« 2017年02月 | Main | 2017年04月 »
ピンクレモネードの海



夕方のヒメの散歩。

いつもはもっと明るいうちに行くのだけれど、
たまたま日の入りギリギリに出かけたら、
あまりに美しい光景に出会えた。

連日の雨で良い感じにうっすら張り出した雲に夕焼けが映り、
その雲の色を反映して海がピンク色に染まっていた。

淡いピンクレモネード色から始まり、
最後は燃える様なオレンジに変わっていった。
東の空には雨雲があり、そこにはピンクの虹が。

ヒメにボールを投げながらも、
何度も何度も立ち止まり、このわずか数分の絶景に心奪われた。

習慣に囚われずに行動すると、こういうサプライズがある。
やっぱり何かを決めすぎず、
インスピレーションに従って生きていくほうが楽しい


 2017/03/30 10:28  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


犬用レインスーツ


夏は完全に終わった。

天候のパターンが夏とは完璧に変わり、
雨が多くなってきた。

小雨程度ならヴィンヤードでも仕事をするのと、
多少の雨なら散歩に連れて行けるようにと、
ヒメ用のレインスーツを購入。

レインスーツを着せる理由は、
ヒメが濡れると寒いから、とかそういうのではない。
泥水まみれになって帰ってくると家に入る前にいちいち洗うのが大変だから。
毎日のことなので、その手間を考え、
飼い主側の事情からレインスーツを着せることにした。

日本とニュージーランドのネットで数々いろいろ見てみたけれど、
最終的に日本のサイトで見つけたこれに決めた。
フィンランドのドッグ・グッズ・ブランド、
「Hurtta(フルッタ)」のスラッシュ・コンバット・スーツ

とにかくアクティブに走り回るので、
防水力に加えて脱げないことが大切。

このスラッシュ・コンバット・スーツは、
撥水性と通気性を保つ独自素材を使用していて、
かつ、お腹から足回りまで完全カバーなのでかなり汚れにくい。

今日ヒメにこれを着せて散歩に行ったけれど、
走りにくそうにしているわけでもなく、
いつも通り快調な動きでなんの支障もなく動き回っていた。
途中のウンチとオシッコもまったく問題無し。

私はかなり大満足!
野原を駆け巡るウサギを追いかけていくヒメ。
雨の中、安心してゆっくり散歩したのは初めて。

雨粒が小さな流れとなり集まり、
やがて大きな流れになっていく音を聞く。
大木の下で枝枝からしたたり落ちる雨粒を見つめる。

雨の日には雨の日の楽しみ方があるのだなぁ。

そんな余裕をひとときレインスーツが与えてくれた。
 2017/03/29 06:16  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


犬のうんちも肥料に


これ、うちの犬のうんちの入れ物です。

お花の真ん中の緑のプラスチック容器にいれます。



うちはデッキ全体が犬のトイレになっているので、
うんちを見つけたら専用トングでつまみ、
この入れ物にいれます。

この入れ物、全体が土に埋まっていて、
底は無く、入れ物にもスリットが入っていて、
土中の微生物が中のうんちを分解し土に還しています。

これは、「ENSOPET」というコンポスターで、
別に犬のうんちじゃなくて生ゴミでも機能します。



最初はホースの水でうんちも全部流してデッキの下に捨てていたけれど、
夏場の水の節約と、デッキが始終水に濡れているのもいかがなものかと思い、
このシステムを導入してみた。
(まぁあとは踏んだりするアクシデントも避けたいかな、と)

スターターキットにはおが屑みたいなものが付いていて、
うんち、おが屑、うんち、おが屑と、順番に入れていき、
ある程度いっぱいになったらしばらく放置。

しばらくすると、おが屑の中にいた微生物が活動し、
うんちを分解してくれる。
具体的には、ミールワームみたいなのが容器の中にはうごめいている。
周りの土は適度に湿っている必要があるので、
花を植えて花の水やりをして湿らせている。
ミントなどハーブを植えると汚物入れ感が薄れて気分も良い。
ちなみに、この容器に入れて数時間すると、
うんちは下に沈み、匂いもほとんどしない。

お花たちはヒメのうんちを肥料に成長していく
 2017/03/23 19:07  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


しぼんでも美しい


3度目の月下美人の開花。
株が成長してきたおかげか、
今回は5つ花が開いた。

上の写真は開花の数日後。

月下美人のことをよく知らない人が見たら、
これが花だと勘違いしてしまうくらい、
しぼんだ後も美しい花。

英名「A QUEEN OF THE NIGHT」(夜の女王)という名の通り、
月下美人は夜にしか咲かない。

夜中に月明かりの下その姿を見ると、どこか妖艶さが漂っている。



昼と夜とじゃ印象がだいぶ変わりそう。



また新しい花芽を付け始めたのでもう少し楽しませてくれそうだ。
 2017/03/19 07:06  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


虹を抜ける



今朝、ラウンジの窓の向こうに大きな2重の虹が。

虹は雨雲と共にどんどん近づいてきて、
私の家の上を通り過ぎていった。

家ごと虹の下を通り抜けていくみたいで、
魔法の絨毯か何かの上に乗っているみたいな不思議な感覚。

ほんの5分ほどの出来事。
気づかずに見過ごしている素敵な瞬間がもっとあるのかも。
逆に言えば、見過ごすほど美しい瞬間がきっと溢れているんだ。

 2017/03/14 04:15  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


| 次へ
プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。