« 2017年10月 | Main | 2017年12月 »
愛しのトマトと夏野菜たち



今年の初夏が涼しすぎて、
在来種トマトの育苗が危うく失敗に終わりかけたのですが、
なんとか6品種サバイブし、遅まきながら順調に成長中です。

土作りと仕立て間違いのダブルミステイクで、
去年と一昨年は不作に終わりました。

種の更新の為になんとしても成功させなければならない今年は、
毎日きちんとトマトを観察して、
例え花芽がついていても脇芽はすべてこまめに取り除き、
最初の頃に出現する分岐枝も花房3つで摘心、
あとはひたすら主幹1本仕立てになるように茎止めクリップを使って誘導しています。

きちん仕立てれば、トマトは円錐形の美しい樹形をしていて、
そして実は規則正しく同じ側にだけ花芽がつくという、
構造物としてとても興味深い野菜です。



トマト6品種のうちの1つに、
タンブラー・トムという小さい黄色い実をつける品種があるのですが、
この品種は「芯止まり性」と言って、
第2花房よりも上にはほとんど花房をつけません。

なのでこの品種の場合、脇芽が重要な役割を果たします。
主幹に第2花房が出たら上の葉2枚を残して摘心し、
第一花房のすぐ下の脇芽を次の主幹として伸ばします。

そしてまた第2花房の上の葉2枚で摘心し、
第一花房の下の脇芽を次の主幹とする、
というのを繰り返します。

私はこの「芯止まり性」トマトの性質を知らなかったので、
去年は主幹も脇芽も伸び放題の割りには花房が少ない、
という手痛い失敗をしました。

芯止まり性の品種かどうか確かめる方法は、
花房と花房の間の葉の数で分かります。
芯止まり性ではない品種は花房と花房の間に本葉が3枚ありますが、
芯止まり性の品種は本葉が1枚しかありません。

そしてタンブラー・トムは芯止まり性の品種でした。

なので第一花房の下の脇芽を取ってしまわないように注意し、
連続摘心により主幹をその脇芽に入れ替えながら育てています。

その甲斐あってかこちらも美しく成長中です



トウモロコシも昨年はさんざんで、
追肥&土寄せも適当なら収穫のタイミングも逃しまくりで、
ぜんぜん甘くて美味しいトウモロコシにありつけませんでした。

なのでこちらももろもろ一から調べ直し、丁寧に向き合ってみました。
今年は種蒔きを、ポットによる「育苗」と「直播き」の2段階に分け、
育苗と直播きのタイミングを1ヶ月ずらし、
収穫を長く楽しめるようにしてみました。

育苗したほうは、雄穂が顔を出し始めました。


そしてキュウリ!
こちらも昨年キュウリが採れたことは採れたのですが、
生育期初期に、地面から30cm以内の雌花と子づるの除去をしなかったので、
成長がすごく遅かったり、せっかく伸びたのに親づるの摘心をしなかったので、
おかげで子づるが育たず結果収穫量の大幅減となりました。

これもまたいろいろ調べ直し、
今年は、親づるの摘心をしない、
「つるおろし」という支柱1本仕立てに挑戦することにしました。

きゅうりは下段から実をつけはじめ、
上段の実がなる頃には下段の葉が枯れ始めます。
枯れた下葉を摘葉して弦を下げ、上部の弦を伸ばし続け収穫期間を長くする方法です。

さてうまくいくかな??(あ!まだ雌花除去してない!)


そして最初の1回目以外3年連続で失敗している枝豆。。。
こちらもいろいろ調べたのですが、土作りがダメだったのか、
直播きがダメだったのか、育苗が早すぎたのか、
はたまた種がダメだったのか、
原因が複合的すぎてハッキリしないのですが、
思い当たる点はすべて改善し、今年もチャレンジしました!

でも枝豆栽培で明らかに間違っていたことは、
節(枝数)を増やすための摘心をしなかったこと。
枝豆のサヤがつくのは葉や枝の付け根である節の部分。
なので本葉5枚が展開する頃に頂芽を摘み取り、
養分を側枝を伸ばすほうに回し、節を増やすそうです。

あと一カ所に2本植えるほうが育つという説明と、
種蒔きは3粒で苗が育ったら1本立ちにするという説明とあり、
どちらにするか迷ったのですが、
風が強い日など2本立ちのほうが倒壊しにくそうなので、
今年は一カ所2本立ちでやってみることにしました。



この愛情が実って美味しい夏野菜が食べられることを祈ります
 2017/11/30 16:33  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


イルカがやってきたー!


いつものビーチにヒメの散歩に出かけたら、
浜のすぐ近くをイルカが泳いでいました!!

船からイルカを見たことはありますが、
ビーチから近くを泳ぐいるかを見たのは初めて!

5頭くらいの群れで楽しそうに遊んでいました

いつもはそれほど人が居ない時間帯なのに、
気がつくと見物客でいっぱいになってました。

こういうサプライズは大歓迎ですね

 2017/11/27 14:28  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


高騰し続ける土地の価値



欧米とここ10年では中国からの不動産投資によって、
オークランドの不動産価値は日に日に値上がり、
ついに世界で3番目に住宅取得が難しい都市になりました。

特にここ3年の値上がり具合は凄まじく、
「だんだん上がってきたね〜」ではなく、
「え?ウソでしょ、先月よりも5万ドルくらい上がっている!」
と目に見えすぎて値上がり、不動産市場は過熱中。。。

つい先月そんなニュージーランドでは総選挙があり、
37歳の女性首相が誕生したばかりです。
彼女の公約には、この住宅市場の異常な高騰に歯止めをかけるため、
外国人投資家による不動産取得を制限するというものがありました。

外国の投資家は、
新しく建てる家(つまりは空き地)以外は買えないように制限し、
国内の平均的収入の人々の住宅取得のハードルを下げるのが目的です。

彼女が首相になったとき、
「あ〜、じゃぁ徐々に不動産価格も落ち着くのかな?」と思ったのですが、
つい先週、3年に1度政府によって改定される土地家屋の資産価値の発表がありました。

私はそれを見てビックリ!!!!
なんとうちの家の価値が92万ドルになっていたのです。
為替によって円換算は変わってきますが、
こちらでの生活感覚からすれば9200万円と同じです。
2011年度版では46万ドル、2014年度版で61万ドル、
そして今回の2018年度改定で92万ドル!

わずか6年でほぼ倍の価値になっています。

この国では政府が発表するこの価格にだいたい10万ドルくらい付加価値をつけて売買されているので、売買価格は100万ドル超えとなってしまいます。

ワイヘキ島の普通の家でこれなのですから、
オークランドシティのど真ん中は150万ドル〜200万ドル超えになっているでしょう。

この政府発表の不動産価格は、
政府の公式サイトで住所さえ入力すれば誰でも見られます。
気になる物件があれば簡単に過去まで遡って価格の推移を知ることが出来ます。

この価格改定は3年に1度のものなので、
今回の新しい女性首相が誕生する前から準備されていたものですが、
明らかに彼女の目指す方向とは真逆に行っています。

オークランドの住宅を取得したいという人々がたくさんいて、
需要が供給を遥かに上回っているものの値段を下げさせるのは容易じゃない気がします。

国内レジデントの為に理想を掲げて勝利したレイバー党ですが、
今回の37歳の女性首相にさまざまなこの現実が見えているのか私はギモンです。

TPP離脱や外国人投資家の規制など、
国民の声を聞いた公約なんだろうな、というのは分かりますが、
ニュージーランドを取り巻く大きな流れというものが世界にはあって、
その流れに乗るか堰き止めて逆流させるか、
それが良いのか悪いのか、素人には分からない部分を見極めて国を引っ張っていくのがリーダーです。それが彼女に出来るのかどうか?

同じ女性でも、正直ドイツのメルケル首相とは明らかにタイプが違った理想主義者にしか私には見えません。

住宅取得が難しくなったからといって、
安易に価格を下げる政策を出せばいいのかどうか、
それがニュージーランド経済にどのような影響を与えるのか、
あちらを立てればこちらが立たずという風に、答は単純ではない気がします。

私の心も複雑で、
不動産価値があがって嬉しい反面、来年度からの固定資産増税が心配です。。

 2017/11/25 03:05  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


シラーのゴブレット仕立て



いよいよ安定した暖かさになり、
ブドウのシュートもどんどん伸びています。

3週間に1度シラーの畑に行き、
伸び放題になったシュートをヒモでまとめています。

上の写真のようにジャングル状態の子を、
下の写真のようにまとめていきます。



この「ゴブレット仕立て」は私は初めて扱うので、
最初どこを縛って良いのか分からなかったけれど、
100本くらいやったらだんだんコツを掴み、
ゴブレット仕立てのイメージを頭で描けるようになりました。

グイヨ仕立てと違ってお日様があたりにくい部分が出来るので、
株元にはオイスターシェルを敷き詰めその反射を利用して光を当てます。

とっても狭いスペースなのにそこには800本ものシラーが植えられています。

うちに植えたブドウの木もこのゴブレット方式を採用しているので、
これからどういう作業をしていくのか楽しみです。

 2017/11/23 07:02  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


犬笛 アップデート



犬笛のその後と効果について。

「ピッ、ピィーーー!」というリコール・ホイッスル(戻れコマンド)をヒメは学習し、とりあえず仕事場のヴィンヤードでは名前を呼ばずにホイッスルだけでどこからでも戻ってくるようになったので、今度はもっと広いスポーツパークで試してみました。

この日はかなり風が強く、
ヒメは風上にある森に向かって消えていきました。
30分ほど放置してからリコール・ホイッスルを使いましたが、
ヒメが戻ってくるまでに20分かかりました。

私が最初に立っていたのは周囲を丘に囲まれている低地でした。
そこからリコール・ホイッスルを吹いたのですが、
案の定ヒメは戻ってくる気配がありませんでした。
ヒメが消えた方向からの強烈な向かい風だったので、
もしやホイッスルが届かないのでは?と思いました。

なので、笛を吹きながら一つ目の丘の頂上に登りました。
10分ホイッスルをしても戻ってこず。
その丘をくだり、次の低地でも吹いてみました。
どこにも姿が見えず。
そして2つめの丘に上り笛を吹き、
最後にはその丘をくだったところで笛を吹いたら、
2つめの丘が風下に変わったせいか、
ヒメが風下にあたる後方から姿を現しました!

あ〜よかった。
スポーツパークは広大なので、
さすがに40分以上ロストすると心配になります。
(ヴィンヤードでは7時間くらい放置プレイなのですが)

結論:向かい風の状態で丘2つ超えた先にはホイッスルは届かない。

まだまだスポーツパークでの訓練が必要そうです。
ホイッスルが聞こえないような離れた場所にヒメが行く前に何度も呼び寄せるなどして、どんなに魅力的なハンティング中でもホイッスルが聞こえたら帰ってくるようにトレーニング出来ればと思います。

 2017/11/19 14:00  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


| 次へ
プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。