« 商品構成の見直し検証 | Main | 実際のターゲットを見直す »
売り場の商品構成を見直す
〜”0からブランドを見直す〜

【売り場の商品構成を見直す】



ブランドを見直す時に商品企画、商品構成、価格など一つづつの商品課題を見直すことはとても大切です。

しかし、俯瞰的にみて顧客はその売り場(あるいはサイト)に入りたいか?という前提があります。

例えばコートやパンツが欲しいと思っている顧客は商業集積である百貨店、ファッションビル、ショッピングモール、量販店など売り場そのものの選択やロケーションなどを決めるのです。

自分のブランドを0から見直す時に、その顧客との接点である売り場の「売り場フロアー」「ゾーニング」「陳列MD」などのボタンをかけ違っていないでしょうか?

自分だけのブランドがポツンとあるわけではなく、そのフロアーや隣にどのようなブランドが編集されているかなどのポジショニングは顧客視点では重要です。







上記の売り場のポジショニングが見直されてたら、次は自社ブランドの売り場の品揃えの強弱や強みの再確認が必要です。

限られた売り場というスペースではアイテムの商品群や種類の豊富さが、欲しいものを見つける可能性に比例してきます。 無限にアイテムや商品群を展開できないのが現実で「品揃えの幅」が絞り込まれます。

さらにコートやパンツなどアイテムを絞り込んでも「品揃えの深さ」が問われます。
気に入った商品でも、そのサイズやカラーのバリエーションが多ければ多いほどいいのですが、ロスを考慮するとそこでの絞込みがキーポイントとなります。







顧客は気に入って「手にとって確認する」作業と「試着までして確認する」作業のステップまで導入するかが売上げに直結します。

このように、商品という”点”の見直しと、売り場という”面”の見直しが問われます。
 2017/07/20 14:33  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/soda/tb_ping/543


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


プロフィール
早田 敬三(そうだ けいぞう)
株式会社レナウン初代ミラノ駐在員として、ライセンス、現地生産企画のオペレーションを担当。帰国後、婦人企画、新規開発、紳士ブランド開発なども経験。
1998年Michael St John氏Venticinque Italia srl.社(本社ミラノ)をパートナーとして株式会社アドスインターナショナルを設立。
イタリア企業の日本市場進出のマーケティングコンサルタント、国内企業のブランド再構築プロデュースを手掛ける。

Keizo Soda

バナーを作成
出版書籍
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

http://apalog.com/soda/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集

アパレルウェブ公式モバイルサイト
スタイルクリップ
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード