« 「とれたま」はアイデアの宝庫 | Main | ブランドエクイティ(資産)を理解する »
なぜブランドの差別化か!?
〜新人MDの実践&好奇心〜
【新人MDのブランドバイブル】



その1。なぜブランドの差別化か!?


世の中の「ブランド」はどの業界であっても商標登録されることでビジネスでの権利を確認するものです。

アパレル業界ではその「ブランド」が一瞬で消費者にイメージと価値を伝えるからこそマーケティングの投資はその消費者にむけたアイコンをどのように開発するかが評価の基準となります。



企業にとって資産としてのブランドの意義は多くあります。
ビジネスの将来性、リスクとメリットなどを勘案すると、他人頼みのOEMが決して将来的にもはや安全なビジネスモデルではないと多くの経営者が理解しています。
さらにインターネットの時代になることで、情報の発信やソーシャルメディアの普及でメーカー(ブランド保持企業)が少ない投資で直接消費者にメッセージを送ることが当然の時代になっています。

消費者を直接開拓することによる信者(ファン)作りが実践できることと、流通チャンネルの選択権、上代価格の設定権などビジネスでのイニシアチブを当然握ることが出来ます。

自社のマーケティング戦略で中小企業であっても成果や成功が得られることが多くあります。
ブランドが単なる「記号」ではなく、資産意識を具体化する投資と戦略の実施がこれからのブランドの差別化の試金石となっています。


 2017/02/03 18:49  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/soda/tb_ping/523


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


プロフィール
早田 敬三(そうだ けいぞう)
株式会社レナウン初代ミラノ駐在員として、ライセンス、現地生産企画のオペレーションを担当。帰国後、婦人企画、新規開発、紳士ブランド開発なども経験。
1998年Michael St John氏Venticinque Italia srl.社(本社ミラノ)をパートナーとして株式会社アドスインターナショナルを設立。
イタリア企業の日本市場進出のマーケティングコンサルタント、国内企業のブランド再構築プロデュースを手掛ける。

Keizo Soda

バナーを作成
出版書籍
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

http://apalog.com/soda/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集

アパレルウェブ公式モバイルサイト
スタイルクリップ
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード