« 2013年06月 | Main | 2013年08月 »
温泉プール


一応火山国なので、
ニュージーランドにも温泉があります

北島では、ロトルアという町が温泉では有名なのですが、
シティ近郊にも車で1時間圏内に5カ所くらい温泉施設があるとのことなので、
さっそく連れて行ってもらいました

WAIWERAというこの温泉、
実は、WAIWERAというお水がスーパーにも売っているのですが、
そのお水の採水地でもあるようです。
スーパーでは普通のプラスチックのボトルに入っていますが、
ここではちょっとオシャレなガラスのボトルでも販売していました。



ここに来てみて気づいたのですが、
いつもWAIWERAを飲む時に、硬いなぁとなんとなく思っていたのは、
もしかして鉱泉水だからかも?!と。



最近はいつも行っているスーパーに、
このWAIWERAのお水が出回らなくなったのですが、
なんだかこの温泉に来てからちょっと惜しい気分になりました。

そして肝心の温泉はというと、
日本と違って水着着用で、プールになっています。



全部のお風呂がすべて外にあるので、
水着になったら寒いので速攻プールにドボン!!



屋根付きのプールが1番温度が高かったので、
ここで十分に温まってから38度のプールに移動し、
そこで芯まで温まったら、
また高温のプールに移動してフィニッシュ!

泉質は、少し硫黄の匂いがしたので、
おそらく硫黄系の無色透明単純泉水。

夜になってもまだまだ身体は温かく、
やっぱり冬は温泉だなぁ〜と、
ニュージーランドでも温泉に行けたことに感謝です

滞在中、他の温泉プールにも行けたら行ってみたいと思います
 2013/07/27 17:16  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


ワイヘキ島 オリジナルビール


ブティック・ワイナリーが多数あり、
ワインが有名なワイヘキ島ですが、
実は、1カ所だけビールを造っています。

私はビールを飲まないのでまったく興味無しだったのですが、
ビール党の方へのお土産にちょうど良いと思い、
さっそく醸造所に買いに行ってきました。

まず、ボトルのデザインに一目惚れ。
こんなんだったらビール飲めない私も飲んでみたい!
これを飲んでいる姿がナイスな気がして(笑)

冷えたビールしか置いてなかったので、
これを持って飛行機移動することを考えて、
「今すぐ飲むわけじゃないので常温のものは無いかな?」
と聞いたところ、
添加物、保存料、一切使用していないので、
ミルク同様、冷蔵庫以外で保存出来ないとのこと!

なので、家に帰ったら即冷蔵庫に。
移動の際は保冷バッグで運ぶことになりそうです。

というわけで、冷蔵庫内にて撮影失礼


味は全部で4種類1本ずつ購入してみました。
飲んだ時の感想を聞いて、今後の参考にしたいと思います。
 2013/07/26 15:51  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


オシャレなスパイスたち

サタデー・マーケットの後は、サンデー・マーケット(笑)
ということで、
ワイン会の翌日、TAKAPUNAのサンデー・マーケットに朝から行ってきました。

TAKAPUNAは、下の写真(夕刻撮影)、
真ん中にそびえる屋根が三角のビルがある町。



遠そうですが、隣の町なので、車で5分ほど。
前日のOTARAよりも、店も人もかなり洗練されているマーケットでした。

そのTAKAPUNA SUNDAY MARKETで、
ちょっとオシャレなスパイスを売るテントを発見しました。
東京のショップで売っていたらすぐに話題を呼びそうな感じ。

こちらはグラインダー式のペッパーたち。
すでにいろいろなスパイスがミックスされ、
どんなお料理に使うとその深みを最大限に発揮できるのかが、
パッケージのアイコンに表示されているのが可愛らしいです。



詰め替え用のスパイスのパッケージがまた可愛い。


細かいところにちょっとしたデザインが入っていて、
誰かにプレゼントしたくなる雰囲気満載。



これらスパイスの取り扱いは、
「Shadie Stables」
17 jamieson road
r.d.2. pukekohe
Auckland 2677
Mail:shadiestables@xtra.co.nz
 2013/07/25 07:10  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


美味しいオイスターを求めてプチドライブ

先週の土曜日、
その夕方から行われるワイン会のために、
ノース・ショアから車で40分くらいのところにある、
「CLEAVEDON」という場所までプチ・ドライブに行ってきました。

土曜日ということもあって、
その途中にある、OTARAという町のサタデー・マーケットにも立ち寄りました。



ニュージーランドはマオリ族の国です。
マーケットにはいろいろ種類がありますが、
このOTARAのサタデー・マーケットは、
マオリ族のためのマーケットようなもので、
生活雑貨から、食べ物、工芸品、衣類、などなど、
ほとんどがマオリ仕様。
あまり見たことのないラインナップ
それらを一部ご紹介。

トライブ(種族)のマークをプリントしたTシャツショップ

何かの木の皮にペイントを施したバッグ

おそらくポリネシア民族衣装。

ネイティブ・グラスで編まれたバッグ。

マオリの食卓には欠かせないタロイモなどの野菜たち。


この日、興味心から、タピオカから作られたという、
餅のようなパン?を買ったのだけれど、
日本のお餅が食べられない外国人と同様に、
そのパンの有効な食べ方が出来ず無駄にしてしまい、
とっても申し訳無い気持ちになった。
無駄にしてすみません

初めて味わった、不思議空気のマーケットを後にし、
いざオイスターを買いに!

OTARAから更に40分近く走り、
磯の香りがしてくると、ありましたOYSTER SHOPが!



この間食べたBAY OF ISLANDの牡蠣よりも、
やや肉厚で大ぶりなCLAVEDONの牡蠣。



オイスターで作られたディップと共に3ダースほど牡蠣を買い、
CLAVEDONの町の中心地あるオシャレなカフェでランチを取りました。



外観&内装とメニューは、
オーナーのポリシーが表れるので、
ある程度リンクしていることがほとんど。

ここのカフェの店内はアート作品が展示してあったりして、
ちょっとオシャレ。
片田舎だといって侮れない、
一工夫されたディッシュでした



その夜、このCLAVEDONのジューシーな牡蠣を、
美味しいワインとともにたっぷり存分に堪能したのでした。

 2013/07/22 06:45  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


A DAYS at AHIPARA BAY


先週は2泊3日で、
ニュージーランドの北端、
90マイルビーチの付け根、アヒパラ・ベイというところに行ってきました。

とってもとっても小さなヴィレッジで、
何が有名って、サーフィン!
私はサーフィン出来ないですが、
ここは、世界にも誇れるニュージーランド国内有数のサーフ・ポイントらしいです。

夏ならば海水浴ももしかしてできるかも、な砂浜から、
なんと、写真のような岩場の上を車で走り続けると、
(初めは、え?!この上走るの??と思ったけれど)



サーフィンする人の車があちこちに止まっているところに出ます。



車の下がこすれても気にならない人はガリガリと、
気になる人はゆっくりと慎重に、
そこそこ運転技術が問われる道のり(私は無理!)。



引き潮の時しか出来ないし、
ここまで来て良かった〜、と思える非常に美しい波を眺め、
気持ち良さそうに海に浮かび波に乗る人々の姿を堪能した。



そして、海から上がったパートナーに連れられ、
海岸に面したこの砂丘を登ることに。。。



頂上に着くと、素晴らしい景色が待っているとのことで、
わたくし、ウェスタンブーツというビハインドにもかかわらず、
かなりの傾斜を頑張って登ってきました。



頂上からは、弧を描いて左に延びる90マイルビーチが臨め、
車で走ってきた岩棚もよく見ることができた。



頂上に着いた直後は酸欠(運動不足!)により、
少々気持ちが悪くなった私ですが、
だいたい、こういうことの後に必ず思う、
「登って良かった〜!!」と大満足。



このアヒパラ・ベイは、
サンセットもサンライズも両方美しく眺められるところで、
毎夕、毎朝、神々しい光に包まれるのでした。

sun set

sun rise


オークランドから5時間近くもかかるので、
そうそう行けないですが、とってもひっそりとした素敵な場所なので、
また機会があれば行ってみたいなぁと思います。

帰りの道すがら、Bay of Islandsの牡蠣を買ったり、
オランダの輸入チーズを扱っているお店で、
チーズテイスティング&ショッピングをしながら、
また5時間かけてオークランドに帰りました。

充実の2泊3日で、
初めての場所を堪能できました〜。

毎朝同じ朝日を眺めることは出来ないので、
あの黄金色に輝く朝日は胸に刻んでおこうと思います



 2013/07/17 16:31  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


| 次へ
プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。