アパレルウェブコレクションブログストリートスナップアパレル系求人ビジネス情報イベントスペーステキスタイルネットFollow apparelweb on Twitterfacebook pparelweb
コレクション ランウェイ写真
 〜明るいカラーで涼しく〜 RSS
上海でも6月は、もう梅雨の季節に入っており、毎日湿っぽい日々が続いている。
湿度が非常に高いので、初めて上海にくる旅行者は、がっかりしているかも知れない。

今シーズンの服のデザインは様々で、これと言った特徴が分かりにくい。
女性は、明るいカラーの涼しそうな服を着ている人が多い。
街頭を歩く姿は、雨に洗われた花の様に見える。

撮影日:08.06.13〜08.06.16




(左)建国西路の古い住宅
典型的な石庫門を模したデザイン、1階全体は様々な物販の小さい店舗となっている。
(右)欧米風別院
租界時代から残る民家。
中には多くの人が住んでいる。  














(左)上海天翼図書公司
2003年、民営企業と高校に書籍を提供するために設立された出版会社。
(右)浩然科技大厦
このビルは台湾人の世界的に有名な建築企業家、殷之浩の投資によって造られた24階のハイテクビル。
2008/06/23 | 准海中路 | この記事のURL  
 
コレクション ランウェイ写真
 〜服の素材性〜 RSS
連日の雨で、株市場の株価より気分が悪い。雨の日は撮影にも手こずる。
雨がちょっと止んだ瞬間を狙って撮影をしないと、全部傘の写真になってしまう。

みんな気ままな格好をしている人が多い。
悪天候なので、しっかりおしゃれする意欲も低くなるのだろうか。
この時期、どうしても、デザイン性より、簡素、着心地、吸汗性など機能性のある服の方が人気。

撮影日:08.06.13〜08.06.16




(左)交通大学図書館
開校当初は外国人の投資によって設立した。
校内には外国色が濃い雰囲気が漂っている。
(右)交通大学
この大学の校門は今まで見た校門の中で最も簡素なものだが、
同校の学力は決して低く無い。














(左)徐家匯太平洋百貨店
徐家匯のビジネス街にある大型百貨店。
ここに幽霊が出たと言う「都市伝説?」があったそうだが、その根拠は?
(右)流行線歩行街
短い大通り。軽食のお店や、安いアクセサリ店が有る。
2008/06/23 | 徐家匯 | この記事のURL  
 
コレクション ランウェイ写真
 〜夏ファッション〜 RSS
上海ではオリンピック聖火リレーが終わったばかり。
皆の熱い情熱が感じられた。オリンピックテーマのTシャツを着る人の姿が所々に見られる。

気温が高いので、女性はミニスカートや7分丈パンツの着用が多い。
サングラスをかけ、明るい色目のファッションで颯爽としている。
男性は相変わらずスポーツウェア風とカジュアル風のスタイルが多く見られる。

撮影日:08.05.29〜08.05.30



(左)人民広場地下鉄駅
人民広場の地下鉄駅が拡張され、大きな地下鉄のターミナル駅になる。
複数の路線が乗り入れ乗り換え駅となっている。
(右)COSTA COFFEE
いつの間にかStarbucks Coffeeではない新しいカフェができた。














(左)上海の古い住宅地
数少ない石庫門建築とな異なる古い住宅建築。もっとも人目を引くのは、2階の木材で作られた廊下。
(右)NEXT SHOP
デジカメ製品の専門店。
店舗の外観にもデジカメが全盛である「今」の特色が現れている。


2008/06/13 | 南京東路 | この記事のURL  
 
コレクション ランウェイ写真
 〜近づくオリンピック〜 RSS
いよいよ北京オリンピックが近づいて来ている。
街頭の装飾もオリンピック関連の媒体が多い。
また、オリンピック記念品の販売も多く目に付く。

最近、通行者たちは、かなり夏らしい装いになっている。
女性はハイヒール、サンダル、半袖の綿素材Tシャツの着用が多い。
男性はゆったりしているシルエットの服が目立つ。

撮影日:08.05.29〜08.05.30



(左)南京西路住宅地
建物全体のデザインは、ヨーロッパのアパートのデザインを模している。
年代を感じる古びた外観。
(右)オリンピック街灯
南京西路両側の街灯も祥雲聖火模様に飾られた。














(左)摩士達商厦
有名デパートの鐘楼につけられたユニークなローマ風時計が目を引く。
(右)中信富泰広場
有名な大型複合商業施設。

2008/06/13 | 南京西路 | この記事のURL  
 


アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。
こちらからも自分の携帯へURLを送れます。