アパレルウェブコレクションブログストリートスナップアパレル系求人ビジネス情報イベントスペーステキスタイルネットFollow apparelweb on Twitterfacebook pparelweb
コレクション ランウェイ写真
 〜必須アイテム、黒タイツ〜 RSS
天気は良くなり、気温も急に熱くなってきた。春の温かさはこれから始まる。

人々は急に来た春に十分な準備もしてなく、いつものように冬服で出かけるので、日向を歩けばちょっと熱く感じる。この状況はすぐ過ぎると思っています。黒いストッキングは十分な保温性といいフィット感で今季の女性必須アイテムです。

撮影日:2009.03.12〜2009.03.16



 
(左)紅葉彫塑
延安西路-凱旋路橋の緑地彫塑。
緑地の中に入ると、紅葉が都市に永遠な色彩を与えている。鋼板と鉄筋は現代工業の象徴だが、鋼板と鉄筋で作った彫塑は現代芸術の象徴である。
(右)複旦医療学院校訓
負傷者を世話することは医者の天職で、入学した医学生たちは各々厳かに石板に文字を刻んで宣誓しなければいけない。

 

 

 

 

 



 
(左)光啓公園
徐家匯地区の古人徐光啓を記念するため作った公園
(右)龍華空港
中国民間航空の発生地、世界で運営時間が一番長い空港でもある。深い歴史の源と文化を持っているが、今はもう民間空港として使っていない。
2009/03/27 | 徐家匯 | この記事のURL  
 
コレクション ランウェイ写真
 〜重ね着がポイント〜 RSS
雨の日が続いたあとに晴れの日が続き、慣れない陽の光が眩しい。
誰でも湿った雨模様よりも温かい青空が好きだと思います。

淮海路を行きかう人は冬物と春物の衣替え時期に悩んでいる。中でもウェスタンハットはアクセサリーとして目新しく、女性の活力を現れです。また上着を何枚も重ねることも今季の女性のファッションポイントです。

撮影日:2009.03.12〜2009.03.16



 
(左)聶耳像
淮海路複興西路にある、著名な音楽家、国歌の創作者の像
(右)鉄道工人記念碑
アメリカの彫塑家格洛尼・柯南という女性の作品。
この現代派彫塑は3000枚の鉄道の釘を使って塑造しており、19世紀末に米国に渡って鉄道を作った華人を哀悼するために作られた。

 

 

 

 

 



 
(左)華東政法学院東風ビル
上海の法律学院、東風ビルはビザンチン時期のアーチ型の扉と窓をもつ建築で、重々しく厳かである。
(右)田子坊
泰康路の芸術スポット。絵画、創意、デザインを取り入れ、著名な画家陳逸飛の作業部屋もある。
2009/03/27 | 准海中路 | この記事のURL  
 
コレクション ランウェイ写真
 〜寒い早春〜 RSS
春なのにずっと雨が降っている。農作物にはいいが、都市の人たちにとっては、とても憂鬱で、出かけたくなくなる。

少し寒いので、男性は厚みのあるダウンジャケットにデニムを合わせ、女性は比較的フォーマルなスーツを着ている。雨のせいか、服の色も比較的暗くて重苦しい感じがする。

撮影日:2009.02.28〜2009.03.01



 
(左)上海商城
有名な上海サーカス団が公演する場所。会場で見ると、とても興奮します。
(右)上海展覧中心
高架下すぐ横にある展覧中心は、今上海万博組織委員会の仕事場所となっています。

 

 

 

 

 



 
(左)延中緑地
都心の大きな自然緑地公園。天気のいい日は白鳥が見れる。
(右)里徳舗
歴史的な記念意義をもつ小路、革命の歴史の遺跡。
2009/03/13 | 南京西路 | この記事のURL  
 
コレクション ランウェイ写真
 〜雨が続く上海〜 RSS
上海は3週間も雨が降り続いていて、早春も身にしみるくらい寒くなりました。もし半日でも雨が降らなければ、天の恵みです。

天気が寒いせいで、もともと春物を着る季節なのに、もうしばらく冬物を着ないといけない。
女性は明るい色調のものを選ぶようになってきて、とくに明るい黄色がアイキャッチになり、バッグ、ズボン或いはセーターでもその色で、人の目を引きます。

撮影日:2009.02.28〜2009.03.01



 
(左)人民英雄記念塔
戦争中の英雄戦士を哀悼するための石碑
(右)人民広場遠景
南京東路の人民広場、上海の政治商業の中心

 

 

 

 

 



 
(左)蓬莱路古建築
1925年に建てられた旧租界時代の石門
(右)烏鎮路橋蘇州河
蘇州河かかる多くの芸術的設計の橋の1つ
2009/03/13 | 南京東路 | この記事のURL  
 


アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。
こちらからも自分の携帯へURLを送れます。