アパレルウェブコレクションブログストリートスナップアパレル系求人ビジネス情報イベントスペーステキスタイルネットFollow apparelweb on Twitterfacebook pparelweb
コレクション ランウェイ写真
 ストスナ「上海の春節」 RSS
上海の春節は他の都市に比べてとても静かです。なぜなら上海の外国人人口比率が大きくて、上海人は家で美味しい食事を取る傾向にあります。

男性は明るい色合いのダウンを着ていて、見た感じとても明るくて新鮮な感じがして、人気がとても高いです。逆に女性は少し内向的な感じの暗めの色を好んでいます。

2010.02.11〜2010.02.12



 
(左)黄家花苑
旧上海の有力者の黄金栄の別荘
(右)85度面包店
上海で最も人気のあるパン屋、上海パン業界の市場をほとんどを席巻し、白を基調とした店は若い人に人気があります。

 

 

 

 

 



 
(左)和頤酒店
ハイエンドのビジネスマンがメインのチェーンホテル
(右)徐匯影劇場
政府は地域民のために巨額の資本の投入した心地良い地域型映画館。
2010/02/24 | 徐家匯 | この記事のURL  
 
コレクション ランウェイ写真
 ストスナ「流行はフラットソールの靴」 RSS
中国旧暦の春節は中国の一番重要な日で、ほとんどの人が故郷へ帰ったり、親類で集まります。この時期にはほとんどの交通機関の混み具合がすごいことになります。

ダウンジャケットとジーンズを履く男性が多く、流行はフラットソールの靴に注目されていて、少しアクティブな感じを受けます。女性のファッションはマフラーとスタイルを綺麗に見せるコーディネートに注目が集まっている。

2010.02.11〜2010.02.12



 
(左)味道上海
味道上海は上海料理レストランの1つで、広東料理も少し入っています。
白黒の組み合わせですが、環境は古い上海の昔を懐かしむ感じで、やはりとても情緒があります。
(右)中核浦原
国内の流量の計器器具の重要な供給元で、同じく原子力発電の国産化も行っている。

 

 

 

 

 



 
(左)老式公寓楼
上海に一番多い古いマンションで、一軒のごとに一戸のベランダに物干しが外に飛び出していて、ハンガーをかけてあるのは上海の特徴の1つです。
(右)澳門豆撈
豆撈は上海でとても流行っていて、新鮮な海鮮火鍋、豆撈は広東語では財を成すといういい意味があります。
2010/02/24 | 准海中路 | この記事のURL  
 
コレクション ランウェイ写真
 ストスナ「ダウンが流行」 RSS
この時期の上海は出歩くのにとても不便で、天気は寒くさらに時より雨も降り、夜になると寒さが刺すようにきつく、耐えられません。

女性の格好は寒さ対策のためにダウンが多く、特に、派手なニットキャップに、低めの襟の服を合わせています。

撮影日:10.01.25〜10.01.27



 
(左)英煌国際娯楽会所
五角場エリアにある高級クラブ、下の階はバーになっている。
(右)浦中学
1965年に建てられた浦中学。40年の歴史を持つ学校で、学校は南浦大橋付近にあり、近くには東方テレビ局があります。

 

 

 

 

 



 
(左)上海医薬高等専科学校
培養医療、医者看護師の専門大学、中でもここを卒業する看護師は最も有名
(右)上海石油交易所
石油を主とする別の先物取引所、それによる協力で政府と石油会社を強化しています
2010/02/10 | 南京東路 | この記事のURL  
 
コレクション ランウェイ写真
 ストスナ「保温コーディネート」 RSS
上海のこの時期は気温が低いのが続いていて、さらに雨も降ります。しかしこれは良い意味で、新しい年を迎える時期に天気が変わるのはとてもいいことです。早く2010の春節が来て欲しい、すべてが新しく始まります。

温度が低いため、ダウンジャケットがまた流行りを見せて、若者達は明るいカラーのダウンを選び、太って見えるが少し活発に見えます。また保温コーディネートも増えており、ウールキャップ、耳あて、ムートンブーツは上海のファッショニスタを北極人に変えました。

撮影日:10.01.25〜10.01.27



 
(左)五角場
五角場ショッピングエリアにある高速道路の外壁で、巨大な宇宙船のようで、とても壮観です。
(右)正院上海公館
上海料理と日本料理の巧みにフュージョンした高級レストラン

 

 

 

 

 



 
(左)上海水族館
上海海洋水族館はアジア最大の海洋水族館の1つ。155メートルの世界最大の海底トンネルがある。
(右)同済大学
上海の有名大学、建築学の専門は最も有名。
2010/02/10 | 南京西路 | この記事のURL  
 


アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。
こちらからも自分の携帯へURLを送れます。