« 2014年09月 | Main | 2014年11月 »
ネコの貢ぎ物


うちの庭には3種類くらいのネコが遊びに来る。

遊びに来る、と表現するのは、
ネコ大好きな人々の視点での言い方で、
ネコとそれなりに距離をおいてつき合っている人間からすると、
通過しながらあちこち掘り返しては糞尿をしていく、
という感じなのである。

ネコはフカフカの土が大好き。
私は木々や花を健康に育てるために土をフカフカにする。
ネコはそのフカフカを掘り返しては糞尿をしていく。
糞尿を繰り返しされると、酸性土壌に拍車がかかり、
やがて木々は黄変し枯れていく。

なので、にゃんこ先生がうちの庭を通過する時は、
私はじーーーーーーーーぃっと観察し、
何か植えていて、掘り返してほしくないところを掘り返さないか見張っている。

けれど、
なぜか、なぜか!な・ぜ・か!
そこ掘って欲しくないなぁと見つめていると土を掘り返してくれるのだ。
しかも、一度こちらをちらっと見てから掘り返す。

このパターンで、植栽を一つ枯らしてしまった私は、
つい先日、にゃんこ先生が、
植えたばかりのスイカの苗木の周りのフカフカ土を掘り返そうとしていたので、
その瞬間、手をパンパン!!と叩いて注意した。
にゃんこ先生はピクっとしてすぐに止めてたたっと逃げていった。

そして今朝・・・
スイカにお水をやりにいくと、
ネズミの死体がスイカの苗木のそばに寄り添うように置かれていた・・・。

これ、ネコのこと知らないと、
「嫌がらせか−!!!」となるのだけれど、
ネコからすると、これは貢ぎ物なのだそうである。
ネコ流コミュニケーション。
通行料、穴掘って糞尿させてください料、といったところか。

一応、
ここの庭を取り仕切っているのはこの人間の私だという認識があるらしい。

私は誰かの飼い猫だったり、
よっぽど人なつこい猫で無いかぎりは、
いわゆる”ネコ可愛がり”を決してしない。
仲良くもしないし、手なづけもしない。
お互いに距離を置く。

ネコもそのあたりわかっている気がする。
嫌われてもいないけれど、特に好かれているわけでもない、と。

そして時々貢ぎ物を置いていく。
なぜ貢ぎ物だと思うかというと、
小鳥だったりネズミだったりトカゲの干物だったりするそれらは、
必ず、私がその時足繁く通いお世話している植物の側に、
分かりやすく置いてあるからだ。
放ってある、というより、わざわざ置いてある。

私からすればまったくもって嬉しくないそれら貢ぎ物は、
ネコの世界の常識からすれば挨拶の類なのかもしれない。
でもそんな貢ぎ物はあまり嬉しくはない。

この2本のレール的なコミュニケーションは今後も続くのだろうなぁ。

私の大事な畑や植物に危害を加えなければ、
好きなだけ庭を歩き回って貰っても構わないし、糞尿もオッケー。
ネコにしつけは無理だと聞いたけれど、
私独自のコミュニケーション方法で、
嫌なものは嫌だと伝えていこうと思う。
じっと目を見て。


 2014/10/28 15:07  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


冒険・漂流・上陸


ある晴れた土曜日、
「今日は絶好のボート・フィッシング日和りだー!」
と、意気揚々と海に出た私たち。

今週末は、レイバー・ウィークエンドという3連休で、
予想を超えた数のボートやクルーザーやヨットが海に出ていた。

目的のフィッシングポイントである小島目指して進むも、
どういうわけかエンジンから煙が。
あまりよろしくない、ということでエンジンを止め、
しばらく海面を漂っていたが、
沖の方を大型船が通過するたびに波が立つので、
このままでは船酔いしてしまう、と思った私は、
100mほど先に見えている浜に上陸させることを提案。
2人でオールを使って漕ぎ無事に上陸。

今まで、ボートランプと呼ばれる、
カー・トレイラーに積んだボートを、
そのまま海に出せる便利な専用ランプからしか出し入れしたことなかったので、
こんな風に、海からどこかの浜辺にアクセスしたのは初めて。
海底が岩場だと乗り上げられないので、
近づける陸地はそれなりに限られている。

けれど、ワイヘキ島にはプライベート・ビーチみたいに、
陸からはアクセスしにくい小さな浜辺がたくさんある。

その浜辺でしばらくピクニックし、エンジンが冷えるのを待つ。
出発したボートランプまで手こぎで戻るとなると、1時間はかかる。
目的地の小島はすぐ近くにせまっていたが、
そこまで漕いで、釣りをして、また漕いで帰るとなると、
相当な体力を要する。

そのまま帰るか迷って、
とりあえず、小島の砂浜に上陸出来るかどうかだけ確かめよう、
ということになり、2人で浜から漕ぎ出した。
ある程度沖まで出てから試しにエンジンをかけると、なんと始動した!
とりあえず何かはおかしいのだろうけれど、壊れてはいないらしい。

フルスロットルを避け、ゆっくりと小島へと向かった。

そしてめでたく上陸!
徒歩で先着してこの釣り場で釣りをしていた友人と合流!
エンジンはしばらく冷やして、だましだまし動かせば、
帰りもなんとかなるかも、ということになり、
私は小島でサヨリを狙い、
旦那さんは、ボートから鯛かシマアジを狙うということで、
当初の予定通り分かれて釣りをすることに。

それから3時間ほど釣りを楽しみ、
帰りは友人も乗せて3人!
エンジン始動!動いた!
帰りもフルスロットルを避け、ゆっくりボートを進ませる。

ボートランプよりも150mほど手前でエンジンが停止。
よくここまで頑張ってくれた、と感謝。
そこからは旦那さんと友人が手こぎで無事に帰着!

釣果としては、
私は予期せぬ大物に針を2つ取られ(というか私の糸の結び方が甘かった)、
目的のサヨリは群れがあまり来なかったというのと、
自前の仕掛けがイマイチだったので、何も釣れなかった。

旦那さんが40cmくらいのシマアジを釣り、
友人がかなり大きな鯛とカーワイを釣り、
さらにサヨリを8匹ほど釣っていたらしく、それを私にくれた!
ありがとう〜〜〜!!!
持つべきものは釣り友。

念願のサヨリ!
その夜、透明な魚肉のサヨリを、お刺身、フライ、お寿司にして食べました。
当たり前だけれど、この魚は買えない。
たぶんキウィ(ニュージーランド人)は食べないのだろう。
こんなに美味しいのに。

同じくワイヘキでは釣る以外は手に入らないシマアジを、
お刺身、カマ焼き、お寿司にして食べた。

冒険して疲れたけれど、すっごく楽しくて肴として楽しめて、
やっぱりやめられな〜い!釣りなのです。
次回は、もっともっとサヨリが群れでやってくるスポットに、
準備万端でリベンジ!
今の時期のサヨリは大きくて太っていて美味しい!
旬のものは旬のうちに。

海と空、そしてボートに感謝。

 2014/10/26 06:01  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


謎のハーブの正体見つけたり! ウマゴヤシ


このことについてどこから語ろう。。。

まず初めは、やはりここからかな。
雑草(よく言えば野草?)まみれだったうちの庭。
そもそも芝生が生えていたかどうか謎のこの場所(2年前)。



日本からニュージーランドに来る度、
草が腰まで伸び、大変なことになっていた庭。
まるで原っぱのようになってしまったその庭の草刈りをしていると、
地面に茶色くてトゲがつている螺旋状の物体が多数落ちていた。

私は、触ると人を刺す”トゲトゲ虫”だと思い込み、
触ってしまった瞬間思わず悲鳴を上げてしまった。
辺りを見まわすと、おびただしい数のトゲトゲ丸が落ちている!
キモイ!!
ここを綺麗な青い芝生エリアにするんだ〜と夢見ていた私は、
こんな虫が大量発生するなんて嫌だなぁと思っていた。

(絵を見つけました。コレです。虫に見えますよね??)


しばらくは、
このトゲトゲ丸が私が見ていない隙に丸まっている状態をやめて、
地面を徘徊している妄想に怯えていたが、
あるときあれが虫ではなく、植物であることを知った。

しかもハーブで、なんと毎朝自分が飲んでいるお茶の中に入っていたのだ!

そうとわかったら、
あのトゲトゲ丸の実をならせる植物の正体を知りたいと思い、
雑草をかきわけあの実が成りそうな植物を探しまくった。
けれどその時はぜんぜん見つからなかった。

そして今年の春。
あの雑草庭も、美しい芝生エリアに生まれ変わり、
「隣の野草空き地」と、「うちの芝生エリア」という具合に、
きっちり区分けされている。


その「隣の野草空き地」と「うちの芝生エリア」との境界線近くに、
シロツメクサに似た、マメ科の植物が旺盛に生え始めた。

最初は放置していたのだけれど、あまりの勢いなので、
そこに多種多様な野生の花の種を蒔きたかったというのもあり、
ザックザックとほとんどをハサミでカットしてしまった。

それから1ヶ月ほどしたこの初夏。
ついに発見!!
あのカットしてしまったシロツメクサに似た植物の生き残りに、
まだ青いトゲトゲ丸が成っているではないか!
「あー!この子に成る実だったんだぁ」と納得するのと同時に、
またもやハーブと知らずに大量殲滅してしまった・・・と反省。

それにしても、この植物の花は小さくて可憐。
あの花にこんな実が成るなんて誰が想像できようか?

ということで、この植物の名前を知るために、
さっそくネット上の野草図鑑で調べた。

その名も「ウマゴヤシ」
英名「Medicago polymorpha」

このウマゴヤシは、ベータカロチン、各種ビタミン、クマリン、フラボン、
イソフラボン、アルカロイドなどの成分が豊富に含まれていて、
呼吸器系・消化器系・免疫系などの各症状に対する効能があるとされているが、
全ての効能が科学的に証明されているわけではないとのこと。

馬が肥えるくらい栄養豊富なのだから、
とりあえず、この植物を見つけたら見守ることにする。
そしていつの日か知識を得て利用出来るようになったら収穫させて頂こう。

例年、10月と11月はニュージーランドにいなかったので、
ずっと発見することが出来なかった。
やっと正体を知ることが出来た。

やっぱり春って素敵だ。
あらゆる生命が動き出すとき。

 2014/10/22 05:47  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


土地を巡るよもやま話


日曜日は、「日曜大工」の名にふさわしい作業、
「フェンス作り」をしました。

うちは、50m近い急坂のドライブウェイを登ったところにある。
このドライブウェイは、かなりしっかりしたコンクリートで作られていて、
その辺のアスファルト舗装よりも頑丈そう。
最初にこの家を建てたオーナーにそのあたりとっても感謝している。

この国は「それ当たり前でしょ」が当たり前でなかったりするので、
こういう、「あ〜、こうなってて良かった」と思う事があると、
それはもう、心から感謝してしまう。

この素敵ドライブウェイの隣にもうひとつ未舗装の坂道があり、
それはうちのドライブウェイの途中に繋がっている。
繋がっていると言っても、
”ドライブウェイ脇のジャングルの中に埋もれている”
という表現のほうが正しく、この未舗装坂を発見するのにだって3年もかかっている。

だいたい、その未舗装坂が自分の敷地だということさえも思いもよらなかった。
というか、最初に不動産屋さんが説明すべきだと思うのだけれどね、
「ここからここまでがあなたの土地ですよ」みたいな。

この未舗装道は、うちのドライブウェイよりも低いところにあるのだけれど、
ドライブウェイで作業していると、
時々この下の道を、どこからか馬が駆け抜けていくのを見ることがある。
ついでにその馬を追って人が走っていったりもする。

なぜそんなことが起きるのか?

私のひとつ前のオーナーから聞いたことだけれど、
この未舗装坂は、家が建つ前から存在していて、
その坂の1番上にキャラバンが放置駐車されていたらしい。

ちなみにこのキャラバンの持ち主は、
うちの元土地オーナーに許可無く駐車していたらしく、
カウンシル(役所)からの撤去命令を無視し、権利を放棄したそう。
その後、このキャラバンはうちの土地の付属物として取り扱われることになった。
ちなみに私はこの家に住む時に、そのキャラバンの権利を放棄し、
前のオーナーにキャラバンを引き取って貰った。
(キャラバンの数奇な運命、という短編が書けそう・・)

話しを元に戻すと、
最初のオーナーがこの家を建てるにあたり、
例の未舗装坂を使ってドライブウェイを作ろうとしていたのだけれど、
カウンシルから、
「ここはあなたの土地ではないですよ」と言われたらしく、
それで現在の位置にドライブウェイが出来た、と。
けれど、家が建った後にカウンシルに、
「ごめんね、そこもあなたの土地だった」と言われたらしい・・・・・。
(日本ではほぼあり得ない展開)

ここからは私の予想だけれど、
この馬が走り抜けていく未舗装坂は、
大昔に隣のファーマーが反対側に抜ける道として作り、
うちの土地だとはっきり判明するまでは普通に使用していたのではないか?

このうちの未舗装坂はキャラバンが放置されていたあたりを堺にして、
隣の土地へと繋がり、隣の家まできちんと繋がっている。
私が秘密の小径と呼んでいる、多種多様な野草が蔓延る素敵な道。

この小径を、隣の馬が時々駆け抜けていくわけだ。
馬には人間の土地の境界線など関係無い。

ということで、馬にも分かる境界線を引くべく、
敷地内の樹木を壁になるように移植したり、
この未舗装坂もうちの土地ですよ、とひと目でわかるように、
道路に面した土地の入り口部分にフェンスを作ることに。

1番安上がりで簡単なのは、木の杭を買ってきて刺し、
ガーデニング用の固いネットを打ち付けていく方法。

木の杭は土の中に刺さると腐植が進むので、
家の外壁用塗料が余っていたので補強の意味でペイント。

こういう風に色を付けるだけで、
ただの生木の色よりもちゃんとしている感が出るから不思議だ。

このお手製フェンスには、
その周囲に勝手に蔓延っている蔓性ジャスミンに思う存分巻き付いて貰いたい。

以前は、どこにでも這っていっては、やたらめったら巻き付き、
”やっかいものの雑草”というカテゴリーに入れられていた蔓性ジャスミンも、
整然としたフェンスに自生するとなれば、
かぐわしい香りを漂よわせる素敵な壁になってくれるだろう。

これで一気に「私有地」感が増した未舗装坂。
こうやって囲むことによって土地って甦るんだなぁ。

 2014/10/20 05:39  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


段々畑の果樹たち


リンゴの花
ほんのりピンクなのがかわいい

蕾があと4つあるけれど、
やっぱり摘花(てっか)をしなければいけないのだろうか?

うちのリンゴの木はまだ小さくて若い。
もしかしたら今年はこのひとつの花だけが唯一の果実となるのかも。



お隣の洋梨の木にもフサフサ葉っぱが。
この洋梨は、1本に2種類の洋梨がなるらしい。



マンダリンはまだ幼木なのに花が沢山咲いた。
柑橘系の良い香り!


こちらは蕾がたくさんあったので、きちんと摘花しました。

そしてラズベリー(赤)も花が!



果実じゃないけれど、
ミョウガも順調に育っている。
今年はたくさん食べられるといいなぁ。


芽が出始めていたニンニクを脇に埋めておいたら発芽!
いまいち育て方をよく調べずに植えてしまった。
ここに本当にニンニクが出来るのだろうか???

まだまだ芽が固く、若葉が芽吹いていない枯れ枝のような果樹がある。
早く緑の葉っぱが見たくて、毎日期待と愛情を注いでいる。
葉っぱなり花なりがつかないと、
写真に撮っても背景の山肌に溶け込んで、何がなにやら(笑)

このブログにて収穫を載せられることを祈りつつ。
 2014/10/18 05:31  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


| 次へ
プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。