« 2015年10月 | Main | 2015年12月 »
ニワちゃんとキャラメル・ダック



チキン・グリーンが生えそろった頃、
産まれて9周目のまだピヨピヨ言っているボーイ&ガールズが我が家に到着。

本土に車で渡りドライブすること1時間半。
注文してあった2種類のニワちゃんたちをピックアップしてきた。



ビッグ・デーとなった本日。
なんだか疲れました・・・。


先々週の月曜日に野生のダックの里親になったばかりだけれど、
3日前から1羽、また1羽と飛び去っていき、
最後に残った1羽の巣立ちも時間の問題かなと思っていた。

そんな私は、ドメスティック・ダックを飼うことを決意。
(野生のダックと違って羽が退化し飛ぶことは出来ない・・)
そして、ニワトリちゃんたちと一緒に1ペアのダックを連れて帰ってきた。

私が帰るまで、野生のダックちゃんはまだいてくれるかな?
とドキドキしながら帰宅。
最後に残ったチビちゃんは、夜以外は放し飼いになっている。

果たしてチビちゃんは・・・・

なんと!ちゃんと帰りを待っていてくれました!
2羽が飛び去った後のチビちゃんは、
寂しさからか、人間の私の後をついてくるようになっていた。
だからチビちゃんへの愛着は増していたところだった。

今日連れて帰ってきたキャラメル色のダックちゃんたちに興味津々。
けれどキャラメルちゃんたちは、怖さの余り近づくチビちゃんに威嚇のポーズ。

仲良くやってくれるかな、とちょっと不安に・・・。

けれど、
生まれてから一度も泳いだ経験の無いキャラメルちゃんたちの目の前で、
華麗な泳ぎと羽ばたきを披露したチビちゃんは、
2度と威嚇されることはなかった。
むしろ尊敬されているのか、
水から上がった後の羽の毛づくろいなど、
キャラメルちゃんたちはチビちゃんのやることを見よう見まねで真似ていた。



あ〜、よかった。

安心したのもつかの間、問題が一つあった。
チビちゃんは多少飛べるようになっていたので、
日中はドアを開け放していて、基本出入り自由だけれど、
キャラメルちゃん達は飛べないので、ネコや犬のアタックがあるとまずい。
なので、もうドアを開け放しておけないので、
キャラメルちゃん達が来てからはドアをずっと閉めていた。

その様子を見ていたチビちゃんが、
ドアがずっと閉まっていることにギモンを持ち始めているのを私は感じた。

チビちゃんは野生の子なんだから、けっして閉じ込めちゃいけない。
そう思い、これから夜を迎えるけれど、屋根としてかぶせていたネットを、
チビちゃんが飛んで出られる分だけ開けてあげた。
キャラメルちゃんたちには絶対に飛び越えられない壁も、
チビちゃんなら飛び越えられるはず。

そしてチビちゃんに、
「ドアはもう開けられないけれど、
あなたは自由なんだからいつでもここから出ていいんだよ」
と語りかけた。

それがチビちゃんと語らった最後となった。

私がピヨピヨニワトリ達を小屋に強制収容しようと思って外に出て、
なにげにダックの小屋のほうを見ると、
もうそこにチビちゃんの姿はなく、キャラメルちゃんたちがいるだけだった。

なんだかものすごく哀しくなった

キャラメルちゃんたちもニワちゃんたちも、
すっごく可愛いのだけれど、
チビちゃんたち野生のダックは、家禽が持っていない凛々しさと、
野生ならではの美しさがあり、
それが私の興味を惹きつけてやまなかったのだ。

もう野生のダックをわざわざ引き取りに行くことは無いと思うけれど、
もしもワイヘキ島で親鳥を無くしたダックリングを見つけたら、
また同じように飛び立つようになるまで育ててあげようと思う。

バイバイ ありがとう



明日から、
人間の保護が無いと決してサバイブ出来ない子たちのお世話が始まる。
素敵なお付き合いになるといいな。

どうぞよろしく
 2015/11/28 16:39  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


野鳥の巣



ついに見つけました。

ブドウの木の枝の間に巣を作ると聞いていたけれど、
幹のど真ん中、ちょうど胸の高さ辺りに美しい野鳥の巣が!

卵は薄い水色でそばかす模様。
まだ1個しかない。
スペース的に、4つか5つ生んだら抱卵を始めそうな感じ。

この巣はいずれ撤去される運命。

ブドウの花が終わり実が膨らみ始めると、
完全に色づく前にネットをかぶせる。
野鳥からブドウの実を守る為だ。
その時に鳥の巣が中に取り残されると何のためにネットをかけたか分からないので、
一つ残らず撤去する。

元の位置から動かされたら親鳥はもう抱卵出来ないので、
どのみちこの卵達は死ぬことになる・・・。

なんでこんな人間がたくさん出入りして、
しかもあっさり見つけられるところに産んでしまうのか??


ブドウの木の中には小型の鳥。
ブドウの列と列の間に咲いているワイルド・フラワーの中には、
キジやウズラの巣がある。

みんな踏みつぶされるか破棄されてしまう。
ほんと場所が悪い。
大自然の中の人工エリアなのだ、ブドウ畑は。

今年はダックやら鶏やらやってきて無理だけれど、
来年は孵卵器を使って、この破棄される運命の野鳥の卵をレスキューしたい。
それも実は小さい頃からの憧れだった。

そうそう。
先日引き取ってきた3羽のダックのうち1羽は、
昨日突然飛べるようになって大空に羽ばたいて行ってしまった。
なんだか寂しい。
けれど「the巣立ち」って感じでなんだか嬉しくもある。
あとの2羽は一生懸命飛ぶ練習をしているけれど、
残念ながらまだ足が浮かない。

いずれあの2羽もいなくなるのだと思うと寂しいけれど、
野鳥と関わるとはこういうことなんだ。
沢山の鳥が自然に帰るという、嬉しさにこの寂しさを変えようと思う。

 2015/11/26 04:04  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


HAPPY FRIDAY~



ヴィンヤードでは毎週金曜日になると、
みんなで集まって軽く飲む。

オーナーの家のデッキだったり、
ワイナリーが一望出来る、改築中のレストランのデッキだったり、
そのときどきの気分で場所が変わる。

昨日は、ワイナリーの中にある森で乾杯!
いつもはビールだけのことが多いけれど、
昨日はロゼと、ブレンドの試験段階で選外になった赤。



ビールが飲めない私には嬉しいかぎり

昨日からドイツ系の男子が1人チームに加わり、
イケメンがまた1人増えた(笑)
今ワーキングホリデーで働いている3人の男子は、
なぜかみ〜んなドイツ人で全員イケメン!
1人は193cm身長がありモデル並。
昨日加わった別の彼は耳に1cmほどのピアス穴があり、
なんとなくアーティスト系。

日本人と同じくらいドイツ人も真面目に働く人が多いという。
う〜ん、なんか分かる気がする。

今は脇芽(Lateral)取りのシーズン。
女子は脇芽取り。男子はタッキング含めガテンな仕事をこなす。

ブドウの花も徐々に開花が始まった。
これから収穫まで忙しい季節が到来!
スタッフもどんどん増えていくんだろうな。

いろいろな国の人々とコミニケーションするのは楽しい。
私の英語のヒアリングとカンバセーションもみんなのおかげで少しずつスムーズになってきた気がする(専門用語が増えそうだけれど)



<Cav(カヴェルネ・ソーヴィニヨン)の花>
 2015/11/21 17:30  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


最新 ダック情報



ダックが我が家にやってきてから早5日。

最初はなにをするのもビクビクだったけれど、
次第に好奇心のほうが勝ってきて今や柵の外に関心があるみたい。

毎晩安全の為に小屋の中に入れて軽くフタをしていたのだけれど、
4日目の朝、体の小さい2羽だけが小屋の外に自力で出ていた(驚)

なので昨日の夜から小屋の中に入れるのをやめてみたら、
自分達でちゃんと入って夜を過ごしたらしい。

よしよしちゃんと学習している。

プールも最初は誰も入らず、
誤って落ちてはバシャバシャと無様な溺れ方をしていたけれど、
今では、飛び込んではもぐり、飛び込んではもぐりを繰り返したり、
スイスイ泳いだり、ぼーっと浮かんでみたり、
と「おー、さすが水鳥!」という姿を披露してくれた。

もっともっとこの場所に慣れて、
当たり前のように帰る場所、と彼らが感じられるようになったら、
ドアを開け放し、自由に出入り出来るようにしてあげたい。

まずは外にも一時的な柵を作り、
ドアの外に出るけれど小屋に戻ってこさせる訓練から。

果たしてうまくいくのかしら??

飛ぶようになってどこか遠くに行っても、
いつの間にか戻ってきてくれていると嬉しいな。

今日の朝ご飯は、
イチゴとトマトが入ったお水と、
ほうれん草・リンゴ・コスレタス・ヒヨコ豆のサラダ。

あとは、摘みたてタンポポとロケットの葉をたっぷり置いてきた。

なんだか連れてきた時よりも確実に大きくなっている気がする
 2015/11/20 02:37  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


世界が終わったら、カワカワ



日本でも野草について専門知識があり、
それらの活用法を教えてくれる先生がいる。

それのワイヘキ版がヘレン先生。
ヘレンはワイヘキ新聞でも野草の効用を紹介する欄を持っていて。
私はよくそれを切り抜いてスクラップしている。

ワイヘキ島では毎年「ウォーキング・フェスティバル」というのを開催していて、
たっっくさんあるウォーキング・コースを、
それぞれスペシャリストが案内してくれるお祭りだ。
無料のコースもあれば有料のコースもある。

その無料コースの中に、
前述のヘレンさんが森を歩きながら役に立つ野草について教えてくれるというものがあった。早速インターネットで予約!

先日参加してきた。

私は草についていろいろ知りたかったけれど、
どちらかというとメインは木々についてだった。

喘息に効く、皮膚炎に効く、関節炎に効く、心臓に効く、
など、見たことあってもその効能を知らない木々の紹介が続いた。

その中で最も興味を引いたのは、
ヘレンさんいわく、
「世界が終わって食べ物が無くなったらこの木を探せ」
というくらい役に立つらしい「カワカワ」だ。



この木は、葉っぱが直接生で食べられる。
味は、シナモンとミントを混ぜたようなスパイシーな味。
けれど、どこか甘みもあって美味しかった。

このカワカワは、マオリハーブとして知られており、
かつてマオリはこの葉を噛みながら戦いの場に向かったらしい。
血液浄化の効果があるということで、
家庭の薬箱として庭に植えているマオリの家族も多いとのこと。

ヘレンさんいわく、
虫に食われている葉っぱほど効能が高いということなので、
もしも選ぶなら穴がいっぱい空いている葉を選ぶべし。

他にも抗生物質の一部に使われる成分を持つ木だとか、
いろいろと教えて貰った。

それから、このウォーキングで、
鳥が蜜を吸いに来る赤い花の咲く樹の名前がやっとわかった。
その名もレワレワ。
(マオリ語は2回繰り返すものが多い・・・)

この赤い花にはたくさんのネクター(蜜)があり、
うちのレワレワはTUIという鳥が独占している

ウォーキング・フェスティバルはまだまだ続く。
来週はワイヘキ産のオイスターの養殖場を回るコースにチャレンジ!
そこはプライベートの土地で、
こんな時でないと入ることが出来ない。
だからかなり楽しみにしている



 2015/11/18 03:04  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


| 次へ
プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。