« 2014年03月 | Main | 2014年05月 »
最近のランスケ


最近ブログでランドスケープについてちっとも書いていないけれど、
もちろん、私にかぎってなにもしていないわけないのでした(笑)

私が「芝生エリア」と呼んでいるあたりの大改革を行いました。
苗や種がほぼ買わずに手に入るようになり、
もっともっと畑が必要になってきた。

というわけで、日光燦々、雑草は生えても芝生が育たない、
日が当たりに当たりまくっているこの「芝生エリア」を、
美しい畑にすることにしてみました。

以前は、日本からニュージーランドに来る度に、
こんなことになっていた手のかかる「芝生エリア」ちゃん。


これを、芝刈りし、雑草を抜き、芝生の種を蒔き、
とにかく美しい芝生びっしりを夢見てやっていたけれど、


もっときちんと土を入れなければフカフカの芝生は育ちそうもなく、
私の努力は連戦連敗でした。

けれど!この日当たり最高の場所を畑にすることで、
きっと美しいベジガーデンが出来るはず!と発想を転換。

そうと決まってからがあっという間でした。
あっという間と言っても、それなりに大変な作業だった・・・。
まず、土地が平らではなく波打っていたので、
四角四面な畑の枠を置くと水平にならない。
全体的に出来損ないの整列っぷりででこぼこと傾いている。

「美しい畑」にこだわりのある私は、
まず畑の枠が水平になるように整地からスタート。
これにはかなりの根気と土の量が必要でした。

思えばこれが私の ”整地” とのお付き合いの始まり。。。。
(この後の他のランスケはことごとく整地を要するものばかりだった!)

畑の周囲は雑草がはびこらないようにウィードマットを敷き、
その上に砂利を敷いた。
この美しい砂利のエッジの周囲に、
これまた美しい芝生を生やすために、
wool gro」という、芝生の種が織り込まれた、
ウールと紙で出来たロールマットを敷いた。

この「wool gro」のキャッチコピーは、
「The easy way to create the perfect lawn and vegetable garden」
「パーフェクトな芝生とベジタブルガーデンが簡単に作れる!」
まさに私の希望通り。

ただ土に芝生を蒔くと、風で飛んだり、雨水に流されたりして、
斜面などに均一に芝生を生やすことが難しい。
この「wool gro」を敷いて、上に薄くweed free(雑草の種が混じっていない)土をかけ、完成!



写真手前の小さな樹木は、
駐車場との区切りとして生け垣を作るために植えたジャスミン。

あとはこれからやってくる雨季がもたらす恵みの雨で、
芝生がじゃんじゃん育ってくれるのを待つだけ
 2014/04/11 10:29  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


イエロー・ストロベリー・グァバ


我が家のドライブウェイを登り切った左側に、
なんの木か分からず、
マヌカの品種違いを植えるために伐採してしまおうか迷った木がある。
けれど、葉っぱの形状が綺麗だったのでしばらく様子を見ていたら、
1月か2月頃、白いホワホワした花が咲いた。



綺麗な花が咲くのねー、と思い、
この子にもきちんとお水をあげよう、と、
毎朝欠かさずお水を与えていたら、
梢の先のほうになんだか黄色い実がなっている。
ぱっと見食べられなさそうだったけれど、
匂いを嗅いだら甘〜〜い香りがする。
指の腹で割ると、それはすでに柔らかくぺろっとなめてみたら、
おいし〜〜〜〜い!!

味はグァバなんだけれど、私が知っているグァバはピンク!
ネットで調べてみたら、
「ストロベリー・グァバ」という品種でした。

それがわかってからは、
他のまだ青くて小さい実のために、せっせと水やり。
今後は土の管理もきっちりやる予定。
切らなくて良かった〜。

大きさの割に種が多いので、
ベジフルで圧搾ジュースにするといい気がする♪♪

 2014/04/10 16:40  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


春のアロマキャンペーン


ニュージーランドより直接お届け。
TUTURU」で <春のアロマキャンペーン♪>が始まりました

ーーーーーーーーーーーーーーー

4月に入って、新しい生活を始められた方も多いのではないでしょうか。

お部屋を片付けたり、模様替えしたり、春は気分転換にピッタリの季節。
そこにアロマの香りが加わると、さらに気持ちのよい空間に仕上がりますよね。(^^)

アロマの香りで、ホッと落ち着いたり、気分がリフレッシュされたり。
精油が私たちの心に与える影響は測りしれません。

つい先日、日本のテレビ番組でも「認知症予防にもアロマが効く!」
というのが話題になったそうですね。


すでに日常的にアロマを取り入れてらっしゃる方、
また、これから「香りのある暮らし」を始めてみようと思ってらっしゃる方のために

精油(プレミアム、オーガニック、オールパーパス、3%希釈、ブレンド)と
アロマウォーターを、すべて【10%OFF】でお届けしたいと思います!

*今回はトゥトゥルの会員さま限定セールとなります。


★精油&アロマウォーターの一覧はこちら>>>
本日より4月20日まで10%OFF】
 2014/04/09 06:21  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


アウトドアでスイート・ルームを


このキャンピング・トレーラーすごい!!
ベッド、キッチン、トイレ付き。
ベッドがあるキャンプなんて快適そう〜!



詳しくは、こちらのサイトをご覧ください。
組み立ては電動らしいのですが、その変身ぶりにビックリ!
残念ながら、2012年で製造販売を中止しているそう。
復活するといいですね

 2014/04/05 17:18  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


DEPOT EATERY AND OYSTER BAR


オークランド・シティの美味しいレストランどこですか?
と日本の方に聞かれてもほとんど答えられない私ですが(^^;)、
先日、とっても美味しいオイスター・バーに行ってきました。

シティの中心街にある、
DEPOT EATERY AND OYSTER BAR



お料理はもちろん美味しかったのですが、
細かいことを言うと、店の什器やインテリア、
テーブルに対してのディッシュのサイズのバランスの良さ、
オーダー料理の出すタイミング、接客、
そういう点がとっても快適で、楽しい食事になりました。

ニュージーランドのレストランで、狭いテーブルに通されて、
頼んだ料理を一気に運んで来て置ききれない場合など、
フロアスタッフが、お客さんが工夫してテーブルを空けるのが当然のごとく待つ、
という光景にしばしばあたります。

たまに、意地悪かもしれないけれど、
「テーブル置ききれないけれどどうすればいい?」と
スタッフに聞くときがあるくらい。

この「DEPOT EATERY AND OYSTER BAR」は、
割と小さめなハイテーブルを多く設置してあったので、
どうなるかと思ったら、お皿のサイズが小ぶりで中身も食べ切りやすい量、
かつ、前のディッシュが食べ終わる頃に次のディッシュと、
ぽんぽんぽん、と気持ち良くお料理が供され、
スタッフが店内に目を配り、
くるくるよく働く快活な雰囲気で、見ていてすごく心地良かった。



さて、お料理ですが、私たちが今回オーダーしたのは、
まず牡蠣!ちょっとブラフに似た、でもブラフではない牡蠣。

エイの唐揚げ

ピピ(貝)が入ったイカスミパスタ


スターターがオイスターだったので、
ワインは南島のシャルドネをチョイス。
もう抜群に合いすぎてオイスターをおかわりしてしまいました。

写真1番上の貝の写真、右側に並んでいるのは、
こちらではコックルと呼ばれているクラム貝で、
買うとそれなりにするのですが、
ワイヘキ島では、これより小ぶりですが、このクラム貝がわさわさ採れるので、
もうお金を出して注文する気になりません。
イカスミパスタに絡めてある、ピピという貝も沢山採れます。

こういう手に入る食材も、
そのレストランならではの味付けで食べられることこそが外食の醍醐味。

この「DEPOT EATERY AND OYSTER BAR」の味付けも、
ちょっと簡単には解析できない工夫が凝らされていました。
家で再現するのはちょっと無理かも。

割といつ行っても混んでいるらしいこのお店、
ちょっとお薦めです
 2014/04/04 16:06  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


前へ | 次へ
プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。