アパレルウェブコレクションブログストリートスナップアパレル系求人ビジネス情報イベントスペーステキスタイルネットFollow apparelweb on Twitterfacebook pparelweb
コレクション ランウェイ写真
 〜夏はサンダル、スニーカー〜 RSS
5月に入って初夏になり、大気温も上がってきている。
時々、強い風が吹いて、夕方以降の気温が急激に低くなるため、羽織ものが手放せない。

女性が出かける時の選択は、履き心地よいスニーカーかサンダルの様だ。
スリムな身体のラインを強調するスポーティーなスタイリングが多く見られる。
吸湿性の高い綿やシルク素材の人気が高い。

撮影日:08.05.10〜08.05.13




(左)虹橋路
上海の主要な道路の1つで、虹橋空港に向かっている。
(右)宏基休閑広場
各地のデザートが全部ここのエリアに集まっている。













(左)数娯大厦
このビルには沢山のソフト開発会社やゲーム開発会社をテナントとして入っている。
(右)上海城開
外観が荘厳なデザインのビル。
2008/05/30 | この記事のURL  
 
コレクション ランウェイ写真
 〜夏の準備〜 RSS
北京オリンピックまで、100日を切ったというところで、中国四川省は大きな地震に見舞われた。
震災地区が1日でも早く厳しい状況から復旧するため、全国各地で積極的に寄付金を募ったり、物資を提供している。

昼間はかなり暑いが、風が強いため、薄い上着一枚を羽織って出かける人が多い。
強い風を防ぐため、スカーフをしている人も見かけ、Tシャツとのコーディネートは個性的に見える。季節柄、ロングブーツは視線から消え、これからはサンダルの季節になる。

撮影日:08.05.10〜08.05.13




(左)徐家匯住宅区
徐家匯には商業用のビルの他、多くの高層住宅がある。
このエリアは土地の価格が高い。
(右)徐匯中学
上海で長い歴史をもつ学校の1つ、市内中心エリアの土地が高いため、学校はコンパクトな造りとなっている。














(左)東方商厦
2008年オリンピックの聖火リレーに合わせたいまつが展示されている。
中国風の装飾も多く見られる。
(右)美羅城百脳匯
IT、デジタル機器が集まっている日本の秋葉原の様な商業施設。
ものすごい活気だが、毎日どのくらいの販売量が有るのだろうか。
2008/05/30 | 徐家匯 | この記事のURL  
 
コレクション ランウェイ写真
 〜小物でおしゃれに〜 RSS
全世界を巡るオリンピックの聖火リレーの熱気の様に、気温が徐々に高くなっている。オリンピックが開催される夏が近づいている。

街を歩く人たちは、ほぼ夏物を着ている。サングラスはコーディネートの上で重要な小物として使われている。女性のバッグではギャザーのあるデザインと薄いカラーのものを多く目にする。もう1つ目立つのは、夏着の開いた衿に合わせるネックレス使いである。

撮影日:2008.04.24〜2008.04.29 




(左)大上海時代広場
波状の建築で、繁栄と近代的な印象が有る。
(右)上海大劇院画廊
エントランスからは目立たないが、建物内にあるコレクションは鑑賞に値する。














(左)同コ堂
1882年に成立され、100年以上歴史のある薬店。
(右)和平飯店
南京路に位置する長い歴史をもつホテルの1つ、数多くの歴史的な事件を経ている。
2008/05/08 | 南京東路 | この記事のURL  
 
コレクション ランウェイ写真
 〜コーディネートに気を使って〜 RSS
4月末の上海は日中はかなり気温が高くなり暑く感じるので、外出時は薄着のほうが良いと思うのだが、夜になると気温が下がるため、羽織ものが手放せない。

女性は脚線美を見せるため、パンツとストキング選びには気を遣う。全体的に清々しくて新鮮な色づかいが多く、きっと心をこめて選んだコーディネートだろうと思われる。男性は女性の様に細かいところには拘らず、サングラスをかける程度だが、それはそれで、男性らしさがアップする。

撮影日2008.04.24〜2008.04.27




(左)上海音楽庁
以前、この建物全体が移築された時、こんな大きな建物が移動するとは信じられず、多くの人がニュースを知って驚いた。
(右)北極光北欧レストラン
不規則に並んだガラスの屋根が、まるで小型の氷山みたいに見えて、店舗の名称と合っている。














(左)上海光大銀行
建築外側の装飾には銀行のロゴが使われていて、視覚的に統一感がある。
(右)江陰路花鳥市場
ここの一見地味な小さい通りの両側には、沢山の盆栽、ペット、鑑賞魚などを売る店舗が有る。
2008/05/08 | 南京西路 | この記事のURL  
 


アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。
こちらからも自分の携帯へURLを送れます。