« 2014年11月 | Main | 2015年01月 »
来客ラッシュ!


クリスマス以降、
我が家は来客ラッシュで、
あっという間に年末がやってきてしまいました。

今日も、日本からのお客さまをお迎えに今から空港へ。

クリスマスの週から、
ある日突然真夏になり、日中の日なたは肌が焦げるくらい日差しが痛いです。
そんな中、2日間続けての釣り合宿を2度行い、
獲物に舌鼓を打ちながら、
あーだこーだと反省&修正を語る日々。

釣り友を港まで送る前に、
海を見ながらクラフトビアーを1杯。
体の力を抜いて筋肉にゆとりを与える瞬間。
至福です

釣りをはじめてからこの島での暮らしが大きく広がったわけですが、
今日からいらっしゃるお客様のために、
磯遊び、ワイナリー・ツアー、トレッキング、
と夏のワイヘキを存分に楽しんでいただこうと思っています。

みなさまも、
日本で、海外で過ごす年末年始、
どうぞ楽しくお過ごしください。


(↓ 磯釣りにて、頭上の岩で子育てしているカモメ夫妻に魚をプレゼント)
 2014/12/30 03:16  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


クリスマス限定 クッキータイム


Merry Christmas !!

ニュージーランドでは、12/25はみな家族と過ごし、
法律ですべてのお店がお休みになります。
だから、いつも必ずどこかのお家から聞こえてくる、
チェーンソーとか芝刈り機のやドリルやトンカチの音も聞こえず静かです。

けれど、商業施設は稼ぎ時ということで、
罰金を支払えば営業できるという抜け穴がちゃんとあります。
ワイヘキでも、メインの町オネロアのカフェはほとんどオープンしていると思います。
けれど今日だけ、どこもかしこも15%料金上乗せ。
罰金分は利用客が払うようになっているんですね。

私は今日は、
クッキータイムのクリスマス限定ボックスを開けて、
旦那さんとまったり過ごしています。
この限定ボックスのクッキータイムは、
いつものクッキータイムよりもしっとり感がなく、
バターの風味が強めのサクっとした食感。
大きさも、通常の1/5くらい。

これはこれで美味しい。

日本に上陸したクッキータイムの路面店にも並んだかな?

我が家のポフトゥカワ(別名クリスマスツリー)も、
8分咲きで、赤い花びらの先から黄金の花粉を飛ばしています。

素敵なクリスマスをお過ごしください。


 2014/12/25 07:57  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


14株のアジサイ満開中


昨年、大好きな鎌倉の長谷寺を真似て、
庭の斜面を利用して14株のアジサイを植えた。

あれから1年。
酸性が強かった土壌を中性に戻し、
今年は、青は青、赤は赤、白は真っ白、
と綺麗に色が分かれ、目にも鮮やかな花が次々と咲いています。



数日前に、時速80kmくらいの暴風雨があり、
ドライブウェイに木が倒れたりしました。



このアジサイの写真は、
この暴風雨の直前に撮影したもの。
風に煽られれボロボロになってしまうかも、
と予測してのことだったのですが、
暴風雨が去った今もまだまだ美しく咲いています。

この小さい株が大きく成長し、
隙間無くこの斜面を埋め尽くす日を夢見て、
丁寧にお手入れしていこうと思います。

周囲の森にはマヌカとカヌカの花が満開で、
木々の緑が白い綿帽子をかぶっているようです。

初夏ー美しい季節の始まりです。

 2014/12/22 20:38  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


岩場にて 転ぶ


先週末、あのお気に入りの無人島小島に上陸し釣りをしました。
前回は満潮前に上陸し、
ちょうど満潮になる頃に釣りをしたので、
魚がたくさんいて短時間で大きな魚を釣り上げることができたけれど、

今回は干潮のタイミングで上陸したからか、
どういうわけか、かなりの量のこませを蒔いてもぜんぜん魚が現れず、
3時間過ぎた、満潮近くなってからようやく魚が現れた。

目の前にあって、
でも渡ることの出来ない沖に突き出ている岩場の向こうには、
かなりたくさんのカーワイが跳ねていて、
この岩に渡れて、向こうで釣りが出来たら最高なのに〜、
とピチピチ跳ねる魚の群れをただ見つめるだけでした。


その岩の向こうでボート釣りをしていた旦那さんは絶好調で、
鯛やカーワイを釣り上げていた。
(やったー!久しぶりの鯛だ

島に上陸して一緒にお昼をと思い、
上陸ポイントに向かっている旦那さんを向かえに行く際、
派手に転んでしまった私。。。
海に転げ落ちないように膝と手でブロックしたせいで、
岩場で脛を思いっっきりすりむいてしまった。

後で家に帰って傷口を見ると、
すりむいた程度ではなく、割と深くえぐれていた・・・。
この傷は派手に残るぞ〜〜〜〜

43歳なのに、こんな傷を負うなんて恥ずかしい・・・
と打ち身の痛さに耐えながら反省。。

岩場での釣りは今後も継続なので、
今後はもう少し気をつけて歩こうと思う。

その夜は、ご近所さんと釣った魚をつまみに、
夜更けまで盛り上がりました〜
アルコールが入って、より傷が痛かったけれど
 2014/12/20 09:23  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


酒類販売ライセンス停止


先日スーパーマーケットに行ったら、
いつもはビールがずら〜〜っと置いてある場所に、
なぜか大量のトイレットペーパーが。

張り紙を見ると、、、


酒取り扱いライセンス違反の為に、
5日間ライセンスを停止された為、と書いてある。

その5日間の為に、いつもの場所から大量のアルコール類を移動し、
移動しなくて済む通路はバリケードで塞ぎ、
この5日間の売り上げに大打撃だろうなぁと想像した。




店長か誰か分からないけれど、
ライセンスの更新の際に日付の記入間違いとかあったのかね?
と勝手に想像していて、
もしそうだったら大変すぎるウッカリミスだね、なんて言っていたら、
実は、こういう理由だった。

ニュージーランドでは、
17歳以下の若者にアルコールを売ってはならない。
その為にアルコール販売の際はレジで年齢確認を行っているのだけれど、
ドライバーズ・ライセンスなどを持ち歩いている人も少なく、
実際に18歳以上の顧客からすれば、
それが理由でお酒を売ってもらえないとなると、
「えーーー?」となる。

だからか、明らかに13歳ぐらいの少年が買ったりしない限り、
レジの混雑を避けるためにも、
判別の付きにくい20代の若者はスルーしていたりする。

そこに現れるのが覆面捜査官!

一応法律では、
見た目が25歳を明らかに超えていると判断出来ない場合は、
必ず年齢確認を行わなくてはならない、となっているらしい。

で、そのあたりの年齢の覆面捜査官がアルコールをレジに持って行き、
店員からの年齢確認が無かった場合、
現行犯でライセンス停止となるとのこと。

なんとも気の毒な話。。。

インド系の店員さんが、
アジア人の年齢がさっぱり判別つかないという話を聞くので、
私も何度か年齢確認を求められたことがある。
内心、「えー!43歳なのにありえない! でも若く見られて嬉しい」
という感じなのだけれど、
こんな風に、移民大国ニュージーランドで、
さまざまな人種が溢れ、年齢の判別というのは非常に難しい。

だから、ついつい年齢確認をためらってしまうお店の気持ちもなんとなく理解できる。

ここは利用者全体の快適な買い物のために、
25歳前後の人はもちろん、
20代と間違えられやすい風貌の人は、
常に身分証を持ち歩き、
お酒を買うときにはすぐに提示出来る準備をしておくのがいいかも。

あ〜、これがクリスマス前じゃなくて良かった。
25日はすべてのお店が休みとなるので、
その前々日あたりからみな大量にアルコールを買っていく。
24日、25日の夜に、家からアルコールのストックが無くなってしまうことほど恐ろしいことはないからだ(笑)

というわけで、今はライセンス停止も解除され、
また通常通りお酒が販売されている。

スーパーのみなさん、ご苦労さまでした。

 2014/12/17 04:07  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


| 次へ
プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。