アパレルウェブコレクションブログストリートスナップアパレル系求人ビジネス情報イベントスペーステキスタイルネットFollow apparelweb on Twitterfacebook pparelweb
コレクション ランウェイ写真
 ストスナ「中華人民共和国の建国60周年」 RSS
夏の暑さはなくなりましたが、もくすぐ中華人民共和国の建国60周年を迎え、上海各所ではお祝いの飾り付けなどを見かけます。国家的な祝典はきっととても意義があるものです。

この季節の黒白のコーディネートは女性の果敢な女権主義の考えを表し、さわやかなデザインを楽しめる夏ファッションが着れる最後の機会となりました。

撮影日:2009.09.10〜2009.09.12



 
(左)徐家匯商業圈
上海の南京路から淮海路を繋がった後の3番目の重要なショッピングセンター。時間は浅いが、その勢いは高く、前にできた2つのショッピングセンターを超える勢いがあります。
(右)上海税務局
現代的な台形構造、大理石と紺碧の有機ガラスとの造形は印象深いです。

 

 

 

 

 



 
(左)恒悦軒
徐家匯公園内にある洋風建築の中華レストラン。味は最高ですが、価格は少し高過ぎます
(右)城市雕塑
透かし彫りの木彫は独特な波浪の斜面を持っていて、徐家匯公園の裏門にあり、アルミの合金で作られています。
2009/09/24 | 徐家匯 | この記事のURL  
 
コレクション ランウェイ写真
 ストスナ「季節の変わり目、暖色が人気!」 RSS
上海はやっと秋の季節に入って、季節の変わり目に多くの人がインフルエンザにかかりました。

気温はゆっくりと下がり、女性はとパンツファッション流行が始まり、色目も暖色系で、麻の生地の服は依然とても人気があります。

撮影日:2009.09.10〜2009.09.12



 
(左)衡山賓館
東方に位置して「東方のシャンゼリゼ」とも言われ衡山路にあり、前身は有名なピカデリーマンションで、40年代有名なホテルの1つです
(右)上海国際庭球中心
高級ジム。クラブには8面の室外テニス場があり、中の1つは1200人を収容できるセンターコートがあります。

 

 

 

 

 



 
(左)上海市市立幼児園
前身は華東保育院で、1948年4月に山東青洲で高級官僚となった営村は華東局から創設された。
(右)金司林公寓
1935年に建てられ、イギリスのジョージ時期風の特徴を持ちます。
2009/09/24 | 准海中路 | この記事のURL  
 
コレクション ランウェイ写真
 ストスナ「プリーツスカートで女性らしく」 RSS
天気はますます秋らしくなり、ショップはもうあちこちで秋モノが並んでいます。ファッションが好きな人たちは、いち早くファッションの流行を把握したいようです。

プリーツスカートは今季の人気になっている。
また、多くの女性のファッションはオープンからクローズへとおとなしくなり、露出部分が多い服をあまり求めません。
男性のファッションは服の色にあうアクセサリーを、よく考えてコーディネートしています。

撮影日:2009.8.31〜2009.9.1



 
(左)錦勤休日ホテル
有名なタクシー会社錦勤集団に属するチェーン系ホテル
(右)上海世界外国語小学
上海の優秀な小学校。上海最も優秀な複旦大学とほぼ同じ入学レベル

 

 

 

 

 



 
(左)寿祥坊
典型的な旧式上海公用の私有住宅、ほとんどの住民は年を取った人たち
(右)上海家得利スーパーマーケット
大型チェーン系スーパーマーケットの一つ
2009/09/10 | 南京西路 | この記事のURL  
 
コレクション ランウェイ写真
 ストスナ「シルクとシフォンが人気」 RSS
夏の暑さが終わり、だんだん秋が近づいている。これからの季節、上海は時々雨があり、夜になると、気温も涼しくなるでしょう。

女性のファッションは暑い夏のさわやかなシンプルコーディネイトではなく、夏から秋に変わる時期の流行を重視しています。シルクとシフォンの服が人気があり、季節の変わり目の温度変化にちょうどよく、女性魅力を出せる。上海でもグラディエーターサンダルが人気。

撮影日:2009.8.31〜2009.9.1



 
(左)淀浦河支流
黄浦江主要支流のひとつ、1977年人工浚渫されて、西から淀山湖、東へ直流、延べ46.4キロメートル
(右)徳斉福料理店
主に田舎の雰囲気を持つ各種料理を出す店

 

 

 

 

 



 
(左)必勝客
上海最大のピザチェーン店、時々メニューを更新してお客様が頻繁に来る主要な原因の一つになった
(右)康健広場
住宅区集合式ショッピングセンター
2009/09/10 | 南京東路 | この記事のURL  
 


アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。
こちらからも自分の携帯へURLを送れます。