italia srl.社(本社ミラノ)をパートナーとして株式会社アドスインターナショナルを設立。
イタリア企業の日本市場進出のマーケティングコンサルタント、国内企業のブランド再構築プロデュースを手掛ける。

Keizo Soda

バナーを作成
出版書籍
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

http://apalog.com/soda/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集

アパレルウェブ公式モバイルサイト
スタイルクリップ
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード