アパレルウェブコレクションブログストリートスナップアパレル系求人ビジネス情報イベントスペーステキスタイルネットFollow apparelweb on Twitterfacebook pparelweb
コレクション ランウェイ写真
 ストスナ「CHINA JOYが開幕」 RSS
7月中旬中国の最も重要なゲーム展覧会CHINA JOYが開幕、多くの若者が猛暑の炎天下の中参加し、毎回展覧会すごい人気で、今年も例外ではないです。

両肩がガーターっぽいファッションは女性に人気があり、さらにさわやかで快適です。今季は発泡材のサンダルがとても流行ったため、ペディキュアのサービス業の注目度が上がっています。男性のファッションは文化的なTシャツがメインで、逆に少しカジュアルでしゃれています。

撮影日:2009.7.11〜7.14



 
(左)紫竹集団
上海知名不動産会社、主に高級マンションを扱っている
(右)上海建国ホテル
繁華なショッピングエリア徐家匯にある、外交に関わる四つ星のビジネスホテル

 

 

 

 

 



 
(左)中金集団
実業を投資、資産の管理のメインとするリスク投資会社
(右)中華企業大厦
華山路にある、中華企業株式会社が投資してつくられた外交内部販売中高レベル事務所
2009/07/22 | 徐家匯 | この記事のURL  
 
コレクション ランウェイ写真
 ストスナ「革ベルトをアクセントに」 RSS
7月中旬の上海は引き続き雷雨があり、ちょっと厄介です。天気はかなり蒸し暑く、7月22日は上海500年の中で一番日食を観測するのに良い場所になり、前回上海で全日食が見れたのは1575年で、この次上海で再び全日食が見れるのは300年後の2309年です。聞くところによるとかなり多くの日本人ツアー客が今回の日食を見に上海に来ています。

今季の女性のファッションの色調は白が主流で、白色は活発に見え、猛暑の夏に白色の服はいっそうさわやかになります。同時に短パンの勢いも衰えておらず、多くの女性は幅広の革ベルトをアクセントに選んでいます。

撮影日:2009.7.11〜7.14



 
(左)蘭生大厦
淮海中路にあるオフィスビル、贅沢な地域の借り賃は驚異的です
(右)大同幼稚園旧址
周恩来総理が戦乱の年代で創立に着手し、戦争英雄遺児を育てることを専門にしていました。

 

 

 

 

 



 
(左)瑞安広場
1996年にできた1等級以上の総合商業ビル。ビルは淮海中路の始まりの黄陂南路易にそびえ立っています。
(右)科学会堂
1958年1月18日にできた上海科学会堂、初代の上海市長の陳毅の記念の字句
2009/07/22 | 准海中路 | この記事のURL  
 
コレクション ランウェイ写真
 ストスナ「ショーパン×シャツが人気スタイル」 RSS
上海万博のボランティア募集が始まり、2010年の万博を前にして、この夏はさらにたくさんの準備作業を実行しなければりません。

指が分れたサンダルは涼しい夏の女性が一番好きな靴で、アパレルの色調から見て、寒い色調の宝石の青色系は心地良くてすがすがしさを感じ、この夏の街頭の流行ファッションカラーになります。
同じくショートパンツとゆったりしたシャツのコーディネートは人気スタイルの1つです。

撮影:2009.6.26〜2009.6.29



 
(左)新金橋广場
ビジネスオフィス建築は古典的空間の力を採用し、繁華街の大通りが交差したところで、少しも込み合って見えない
(右)金門大酒店
20世紀に誕生した20年代上海の金門ホテル。当時の十里洋場のだれでも知っている有名な交際の場で、当時の名高い淑女、エリートが集まる場所

 

 

 

 

 



 
(左)花園住宅
レンガ・木造構造で、1922年に建てられた、フランスの田舎の別荘の風格を持つ
(右)五卅運動記念碑
“5卅”の2字の構成するステンレス彫刻、放射状に見せ、急成長する向上心を奮起することを象徴します
2009/07/08 | 南京東路 | この記事のURL  
 
コレクション ランウェイ写真
 ストスナ「黄色や青を入れた夏色コーデ」 RSS
上海の気温が落ち着いてきており、近頃では強い雨が降り、正式に梅雨の季節になりました。外出する際に晴れていても傘を持って出掛けないといけません。

夏の上海は、サンダル、ハイヒールに関わらず、ほとんどの女性が靴下を履いていなくて、裸足はいつも気持ち良いことが感じられます。また足を更に細長く見せることができます。
上海の女性は肌が白く綺麗なので、夏の脚出しスタイルのいい時期がきました。

撮影:2009.6.26〜2009.6.29



 
(左)創業金融中心
1階はポルシェの専売店で、ビル内には他に有名な江蘇料理の江蘇匯があります。
(右)南京西路寓所
見栄えしない建築は上品な設計理念を含み、通風孔の形は中国の古い銅銭になっており、正門のフレームは100個の”寿”という字から模様になった彫刻装飾です。

 

 

 

 

 



 
(左)中欣大厦
南京西路の高級オフィスビル、ビルの天辺の金属のガラスの構造は複雑で変化が多く、トランスフォーマーのようです。
(右)九安广場
静安寺のオフィスビル、全体の建築の風格は比較的古く、東ヨーロッパチェコなどの国の初期建築様式をまねており、その中にはとても強い軍事設計理念があります。
2009/07/08 | 南京西路 | この記事のURL  
 


アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。
こちらからも自分の携帯へURLを送れます。