« 2013年10月 | Main | 2013年12月 »
素数が生み出す曼荼羅


素数・宇宙・曼荼羅

これらはすべて同じものを現しています。

素数に関しては、「宇宙は素数で成り立っている」と言われているのを、
聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

インターネットで、「素数」「宇宙」というキーワードで検索してみれば、
数限りなく、その素数の不思議に関する記事がたくさん見つかります。

素数とは、それ自身と1以外に約数を持たない正の整数のことです。
2,3,5,7,11,13....と無限に続きます。
この素数列の並びはランダムに見えます。
しかし、2人の有名な数学者が素数と自然界においてとても重要な数を結びつけました。

まったくランダムに見える素数に関する式を無限個掛けあわせると、
世界で最も美しい数πがでてくるのです。
これによって、レオンハルト・オイラーは、
素数と円や球体が何らかの関係を持っていることを発見しました。

私も以前から、この3つには興味があったのですが、
縁があり、この「素数」を使って糸をかけていく、
「シュタイナー 素数糸かけ」というワークショップに行くことができました。

この「素数糸かけ」なるものを教えてくださったのは、
メアリー・アカシャさんという方なのですが、
メアリーさんは、アカシック・レコード・リーダーでもあるのです。

アカシック・レコードとは、
これまで宇宙で起きたことすべて、そして、これから起こりうることすべての
出来事、思考、感情、信念のエネルギー的記録。

ウィキペディアによると、

ーーー
神智学協会ドイツ支部事務総長ルドルフ・シュタイナーは、
1904年から1908年の5年間にわたり「ルツィフェル・グノーシス」において
「アカシャ年代記より」を寄稿し、
同時期の1910年にはレッドビーター(C.W.Leadbeater 1854-1934)が、
アディヤールにおいて、
アトランティス時代から28世紀の間の地球の歴史に関する、
アカシックレコードの霊視を行っている。
ーーー

とあり、素数・宇宙・曼荼羅・アカシック・レコードと、
私の興味の対象がつまったこのワークショップは、
あることを知った瞬間、直観で「参加したい!」と判断したものでした。

シュタイナー教育の中では、この「素数糸かけ」が行われているようです。

難しい話しはこれまでとして、
ワークショップでどのように糸かけをしていくのかを簡単にご紹介したいと思います。

まず、30cm画の板、ピン、20色の糸を、
メアリーさんのほうで用意してくださっていました。

その板に、同じくメアリーさんのご用意してくださった図面を元に、
64本のピンを打っていきます。



そして、「最初のピン」を選びます。
糸かけは全部で9周するのですが、いつも始まりは同じピンです。

そして、そのとき1番好きな色の糸を選びます。
その最初のピンから、時計回りに31本目のピンに糸をかけます。
そこからまた31本目のピンに糸をかけます。



この時点ですでに感動していた私なのですが、
そうやって64本すべてにかけおえると、
1つめの円が現れます。



2周目は、次の素数29に従って糸をかけていきます。
29本目のピンを右回りに順番にかけていきます。
数え間違えてかけ間違わなければ、真ん中にかならず正円ができます。

2つめをかけ終わった状態。



この色糸を選ぶ作業、数を数えることに対する姿勢、
自分への疑い(自分の数えた数が疑わしい)、
他人への疑い(自分の数え方は間違っていないと主張)、
時間の気に仕方などに、
精神状態や、その人のコア、過去、その他もろもろが、現れるのです。

私はピンを打っている段階で、身体が曲がっていると指摘を受けました。
(実は、5日ほど前にギックリ腰をしていたのです!)

実に興味深いですね。

3周目は素数23でかけていきます。



色の濃い薄いの違いが、
エネルギー(振動)の高さを現すお話なども興味深かったです。
ちなみに、薄い色のほうがエネルギーが高いようです。
繊細で消えやすい。

4周目は素数19でかけていきます。



5周目は素数17でかけていきます。
この数字のパターンは複雑で、何度もかけ間違えました。



6周目は素数13。
この数字は私の誕生日でもあり、勝手にマイ・ナンバーと呼んでいました。
素数13でかけていくと、ペンタゴンが現れます。
そして、この13は非常に単純でもっとも糸かけしやすい数字でした。



このあたりで、メアリーさんに、「エネルギッシュですね」と言われました。
エネルギーチャージを求めていたのかもしれません。
実際、11月は風邪を2度も引き、咳のついでにギックリ腰にもなり、
かなりエネルギー低下していたのは確かです。
そして上昇エネルギーを感じ始めていた時でもあったので、
糸の色にもエネルギーを生み出すものを求めていたのでしょう。

7周目は、素数11。



8周目は、素数ではないけれど、
調和を取るために、9という数字でかけます。
もしもここを次の素数の7にするとどうなるのでしょう?
そういうことにも興味が出ましたが、
9という数字に調和をもたらす意味があるということなので、
そこは素直に9でかけます。



ここでメアリーさんには、「芯がブレないですね」と言われました。
自分で言うのもなんなんですが、
あまり迷うとか、そういうものは確かに私の中にはないです。

そして、最後の9周目、
ここで再び最初にかけた素数31を、
ピンの頭のすぐ下にかけるようにして、浮かせます。

ここで、心の中で求めていたものと違った色を私はチョイスしてしまいました。
頭の中に広がった、この色が最後なら美しいだろう、
という観点で選んだ色。



しかし、この最後の糸をかけている最中から、
なんだかモヤモヤしたものが心に広がり、
出来上がった後は、さらにモヤモヤしました。

もう遅い時間だったので、家に帰ってから、
糸の山から、自分の心に沿った色を選び出し、
9周目の糸を外し、再びかけなおしました。

すると、さーーーっっとすべてがクリアになり、
その現れた曼荼羅から、あらゆるエネルギーがチャージされるような、
中心からグワン、グワンという力強い脈動を感じたのです。



そのとき求めている色を選び出す。
それが大事なこと。

このときばかりは、
自分の中のコアと宇宙の源が繋がっているとしっかり感じました。

スピリチュアルなものと、現実とのバランスが取れない方にも、
この素数糸かけはお薦めです。

 2013/11/28 22:32  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


本場香川でひたすらUDON !


岡山のお友だちを訪ねに、
岡山と四国3泊4日の旅に行ってきました。

友人の車に乗って、瀬戸大橋を渡り、
いざ香川県へ!

目的はもちろん UDON !!
単純な私は、映画「UDON」を見てから、
あの「通(つう)」そうな、正麺所めぐりを、
いつかやってみたい!と思っていたのでした。

前日の夜、友達にガイドブックを渡されましたが、
あまりのおびただしい数のうどん屋さんに、目が点・・。
すべてを友達のガイドにまかせることに。

まずは、「がもう」さん



だいたいのうどん屋さんでは、
うどんの上にのせる具が別売りされているのですが、
より多くのお店の味を巡るために、
ネギのみのせてほぼ素うどんで統一することに!



実はこの時点ではまだ気づかなかった、
もう1点食べ比べするのに重要な統一事項があったのです・・・。
(それは後ほど書きます)

そして次に、山奥にある「やまうち」さん
(簡単に「次」と言っても、それぞれ30kmほど離れています・・)
情緒たっぷり!



このあたりから麺の美味さの違いとともに、
当然ツユの出汁の違いなどを味わうこととなるのですが、
イリコ、カツオ、コンブ、シイタケ、などなど、
数ある出汁、合わせ出汁、いったいどういう組みあわせなのか、
私の舌は割とトンチンカンなことが判明



ここで、最初に書いた「統一すべき重要項目」に行き当たりますが、
時すでに遅し(まだまだ後に書きます)。

3軒目の、「富永」さんへと向かいました〜。



普通の民家です。
土足で上がるのに抵抗を感じながらお家の中へ。
おうどんに、軽いおかずがついていました。



この「富永」さんのうどんをもって、
目標5店舗(5杯)!でしたが、
私の胃袋は、あっけなく3杯でギブアップ。

結局、午後は、香川の別の名物を食べることになり、
うどん巡りはここで終了したので、
もしも次回またうどん巡りする時には、
ちらちら書き記した、重要な統一項目を取り入れたいと思う。

その私が個人的に思う重要な統一項目とは、
注文の際の、うどんと汁の必須選択項目である、
「冷(ひや)」と「熱(あつ)」を、全店同じように指定すること!

ちなみに、「冷・熱」でと指定した場合、
「うどんが冷たくて、汁が熱いもの」となって、
うどんの指定・汁の指定、という順番のルールがあるようです。

最初の「がもう」さんでは、
「冷・熱」
2店目の「やまうち」さんでは、
「熱・熱」
ここで、うどんのコシの違いと汁の味の濃さの違いに気づいた私は、
この注文方法を統一しないとフェアじゃない、と判断。
3店目の「とみなが」さんでは、
「冷・熱」にしました。

「冷・熱」「熱・熱」「冷・冷」は好みがあるので、
どれを選ぼうと自由なのですが、
食べてみて思ったのは、
うどんは「冷」のほうがコシがあるように感じられ、
汁も「冷」のほうが汁の味が濃く感じられるということ。

歯ごたえと汁の味をしっかり感じるほうが、
私は「美味しい」と感じる味覚を持っているので、
冷えたうどんで熱い汁が少し冷えた状態の、
「冷・熱」で注文するのが、私にとって食べ比べしやすいと判断

ぬるいうどんが好きじゃない方には「熱・熱」がお薦めですが、
猫舌の私にはちょうど良いです

素人なうんちく並べましたが、
ともかくおうどんは本当に美味しかったです!
胃袋に余裕があればあと2軒は行きたかったです。

最後に、香川県の別の名物について。
それは「骨付き鳥」です。



けっこう大きな鶏肉。
このカリカリにローストされた塩胡椒のみで味付けされた鶏肉と、
おにぎりを食べるのが一般的な食べ方だそう。

この骨付き鳥が胃袋におさまり、
満腹過ぎな私たちは岡山への帰路につきました。

いつかまたチャンスがあれば、
香川県うどん巡りをしたいと思います
 2013/11/21 11:17  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


きりたんぽとみかん


きりたんぽ
秋田の名物って知りませんでした。
それもそうだけれど、きりたんぽがなんなのか、
いまひとつわかっていませんでした。

そんな私が、きりたんぽを自分たちで作って食べる、
というイベントに参加してきました。
お誘い受けた当初はかなり「?」な状況だったのですが、
参加してみて、これは超楽しい−!!!!な体験結果となり、
とっても満足した一日になりました。

まず、開催場所は神奈川県なのに、
なぜ秋田県のきりたんぽなのか。

ここに私自身ものちのち惹かれた理由が存在していたわけですが、
ようは、面白いイベントの陰に未来を支える若者の姿あり!
ということです

まず、開催場所の「あきさわ園」、
江戸時代から続くみかんの産地で、
こちらの現当主秋澤さんは、大変お若い方なのです。

その「あきさわ園」さんと、
秋田県から「トラ男」と名乗る若者、武田くんがタッグを組んだわけです。

この「トラ男」というのは、「トラクターに乗る男前たち」の略です!
リンクを見て頂ければよーくわかるのですが、
この「トラ男」一家は、秋田の若手米農家とプロデューサーから出来上がっているのです。

なんて興味深いんだ。

今回参加したこのイベントは、
まず、子供向けに、「どうやってお米が出来るのか」という紙芝居があり、



そして、「トラ男一家」のプロデューサー・武田くんの、
現在の秋田の米農家の現状&若手の活躍のプレゼンつき!



ふむふむ、ほーほー、と納得している間に、
こーんな素敵なカマドで炊いたご飯が、
(またこの女の子が、リアル・ジブリなんだ)


だーん!と登場!



みんなでこのご飯を指導のままにこねこねこねこね



それを串にギューっと巻き付けて、
焼き焼き焼き焼き、
その間に、さっきの素敵なカマドで作られた鍋が・・・



だーん!と登場、そこにきりたんぽを沈まないように入れて・・・



これがなくっちゃ、きりたんぽ鍋は語れねぇ、らしいセリ菜がばーっと入り、
完成!!!



セリ菜は根っこまで投入されて、
これがまた「いったいなんなんだ!」というくらい美味しくて、
私はお椀3杯食べました

たらふく食べたあとは、
「あきさわ園」さんは、今はみかんが旬ということで、
食後のデザートにみかん狩りに出発!

これがまぁ少々山の上にあってですね、
ちょいちょいハードな道のりをみかん畑まで歩きました。

道のりの途中には美味しそうな柿がたわわにあったり、



紅葉がはじまったお山の新鮮な空気を吸いながら、
里山のありがたさを身に染みて感じたりしたのでした。

到着したみかん畑には、それはそれは立派なみかんがどっさり!



もうそこで、動けない!というくらいにみかんを食べたのでした。
甘くてびっくり!です。

そして、私が感動したもう一つの風景はこれ!



「キウィの谷」です!!
キウィは、自らの葉で作り出す陰の下、
とっても大きな実を実らせていました



「あきさわ園」さんは、車庫の上にもキウィがなっていたり、



パッションフルーツもわさわさなっていたり、



とってもとっても素敵なお宅なのです。

今回は、減反廃止政策を前に、
秋田の若手米農家のお話を「トラ男」から聞き、
彼らが作ったお米を食べることができたこと、
そして若手フルーツ農家の「あきさわ園」にて、
素晴らしいフルーツ作りを見させていただいたこと、
これら体験によって、
日本の農業は、その製品自体と作り手の心意気において、
世界のどこにも引けを取らないと実感!!

都会で暮らすオシャレ・ピープルに、
ぜひ里山に足を運んで頂きたいと思います。
ほっこりしますよ〜
 2013/11/20 18:38  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


雑草酵素ジュースを作る


ずーっと前から、
雑草って食べられないのかなぁ
と思っていた。

今年の5月に縁あって、
淡路島で雑草から酵素ジュースを作る人に出会った。

そして、先月末にまた縁あって、
かわしまよう子さん主催の「草のこと教室」に参加することができた。


そこで、ふだん「雑草」として処理されていた「草」たちについて学んだ。



「草」たちには不思議で、時に笑える名前がきちんと付いていて、
もともとは園芸用として持ち込まれたものが野草化したり、
由来のお話を聞くととても興味深い。



これは天ぷらにすると甘みがでてとっても美味しいんですよ〜、
などと丁寧に説明してくださる先生。
野草を摘むときには、「いただきます」という気持ちで摘む。

ニュージーランドでも「敵」扱いだった草たちが、
一気に身近に感じ始めた。

視点を変えると、草原がサラダガーデンに変わる。
「草」をよく見ること。
そんな意識の変容が世界を広げ生活を豊かにする。



摘んだ草花は、綺麗に洗われて、
酵素をたくさん出してもらうべく砂糖にまぶされる。



なるべく傷つけないように優しくかきまぜる。
毎日一日一度かき混ぜてあげて1週間。
ぷくぷく泡立つ酵素ジュースの出来上がり。

今回私は、数週間後に日本を発つので見学だけ。
他の参加者のみなさんはこの下ごしらえされた砂糖漬け野草を持って帰っていました。
ワイヘキ島に戻ったら、美味しそうな野草を摘んで、
さっそく実践したい。

あ、ちなみに
木の実や果実もいれていいんです。
どんぐり、カリン、いろいろみなさん入れてました。



人それぞれが持つ常在菌の違いが出て、
味も人それぞれ。

かわしまさんは、
お教室の後も、メールにて名前の知らない草について教えてくれるそうなので、
お家の周りにある見知らな草のことも聞くことができます。

繁殖力旺盛な「野草」の酵素をたくさん身体に取り入れたい。

 2013/11/19 10:11  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


ハーブティーが喜ぶティーポット

前ブログで紹介した「マリエン薬局」、
レメディウムと一緒に注文した製品の中で、
実は私がもっとも期待していたものはコレ!

「デトックスブレンド」ハーブティー!



ハーブティーは、ニュージーランドのブランド、
アルテミスの、肝臓用、腎臓用、胃腸用、免疫用、などの、
オーガニックハーブティーをいつも飲んでいますが、
今回マリエン薬局で注文した「デトックス・ブレンド」は、
「体内にたまった老廃物・毒素・有害な重金属の排出を促し、身体の新陳代謝を活性化するブレンド」
とのことで、この「有害な重金属の排出」に惹かれ購入しました。
私たちは食べ物を通じてこの重金属を身体に溜めていることが知られています。

そして、このハーブティーを効果的に飲むために、
最近私が見つけたティーポット、
タイトルでもある「ハーブティーが喜ぶティーポット」
をご紹介したいと思います

それは、IWAKIの「ジャンピングティーポット」!



紅茶の茶葉のように、
出過ぎて渋くなったりすることを懸念する必要の無いハーブティー。
むしろ、茶葉にはこれ以上でないというくらい十分にそのエキスを出して欲しい。

このジャンピング・ティーポットは、
ティーポット全体で茶葉が自由に動き回れるのが特徴で、
薄いフタの部分にフィルターがセットされているので、
注ぐ際に外部に茶こしをセットする必要もない。

この手の形状は、急須など、内部に網を張ったものでも同じでは?
と思うのだけれど、筒状になった注ぎ口内部と、
ポット内部に張られた網が洗いづらい点が問題でした。

けれど、このジャンピング・ティーポットであれば、
ティーポット内部全部で茶葉を開かせることが出来て、
注ぎ口も、フィルターもすべて綺麗にしかも簡単に洗える。

ジャンピング・ティーポットは、いろいろなメーカーから出ていますが、
私はステンレスのフタを採用したIWAKIのこのティーポットがお薦め
ポットの丸みと取ってとのバランスがとても美しいです。

カップ約2杯半分のたっぷり容量も魅力。

紅茶の茶葉のように「出過ぎる」心配がまったくない、
むしろ出し切って欲しいハーブティーにこそぴったりの製品だと思います。

これはニュージーランドに持っていくこと決定!

丁寧に選りすぐられたハーブ、
その小さな花や葉が自由にティーポットの中で舞う姿を見ながら飲むのは
なかなか良いものです

 2013/11/08 09:40  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


| 次へ
プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。