« 2014年06月 | Main | 2014年08月 »
海洋保護区(マリン・リザーブ)


私がひんぱんに行くフィッシング・スポット。
この桟橋がある湾のすぐ右隣には、
「海洋保護区」に指定されている湾がある。
こちらでは、「マリン・リザーブ」と呼ばれている。
テ・マトゥク・ベイという、オイスターがたくさん住む湾と、
その目の前に広がるかなり広範囲の海を保護区に指定している。

「海洋保護区」という考え方、日本とはこの国の厳しさが違う。
この保護区ではフィッシングはもちろんのこと、
生きていても死んでいても、何かをそこから持ち去ったりしては一切いけない。
つまり、人間の意志による現状変更を許していない。

日本では、「大切にしましょう」というレベルでも、
この国ではかなり厳罰な処罰が待っている。
このエリア内でフィッシングをし、しかもその魚がアンダーサイズ(こちらでは魚や貝などに大きさや個数の制限を設けている)であろうものなら、
ボートの差し押さえや罰金など、かなり厳しい刑罰を処している。

海に囲まれ、海との関わり合いの深い国。
それは日本も同じ。
けれど、海への考え方や関わり方がだいぶ違うように感じる。

その違いは、日本の捕鯨への断固たる抗議にも出ている。
日本人の私としては、捕鯨が文化・伝統であるというならば継承していくべきかな、と思う反面、もう時代が変わったのだし、
人間が生きていくのにさして支障のない捕鯨などは、
できるかぎりやめていく方法を取ってもいいのでは?とも思う。

資料館などにその歴史を残し、
「現在では、代替品もあり海洋生物を守る意味でも捕鯨をやめました」
という解説付きで、のちの人々に展示するとか、
いろいろ文化の残し方もあるかと思う。

捕鯨をやめるとクジラが増えすぎて生態系が崩れるという意見もたまに聞くけれど、
例えば里山に降りてきて畑を食い荒らすシカやイノシシなどと違って、
クジラは人間の生活にほとんど支障をきたさない。
ニシンやイワシをたくさん食べちゃうとか、そういう問題はあるだろうけれど、
それはそれで時間をかければ、海の中だけでバランスが自然に取れていくものだ。
現に、人間が捕鯨を始める前から彼らは存在し、
自然淘汰もあり、彼らだけで個体調整を行ってきた。

ニュージーランドに住んで、このような海洋保護区という環境に接すると、
その豊かさや愛情深さを肌身で知るので、
日本の捕鯨に関してのさまざまな言い分が、だんだん通用しない時代になってきているのを感じる。
そして、海を共有するパートナーとして、
そこに理解を示してほしいとも感じるようになる。

経済的にも、人工的にも、すべてが日本よりも小規模なニュージーランド。
日本も今後どんどん少子化していくので、経済規模も縮小していくだろう。
そうなれば、もしかしたら、
もっともっと保護区への取り組みがしやすくなるのではないだろうか。

4000万人程度の人口でも国としては十分やっていけるし国力も落ちない。
むしろ自然環境を豊かにできると思う。

地政学的に日本はニュージーランドと違ってとっても微妙な位置に存在する。
人口を減らし、経済活動が縮小したら、
軍事力では逆に強化し、人手を必要としないハイテク戦闘機なども必要となってくるだろう。
ニュージーランドは英連邦に入っているので、
いざというとき(たぶん地政学的に有事はない)には、英国軍とオーストラリア軍が守ってくれる。
日本には、そういう「系列関係」にある軍事力のある盟友がいない。
基本的には自分自身で守らなければならない。

人口が減れば、使用電力も減り原発もいらなくなる、
そして、自然保護区を増やすことに専念できる夢のような国に日本がなってくれたらどんなに嬉しいか。そんな光景を日本にいるときはずっと妄想していた。
けれどそれと同時に、人口が少ないなりの国土の守り方、安全保障もきちんと考えなければいけない、そんな場所に日本はある。
のほほ〜〜〜ん、とできない立地の日本。
それが、南半球のニュージーランドから見ると手に取るようにわかる。
地理的条件、これは、その国の在り方に大きな影響を及ぼすんだなぁとますます実感するようになった。

大きなサイズで俯瞰して日本を眺めることができるようになったなぁとこの頃感じる。

日本にも海洋保護区がたくさんできて、
その近くで釣りをすると、驚くほど多様な魚に出会えて、
保護区に寄り添う人々が必要な分の魚を捕って食べて生きていく。
そんな日本にいつかなれることを夢見て。

 2014/07/29 07:31  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


自然災害パトロール


7月にはいってから暴風雨がわりと多かった。
ニュージーランドの場合、熱帯性低気圧ではないので、
「台風」とは呼ばないらしい。

けれど、私からするとあれはじゅうぶん台風だと思う。

日本に大きな台風が直撃しているころ、
ニュージーランドにも大木が倒れるような暴風雨が直撃していた。
大きな風が吹くと、たいがいワイヘキ島は停電になるので、
さすがに1週間に2回、ほぼまる一日の停電が続くと、
だんだん停電対策にも慣れてきた。

雨水タンクからの給水が電動ポンプなので、
水が止まった時用にトイレに水の入ったバケツを用意し、
キッチンにも水を入れた大きなボールを置いておく。
自然素材から出来ている洗剤を使用しているので、
泡をそれほどきちんと流さなくても人体に影響はない。
なので少量の水でお皿を洗う。

冬なので昼間のうちに薪を十分用意しておく。
夜間に備えて蓄電式のLEDライトと、ケロシンランプを用意する。
うちはキッチンがガス式なので停電で料理に影響は大して出ない。
暖炉でも料理が温められる。
この辺は、IHとかいうのが普及してなくて良かった〜と思う。

こんなふうに停電もいつものことになってくると、
人間だんだん余裕が出てきて、
大暴風雨の翌朝は、周囲の災害をパトロールするようになった。
プラス、サーフィンできそうな波が来ているかどうかも見るように。

やはり、こんなとき一番大忙しなのは電気屋さん。
ひたすら復旧。感謝です。


うちのドライブウェイにも大きな木が倒れるけれど、
このお宅も木が道を塞いでいた。

こういうのは、「うわぁ〜」という反応から、
「お!いい薪になる」という発想になる。
今年はなるべくこういう倒木や立ち枯れした木、
間伐材などで薪をまかなうことにしているので、
島の中を車で走ると、視点は薪探しになってしまっている。

とにかく、この手の大木が家に飛んでこなくて良かった。
それだけが最高の幸せ。

そしてオネタンギ・ビーチに行き、
あの暴風がどれだけ波を集めているかをチェックしにいく。
良い波、イマイチな波、以前はその違いがぜんぜん分からなかったけれど、
旦那さんから説明を受けているうちに、
私も波の成り立ちを見るのが楽しみにになってきたみたい。

美しい波は決まった条件の元に作られる。
うねりがあり、風がまとまり、美しい波を作る。
最近の災害パトロールは、波の成長を確認する楽しみにもなる。

まぁもちろん暴風雨などないほうがいろんな意味でいいのだけれど。

 2014/07/23 05:23  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


魚泡立つ、満月夜釣り


数日前のスーパームーン綺麗でしたね〜。

いつも20:30か21:00には寝てしまう私たちは、
夕飯を食べながら、
「最近、魚釣ってないねぇ。満月だし、夜釣りでもしてみようか」
という話しに突然なり、ケロシンランプ片手に釣りに出かけた。

車で20分くらいのところにオラピウという場所があり、
昼間よくそこに釣りに行くのだけれど、
そこで出会ったブラジル人ぽい青年に、
「夜は、このあたりの海は魚が泡立つように海面に現れるんだよ」
と教えられた。

魚が泡立つように海面に現れる光景なんて見たこと無いし、
なんだか伝説のようなおとぎ話のような話しに聞こえた。

そのオラピウに向かう道中、東から登ってきた満月が、
正面に見え、左に見え、山超え丘超え、私たちの行く道を煌々と照らしてくれた。

オラピウに付くと、桟橋の入り口に1灯の明かりがともっていた。
桟橋の先は暗闇だったが、
釣り竿を持って歩いて行くと、満月のおかげで足元までよく見えた。
大潮で今まで見たことが無いくらいたぷたぷに潮が満ち、
すぐ足元に群青の地球が広がっている。

風がまったく無く、あたりの海はさざ波ひとつ立てず、まるで湖面。
その鏡のようになった海面に月が映っていた。

青い
異様なまでに静かで美しい

こんな海に果たして魚がいるのだろうか?
糸を垂らすと、夜光虫が水の波紋にひらめき星空のように輝いた。
その光景を眺めていると、宇宙の中を飛んでいるようだった。

糸を垂らしてから30分、まるで音沙汰なし。
糸はぴくりともしない。

そのうち私たちは、
「魚って夜は寝るのかな?」
「暗くてもエサが見えるのかな?」
などという会話が始まり、この海のどこにも魚がいないという気分になってきた。

そうこうしているうちに、私は魚が跳ねるような水音を聞いた。
聞こえてくるのは桟橋の入り口の浅瀬のほうからだった。

釣り竿を持って外灯の方に向かって歩くと、
白い腹を見せて大きな魚が跳ねた!鰺だ。
その魚が跳ねた辺りまで行き目を凝らすと、泳いでいる数匹の魚が見えた。
うわぁ魚がたくさんいる〜と思っていたのがつかの間。
満潮で止まっていた潮が流れ出し、
それに合わせるかのように、どこからともなく魚の群れがやってきて、
海面につぎつぎ跳び跳ね始めた!
上空にはその魚を狙うカモメも飛来を始める。

白い魚、黒っぽい魚、中には40cmを超える魚もいる。
サヨリ、鰺、カーウァイ、肉眼で確認できるのはこの3種類。

もう網があったらすくいたいくらい、
水深わずか1.5mくらいのところでお魚祭りが繰り広げられた。

こんな魚いっぱいのいけすみたいな状態なのだから、
入れ食いになるかと思いきや、なぜか針に魚がかからない!
あまりの速さで泳いでいるので、
私たちの垂らす針に偶然ひっかかる魚を除いては、
針の先についたエサにはみんな目もくれないみたいだ。

死んでいるエサよりも今目の前にいる、
プランクトンや活きのいい小魚を食べることに集中しているようだ。

「魚が泡立つようにいるよ」

あのブラジル人青年の言うことは本当だった。

もういろんなことが神秘体験すぎて、大興奮だったスーパームーンの夜。
あの光景を思い出すと今でも胸が高鳴る。

「あそこって、毎晩あーいう感じなのかな?」

こうしてまた新たな疑問が私たちの中に生まれ、
次なるステージにいざなわれるのかもしれない。
 2014/07/15 06:12  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


ワイヘキアンの言いぶん


ワイヘキ島は、年々観光客が増えている。

夏のオンシーズンの週末ともなると、
いつもは1時間に1本だけのフェリーが、
時間によっては1時間に3本同時に出るくらい、ワイヘキ観光に行こうという人が増えたみたい。

そこで、オークランド・シティは、
オークランドにやってくる超大型外国客船が直接ワイヘキに寄港出来るように、
ワイヘキのフェリー乗り場、マティアティア湾をもっと開発しよう、
という案を出してきた。

これに対し、ワイヘキ島の島民はもちろん?!反対している。
島の新聞には「この開発に反対するために寄付をお願いします」という広告が頻繁に載るようになった。

ワイヘキ島という島は、
ニュージーランドが原子力発電所を取り入れようと検討した際も、
一番最初に住民が反対運動を起こした島でもあるので、
とにかく、過度な開発を嫌う。

週に一度行われる島のマーケットでも、
観光客にいちいち「島のことをたくさん宣伝しないでね」と伝えている人を見かけたことがある。

こういう都会から近い風光明媚な島は、
観光開発と環境保存のバランスがとても難しい。

私も、ワイヘキ島が盛り上がっていくのが嬉しい反面、
That's WAIHEKE TIME と言える時間が流れているこの島を、
そこそこの開発で止めておいて欲しいとも思う。

ますます大好きになる都会から近くて遠い島、ワイヘキなのであります。
 2014/07/13 16:03  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


自由すぎる不動産広告


島の不動産会社、自由すぎです。

島の週刊新聞に出された不動産広告見開き1ページ右側が、

『ワールドカップファイナルをうちの3つの大きなスクリーンで観よう!
好きなバリスタのコーヒー持って遊びに来てね』

ていうのと、

『お客様に「外のベンチに座っていっていい?」とはよく聞かれるけれど、この男はやりすぎた!』

と、外のベンチを盗まれたらしく、防犯カメラに映った写真を公開し、
『このハンサムな紳士かグレイの快適ベンチを島で見つけたら、
Mathew(マシュー)か警察に連絡してね、情報提供者には$500進呈、』
と書いてある(笑)

両方とも不動産と全然関係無いし、それにどことなく可愛らしい。

それにしてもこのベンチを盗んだ男性、
もちろん島の外に持ち出すことは不可能だし、
おちおち外でこのベンチを使うことできないですね。

『このベンチ、本当に返してほしいんだ』
と書かれているので、返してあげて欲しいなぁ。


ワールドカップの決勝は月曜日!
この不動産会社は海の目の前にあって気持ちが良いので観に行ってもいいかも
 2014/07/11 14:18  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


| 次へ
プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。