« デザイナーと企画MDは右脳と左脳のパワーバランス | Main | パレートの法則からパワーアイテムの作り方 »
見せる企画と儲ける企画
〜新人MDの実践&好奇心〜
【見せる企画と儲ける企画】



Brandとして商品企画をするために二つの考え方があります。
それは「魅せる商品」と「儲ける商品」を企画の意志ををもって実践することです。

シーズンに100品番、200品番を企画するBrandの企画を担うMDやデザイナーにとっては、企画するすべての商品が大ヒットし、利益をもたらす儲ける商品を企画するために注力を注いでいるはずです。

しかしながら実際は展示会などでの受注不足があり、生地ロット、プリントロット、生産ロットなど生産効率を考慮して企画中止や生産中止となる品番も少なくありません。

数字(利益)に追われている企画担当者にとってはロスやリスクがある商品企画を進めること自体問題であると早々にキャンセル、中止を決断するものです。

実際の業務では3〜7%の商品企画がなんらかの理由で売り上げに貢献できない状況にあります。 そこで最初からその3〜7%の商品企画を売上げ目的ではなく、、、、
・デザインアイデアの提案企画
・常識を覆す発想企画
・話題性がある素材企画
・カラーやプリントなど意匠面でのチャレンジ企画

などプレス広報や展示会での話題企画や雑誌やメディアに差別化としての売り込み企画などを意識的に作ることが出来ます。

もちろん意識的な提案/チャレンジなので最初から量産はしないことが暗黙の了解となります。

100品番として3〜4品番に本来の発信型差別化企画を考えることはMDにとってもデザイナーにとっても重要なことです。 売上げを期待しない分、目立つアイデアや本来のBrandとしてのこだわりを存分に企画することが出来ます。

100分の3から7の商品企画なのです。
このようなチャレンジが将来Brandのパワーアイテムが生まれる元となります。

儲ける商品と魅せる商品!

少しだけ発想を変えてはどうですか?
 2017/03/31 01:47  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/soda/tb_ping/531


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


プロフィール
早田 敬三(そうだ けいぞう)
株式会社レナウン初代ミラノ駐在員として、ライセンス、現地生産企画のオペレーションを担当。帰国後、婦人企画、新規開発、紳士ブランド開発なども経験。
1998年Michael St John氏Venticinque Italia srl.社(本社ミラノ)をパートナーとして株式会社アドスインターナショナルを設立。
イタリア企業の日本市場進出のマーケティングコンサルタント、国内企業のブランド再構築プロデュースを手掛ける。

Keizo Soda

バナーを作成
出版書籍
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

http://apalog.com/soda/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集

アパレルウェブ公式モバイルサイト
スタイルクリップ
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード