« ポジショニング・ステーツメント | Main | 変化するマーチャンダイザー(MD)の役割 »
三つのブランド利益とは!?
〜新人MDの実践&好奇心〜
【新人MDのブランドバイブル】




5。三つのブランド利益とは!?

ブランドの知名度をアップさせて、イメージを増幅させて、信者ファンを多く引きつけることは広い意味でのブランド利益に繋がります。

ブランドは資産価値が上がると売り上げ利益という明確な数字で帰ってきます。
競合と同様の商品ならば売り上げ数が上がり、類似する商品群で高い上代で評価されることも利益に繋がります。

例えば12,000円のトップスが13,000円でも欲しいものが良いとか、同様のトップスなら気に入っているブランドこそ欲しいと感じるものですね。

ブランドのキャラクターや個性が明確となるとライセンス契約の可能性も出てきます。
衣服というカテゴリーだけではなく、雑貨、文具、化粧品など多分野で異業種企業とコラボが出来るようになる延長線上ににライセンス契約の旨みが見えてきます。

さらに企業内の柱となるブランドでは、顧客が付いている実績ブランドとしてブランド売買の対象になり得ます。 また、企業のM&Aや外部からの投資ではバランスシートでは評価されない資産価値と理解されます。

ブランドが発信されて20年、30年という長寿ブランドはシーズンごとの単なる売り上げ利益より、ライセンス利益やブランド売買利益の比重が大きくなっているのです。それらは一朝一夕に出来るものではないだけにブランドを担当する人たちは誇りに感じる場面もあるでしょう。

ブランド冥利に尽きる・・・・・です。

 2017/02/17 23:37  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/soda/tb_ping/527


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


プロフィール
早田 敬三(そうだ けいぞう)
株式会社レナウン初代ミラノ駐在員として、ライセンス、現地生産企画のオペレーションを担当。帰国後、婦人企画、新規開発、紳士ブランド開発なども経験。
1998年Michael St John氏Venticinque Italia srl.社(本社ミラノ)をパートナーとして株式会社アドスインターナショナルを設立。
イタリア企業の日本市場進出のマーケティングコンサルタント、国内企業のブランド再構築プロデュースを手掛ける。

Keizo Soda

バナーを作成
出版書籍
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

http://apalog.com/soda/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集

アパレルウェブ公式モバイルサイト
スタイルクリップ
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード