アパレルウェブコレクションブログストリートスナップアパレル系求人ビジネス情報イベントスペーステキスタイルネットFollow apparelweb on Twitterfacebook pparelweb
コレクション ランウェイ写真
 〜幸せを象徴する赤〜 RSS
いい天気が続いている。春節はすべての人に幸せを運んでくる。街頭はそのぬくもりでいっぱい。

淮海路を行く人は赤をファッションに取り入れるのがトレンドになっている。中国の新年はよく赤色を使っており、赤色は一番縁起がいい色で、幸せを象徴する。
女性はダウンコートを着る人が多く、真っ白のリュックサックが大人気。

撮影日:2008.12.10〜2008.12.15



 
(左)孫中山旧居
中国革命の先駆者 孫中山の彫像
(右)犹太人故居
戦争の時に、避難するために上海に来たユダヤ人たちが住んだところ。

 

 

 

 

 



 
(左)老花園飯店店
長い歴史のある一軒の地元レストラン。
(右)西康路雕塑
西康路の文化を代表する彫塑の一つ 男と犬。
2009/01/30 | 准海中路 | この記事のURL  
 
コレクション ランウェイ写真
 〜あったかブーツ〜 RSS
上海の夜の気温はすでに氷点下にまで下がっており、朝出かけるときに所々で凍っているのを見かける。大晦日がもうすぐなので、どの会社も、この時期は忘年会などで忙しい。

この時期、女性にとって大きなショールと厚手のマフラーは、コーディネートの必須アイテムになっていて、スーツの色は汚れが目立ちにくいダークブラックが多い。全体的に、女性は暖かい中綿入りの靴を好み、主にスカートと合わせて履いている。

撮影日:2009.01.15〜2009.01.16



 

(左)龍華烈士陵墓彫刻像
半身が土に埋められ、片方の手は天を仰いでおり、烈士の精神を象徴している。
(右)南方友誼商城
滬閔路エリアの大型ショッピングモール

 

 

 

 

 



 
(左)龍華寺宝塔
上海で有名なお寺「龍華寺」の代表建築
(右)南方城
虹梅路の近くにある地価が高いエリア。
2009/01/30 | 徐家匯 | この記事のURL  
 
コレクション ランウェイ写真
 〜ショルダーバッグ〜 RSS
新年の前後から上海は一番辛い冬の季節に変わり始め、連日の雨で出かけるにも不便。街では新年の雰囲気が色濃くになり、人々は春節を迎えるために、正月の準備をし始めている。

年明け寒いせいか、街行く人は厚着になっている。色もチャコール色が多く、女性は冬服にマッチする個性的な短めのショルダーバッグを持っており、ショルダーバッグがコーディネートに重要なアイテムとなっている。

撮影日:2008.12.29〜2009.1.5



 
(左)杏花楼
全国で有名なお菓子会社。中秋節の時の月餅が一番有名。
(右)高騰ビル
福州路東側に位置する高級オフィスビル。中には世界の名士が集まる会員制倶楽部M1NT上海や、イギリス領事事務所もある。

 

 

 

 

 



 
(左)国薬株分有限公司
薬品や医療器械などを生産する国営大企業。
(右)威斯テン酒店
上海で数少ない超五つ星ホテルの1つ。外観建築は蓮の花のようで、すぐ目に着く建物。
2009/01/16 | 南京東路 | この記事のURL  
 
コレクション ランウェイ写真
 〜おしゃれは我慢!?〜 RSS
年明けから本当に寒く、ほぼ毎日雨が降っている。街はクリスマスの雰囲気がまだ残っているが、すぐに春節を迎える準備をしないといけない。

温は低く、寒いが、流行に敏感な人は太って見える冬服を嫌って、寒そうで防寒性の無さそうな薄地の洋服を着用している。とは言うものの、冬服の選択肢も増えて、色も鮮やかになってはいると思う。

撮影日:2008.12.29〜2009.1.5



 
(左)世紀出版集団
複数の出版社が集まってできた出版社、その傘下にはいくつかの上海有名出版社が置かれている。
(右)外文書店
各種原本を専門に販売する有名な本屋。上海を訪れたり生活する外国人の利用が多い書店。

 

 

 

 

 



 
(左)呉宮大酒店
70年の歴史を持つレトロな雰囲気のする三つ星ホテル。市内の繁華街に位置するため、出かけるには便利。
(右)上海文化ビル
百聨グループの子会社。文具などの卸売りと小売を主にしている。
2009/01/16 | 南京西路 | この記事のURL  
 


アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。
こちらからも自分の携帯へURLを送れます。