« 2017年05月 | Main | 2017年07月 »
海のF1



ニュージーランドにとって素晴らしい夜明けとなった今朝。

3〜4年に1度開催される国際ヨットレース、
「アメリカズ・カップ」でアメリカチームを制し、
ニュージーランドチームが勝利を得た。
5大会ぶり3度目の勝利である。
世界最古のスポーツトロフィーと言われる" America's Cup"、
通称"Auld Mug"が、ニュージーランドに再び帰ってくる。



「アメリカズ・カップ」は、
決勝の2年前から行われる挑戦艇を決めるレース、
「ルイ・ヴィトン・カップ」で優勝したチームが、
決勝レースである「アメリカズ・カップ」で、
昨年優勝チームの防衛艇と勝敗を決めるレースである。

4年前の大会では、
予選は「ルイ・ヴィトン・カップ」
決勝は「アメリカズ・カップ」というだけだったけれど、
今年は、チャレンジ艇を決める予選?が、
「ルイ・ヴィトン・アメリカズカップ・ワールド・シリーズ」、
本戦決勝が「ルイ・ヴィトン・アメリカズ・カップ」となっていた。

166年前から行われ、
今年で35回目を迎えるこのヨットレースは、
前回優勝国の領海または近海で次回大会が行われるので、
4年前にニュージーランドがアメリカに挑戦した時には、
最初の8勝までニュージーランドが圧勝していたので、
次大会はオークランドの海でレースが見られるね、
とワクワクしていたのだけれど、、、、

それまで不調だったアメリカチームの用意していたハイテク機器が使えるようになり、その瞬間からニュージーランドは連日敗戦し、8対9で負けてしまった。
(前体会までのルールは先に9勝したほうが勝ちだった)
その時のインタビューでは「ヨットのテクニックではなくテクノロジーに負けた」とニュージーランドチームが答えていた。
先に8勝していたニュージーランドチームだったので、
テレビの前の国民もみな大きく落胆しただろう。

そして今年、ニュージーランドチームはルイ・ヴィトン・カップを制して、
今年再びアメリカチームにチャレンジした。
今年は、先に7勝したチームの勝ちだが、
チャレンジ艇は1レース・ビハインドでスタートするので、
チャレンジ艇は8勝する必要がある。



列強が形勢不利になると新ルール追加で勝たせないようにする(ように見える)、というのがスポーツの世界で話題になるけれど、この1レース・ビハインドスタートというのもその手の不条理を感じる(笑)

それはさておき、
4年前の屈辱をはらすがごとく、
今年は8対1の圧勝&スピード優勝。



4年前は17レースも行われ、
大会史上最も長い日程、最も多いレース数だった。

当たり前だけれど、レースが長引けばお金がどんどんかかっていく。
前回大会の教訓からか??今年は9勝ではなく7勝したほうの勝ち、とし、
全9レースで終わった。

4年後、ついにアメリカズ・カップがオークランドで開催される。
ニュージーランドは海のスポーツに長けている。
国民の自家用船の所有率も高いほうだと思う。
ヨットへの関心もかなり高いので、
どの国で開催されるよりも国全体で盛り上がると断言できる。

ニュージーランドがこのレースに初めて挑戦したのは1995年。
それまでの144年間、優勝国はほとんどがアメリカ、
イギリス1勝、オーストラリアが1勝しただけだ。

1995年にニュージーランドが初挑戦&優勝してから、
アメリカチーム以外の優勝が増え始めた。

ヨットレースはF1と同じラグジュアリー・スポーツ。
そうそう多くのチームが参加出来るわけではない。
挑戦艇を決めるルイ・ヴィトン・カップに参加したのは、今年は6チーム。
サッカーなど、他のスポーツに比べていかに少ないかが分かる。

今年の第35回ルイ・ヴィトン・カップには、
日本のチーム、ソフトバンク・チーム・ジャパン」が初挑戦。
スキッパーはニュージーランド人のディーン・バーカー。



道のりは厳しいかもしれないけれど、日本だって海に囲まれた国だ。
日本のチームが次のルイ・ヴィトン・カップを制して、
オークランドに来ることに私はほのかに期待している。

アメリカズ・カップ開催年には、
今まで見たことのないくらいの人がオークランドに押し寄せてくる、
という状況になるらしいし、
海上観戦に世界中からやって来るラグジュアリーなヨットやクルーザーを見るのも楽しみ
 2017/06/27 07:27  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


24年ものの白ワイン


昨夜飲んだワインの中に、
1993年ヴィンテージのシャルドネがあった。

古いワイン、特に白ワインの古いヴィンテージを飲むのは賭けである。
赤ワインと違って、早く発酵が終わってしまうし、
あまり瓶熟成をさせたりしない。

ボトリングされてから1〜2年以内に飲むほうが無難。

けれど、糖度が高く凝縮されたブドウを使い、
しっかりとしたボディのワインであれば、
寝かしてその変化した味や香りを楽しむという飲み方が出来る。

私が飲んだニュージーランドの白ウィンで一番古かったのは、
2008年ヴィンテージのシャルドネ。
昨年開けたので、約8年前のもの。
これがせいぜいだったけれど、昨夜飲んだのは1993年!
正直24年も取っておけることにも驚いたけれど、
その時を超えたワインを飲める幸せにワクワクした。

クメウ・リヴァー シャルドネ1993


西オークランドにあるクメウ地方は、
クメウに行ったらシャルドネを飲め、というぐらい、
シャルドネの産地として有名なところ。

中でも、クメウ・リヴァーというヴィンヤードは特に名高い。
そのクメウ・リヴァーのシャルドネの93年ものとなると、
期待に胸が膨らむのも当たり前。

コルクはかなり古くなっているので、
オープナーで開ける際に壊れてしまう可能性がある。
真っ直ぐ上にゆっくり引き抜かないとコルクにストレスがかかる。

24年ぶりに空気に触れたシャルドネは琥珀色の飲み物になっていた。
(グラスはタンタラスのシャルドネ専用グラス)


匂いも味も最初は眠っていてオフしていると想像していたけれど、
想像に反して、それはフルーティでフレッシュにさえ感じた。
まだまだ寝ていられたんだけどな、というワインの声が聞こえた気がする。

24年の時を経ただけのことはあるまろやかな口当たり、
濃厚で甘みと酸味のバランスが取れた素晴らしいシャルドネだった。
私は飲むの遅いので、グラスには3時間後まで残っていたけれど、
その3時間の間にもワインはグラスの中で変化し続け、
最後の1滴まで私を楽しませてくれた。

こんな風に人生に驚きと彩りを添えてくれるワインたち、
そしてさまざまな機会に出会える環境に感謝。

 2017/06/25 06:53  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


ワイヘキサーフィン



新月、満潮のオネタンギ・ビーチ。

今朝は波が高くてほとんどビーチが無かった。
地理的にめったに波が入ってこないワイヘキ島なので、
強風で出来たすぐに消えてしまう波を楽しみに、
数人のサーファーが海に入っていた。

初めて生でチューブライディングというものを見た

いつも決まったところで良い波が立つビーチではないし、
毎回違ったところでブレイクするので、
なかなか綺麗に波に乗れるところを見ることが出来ないのだけれど、
今朝は何本も見られた。

どんな朝でもやっぱり海には楽しいことがあるな。


 2017/06/24 09:57  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


暗黒面からの脱出



ニュージーランドにやってきて4年目頃に、
実は精神的ダークサイドに落ちていた。

今そう感じるだけで、
その当時はそう思っていなかったと思う。

私は、何か1つのことにダーーーっとのめり込むタイプで、
興味を持ったことに、特別な思いと熱意でとことんはまっていく。

この性質は、
私の特徴ともいえる決断力や行動力の源でもあり、
興味の対象が変わる度に考え方も変わる、という、
ある人から見れば、影響されやすいように見える性質でもある。

もともと割と現実的な部分があったけれど、
ニュージーランドに来る前と来たばかりの頃は、
私はスピリチュアルで夢想的、見えないものをもっと信じている人間だった。
今でも見えない力を感じる部分は変わらないけれど、
あの頃は、ただ単に現実が見えていなくて、
自分が見たいと思う現実だけを構築してその中に住んでいた気がする。

物事を引き寄せる力、実現していく力というものが存在しているのは今でも信じているが、もっと別の、実際に社会で起こっていることに対する考え方がかなり夢想的で現実逃避的だった。

そして、あるきっかけがあって、
主に日本の歴史を中心に知らなかったことを知ってしまったことで、
異常なまでに現実的な人間になってしまった。

スピリチュアルな気分でフワフワしていたのも気持ち良かったけれど、
知らなかったことを知って覚醒してしまい、
毎朝別人のように思考が切り替わっていくことが、
今までに体験したことのないくらいの快感であった。

私がフタをしていて、もしくは思い込みたい方向で思い込んでいて、
実際に調べたり知ろうとしなかった事柄が世の中に溢れていた。

それはただ単に現実であり事実であり現在進行形なのだ。

そういう現実を直視しまくるメガネをかけて世の中を見始めると、
自分がかつて構築していた、今では抜け殻のようになった価値観に対して、
だんだんと辛辣になっていき、厳しい視線を向けるようになってしまった。

実際の話がまったくできない人々、
事実確認をまったくせずに、ネットにある情報を鵜呑みにする人々、
イデオロギーを隠して公平な立場のように報道するメディア、
そんなメディアに実は思い込まされているだけで、
自分が発する言葉の中に、自分で考えた意見など何ひとつ入っていないことに気づかない人々、

なんの罪もない(メディアには罪有り)、
これらの人々に批判的な感情が生まれてしまった。
これがダークサイドの始まり。


本当に何も知らない、美しい心と理想だけで発言する人々の、
その優しい心から発せられる偽善的(と私には感じる)な発言、
そういったものに特に批判的になっていた。

私はかつて、心が優しい人間になりたいと願っていた。
自分自身が元の元から心が優しい人間だと思っていなかったからだ。

他人から「心優しい人間」と思われたくて発言しているのか、
本当に心を砕いて発言している真に心の優しい人間なのか、
どちらかわかりかねる発言がこの世には多い。

他人に批判的になるとき、
その根本的な原因は自分自身の中にある、という。

まさにその通りで、
いい人になりたくて、優しい人間になりたくて、
自分自身の中で育てていた偽善的な部分を、
徹底的に冷徹なまでに分析し批判したくて、
かつては賛同出来た優しい意見に逆に批判的になってしまっていた。

この美しい大自然に恵まれたニュージーランドという地で、
突如、私の中の最後のストレスとも呼べる偽善が洗い流された気がする。

暗黒面の夜明け、ダークサイドからの生還。

何も知らない偽善的な意見を言う人間ではなく、
出来うる努力をして情報収集し、
現実の話、事実、時代感覚を冷静に受けとめ、
そこから導き出される考えを素直に言える人間になりたい。

とことん現実的になったところで、
バランスを取るためか、ここ最近はふんわり気分。
けれど1度得た現実的思考はしっかりと脳に根ざしている。

 2017/06/23 18:22  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


国民年金てきなもの



「KiwiSaver(キウィセーバー)」、
これはニュージーランドの国民年金てきなものである。

日本の国民年金のイメージは、
自分の老後の為の貯蓄というよりは、
国民全員で高齢化社会を支えていこうというのが前面に出ていて、
どちらかというと現在の高齢者の受給年金の為にに支払っているイメージがある。

実際は違うかもしれないけれど、
だいたいの国民が持つイメージってそんな感じじゃないだろうか?

ニュージーランドのキウィセーバーが日本の国民年金と大きく違うところは、

・貯蓄ではないので元本保証がない、と明確にアナウンスされている
・投資リスクの説明がある
・参加は任意
・給料から差し引かれる金額は自分で選ぶ
(支払額の3%、4%、8%)
・働いていない時は払わない
・給料制じゃない人は自分で払う月額(週額)を決められる
・給料からの天引き+任意で好きな額を毎月払うことが出来る
・参加はプロバイダーを通す

現在、国民(国籍問わず。居住権のある者全員)の7割が参加しているという。

キウィセーバーは、官民一体の取り組みで、
国民からのお金、政府からのお金、雇用主からのお金を、
1つのお財布にしてあらゆる投資先に投資するシステム。
政府も一投資家のような存在。
この取り組みは政府主導であるけれど、
銀行や郵便局、保険会社、証券会社などがプロバイダー(窓口)となっている。

プロバイダーごとに投資方法が微妙に異なっており、
後になってプロバイダーを変えたくなったら、
最初に選んだプロバイダーから別のプロバイダーに簡単に移行できる。


お金は放っておいてもまったく増えない。
銀行預金の利金も投資からのリターンである。
元本保証がある貯蓄の場合、低リスクの投資先を選ぶこととなり、
低リターンとなるので、日本の場合ほぼゼロ金利となってしまっている。

投資にはリスクを伴う、これ常識。
国民から集めたお金といえど、投資して増やすからにはリスクがあり、
だからこそ参加は任意だし、政府は元本保証をしない。

そしてそもそも、
自分の老後のお金を増やす、というのが最大の目的で、
とっても個人的なものであり、
政府が税金のように義務で徴収するようなものではないのだ。
だから参加は任意である。

これって、透明性のあるまともな考えだと思う。
まずは自分の老後の為。
1人でやると小さな投資しか出来ないけれど、
みんなで参加して大きく賭けて大きく儲け、
儲けも損も分散しよう、というものなのだ。
決して見知らぬ高齢者の為ではない。

あくまでも私の個人的な意見であるが、
この極めて現実的な考えを、
日本の国民年金はオブラートに包んで曖昧にしていると思う。

自分の老後の安心、この基本的な欲求が満たされないのであれば、
自己犠牲的なことに参加することを強制するのは難しい。
いくら言葉で「老後社会をみんなで支えないと、いずれ自分も支えてもらうのだから」と言われても、このちょっと曖昧でともすると偽善的な考えにギモンを持つ国民もいるだろう。

国民年金は、元本保証がされている貯蓄型なのか?
それとも元本保証されていない投資型なのか?
受けとれる年齢が引き上げられてしまうのはなぜなのか?
なぜ義務なのか?
いったい今まで総額いくら払ってきたのかさえも分からない。
支払った年金がどこに行ってしまったのかさえ分からない。
目的や使途、結果が曖昧なくせに義務だから疑念だけが残る。
自分で計算しないと自分が支払ってきた年金の総額もわからないようなシステムじゃぁ信頼が集まらないのも当たり前。

私がキウィセーバーに参加しようと思ったのは、
例えば、ただ月々1万円ずつ積み立てするのでは、
65歳になった時の金額はせいぜいプラス3%増し程度。
(日本の場合ゼロ金利なのでほぼ増えない)

けれどキゥイセーバーの場合、
政府のサイトにある計算機を使うと、
投資した額の約1.5倍ほどの金額が満期額になっている。
(開始年齢とどの投資プランを選ぶかによって倍率が少し変わる)

これを信じて賭けたい人は参加、
あくまで元本保証にこだわりたい人は不参加、
とっても明快だ。

そして現在、賭けたい人、信じている人が人口の7割を超えている。
投資元本がふくらみ続けているということだ。

そしてこのシステムに必要不可欠なのが、
税務局が発行するIRDナンバー。

IRDナンバーは、日本ではマイナンバーに相当する。

日本ではマイナンバー制度反対運動などがあったらしいけれど、
この国ではIRDナンバーに疑いを持っている人間は1人もいない。

国を運営するのには税金が必要。
これがまず国民にとっても大前提なので、
徴収が不均等にならないように、徴収漏れがないように、
すべてのお金の動きにヒモづけられているIRDナンバー制度に、
国民は特にギモンを感じていない。

働くのも、貯蓄するのも、投資するのも、
とにかくこのIRDナンバーが必要で、
言ってみればIRD(税務局)が国民すべての資産を把握している。
個人情報もへったくれもない。
けれど誰もそれに対しては気にしていない。

働いていない主婦だってIRDナンバーを持っている。
IRDナンバーを持っていないと、
所得はもちろん、銀行の利金など、金額の大小に関わらずすべての収入に最高税率が適用されてしまうので、損をしたくない国民はみな自らの意志でナンバーを取得している。

キウィセーバーにもこのIRDナンバーが重要になってくる。

雇用主に出す給料からの天引き申し込みは、
IRD(税務局)が発行するフォームから行われる。
これで、雇用主が不当にキウィセーバーの為のお金を横取りしたり、
脱税の道具に使われたりすることはない。

ニュージーランドは資本主義であるけれど、
お金の動きに関しては、ちょっと社会主義が目指すところの平等性がある。
IRD(税務局)の存在と、IRDナンバーの存在が、
お金の動きに透明性を持たせているのだ。

IRDナンバーを持っている人は、
IRDのウェブサイトでマイページを閲覧することができる。
過去に自分が支払ってきた税金すべてを見ることが出来る。
いくら稼いでいくら税金を払ったのか、
年度ごとにきちんとまとめられていて、とっても見やすい。
そしてそれが年収証明として使えるように簡単にプリントアウトできる。

キウィセーバーの投資結果の動きも、
このIRD(税務局)のマイページから、逐一見ることが出来る。
いくら払って、いまどれぐらいの利益が出ているのかがすぐにわかる。
投資にはリスクが伴うので、増えたり減ったりする。
減ったときも隠さずちゃんとグラフ化されている。
だから「おいおい頼むよ」という国民の監視も行き届く。

この投資は、国民と雇用主と政府全体の命運がかかっているので、
リスク回避の為に真剣に投資されている。
だからリーマンショックのような経済危機が無いかぎり、
大きく目減りするということは滅多にないようだ。

それに、大きな経済危機があったとしても、
65歳まで解約できないこのキウィセーバーは、
後から後から入ってくる若い国民や多くの企業、
そして政府の予算に支えられているし、
経済活動というのはアップダウンが必ずあるので、
長い目で見れば、すべてが水の泡になることはあり得ない。


私が65歳を迎えるまであとたったの19年。
満期まで気が遠くなる様な年月でもないし、
普通の貯蓄で3%のプラスを待つよりも、
満期額1.5倍の安心目指して、
この大きな大きな巨大投資団体に今から参加しようと思う。
みんなでやれば怖くない、の心理

日本のマイナンバーも、
ニュージーランドのIRDナンバーのように、
税務署にとってのメリットだけでなく、
国全体、国民全体の為に機能していると実感できるようなものになるといいですね。

あ、書き忘れた重要なことがもう一点。
ニュージーランドでは、65歳を迎えるとキウィセーバーとは別に国から退職年金が貰えます。今まで納めた税金とは関係無く1人あたり月々$1200~$1560。
このお金を貰う為だけの税金は特に支払っていない。

この全員がもれなくもらえる退職年金と、
任意参加型の国民年金・キウィセーバーの2つが、国がサポートしている年金となる。

若い国なので至らないところも多々あるけれど、
気に入っているシステムもたくさんあるニュージーランドなのです
 2017/06/22 03:55  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


| 次へ
プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。