« 2012年12月 | Main | 2013年02月 »
お水戦争



毎日素晴らしい快晴が続いています。

そのいっぽう、
最後に雨らしい雨が降ったのは昨年の12/25が最後で、
それ以来地面にしっかり届く雨はまったく降らず、
カラカラに乾いています。

お水不足の深刻さはますます増し、
この小さな島の中で、身近に迫った水不足に、
世界のお水事情に思いを馳せる。

いま、私のお家は、
雨水タンクの残量が1週間分の生活水を残すのみとなり、
お金を払えば買えるお水がやってくるまで、
かなりの節水を強いられている。
お金を払えばすぐ来るかというと、
お水のデリバリーをする会社がフル回転で対応しても、
注文から3週間後!!という現状。

お金はすぐに喉を潤してくれない。

お料理するのも、お皿を洗うのも、
トイレを使うのも、身体を洗うのも、
農作物にお水を与えるのも、
優先順位をよく考え、やたらと排水を捨てない、
ヤカンに残った沸かした湯の残り水、
野菜を洗った水、すべて排水せずに、そのお水を植物の水やりや、
緊急時のトイレの水に回すように取っておくなど、
常に常に1滴も無駄に排水してしまわないように考えている。

そうやって、ずっと考えていると、
一部の中国人が日本の水の水源を買い漁っている事実の重大さが、
より深刻に感じられてきた。

地球上には、綺麗な水と汚れた水がある。

地球上のお水の量は変わらないので、
常に一定量が循環しているのだけれど、
その浄化システムを担う、
森林や地下層の処理には人間の消費スピードよりもっと時間がかかっている。

なので、地下水や湧き水を確保している地域は別として、
人間自らが浄水などして使用していることになる。

私は雨水を自分の家に設置したシステムで浄化しているから、
その大変さが身に染みて分かっているのだけれど、
水を薬品を使わずに、ピカピカにするには大変な労力がいる。

まして、ミネラルウォーターのような、
味わいのある純粋な美味しい水にするのには、
大自然の力が不可欠。

人間が浄化する水は、薬品を使わなければ落ち葉(タンニン)やホコリの味がする。
それをこの島で暮らして知った。

雨どいを常に綺麗にし、
タンクに入る前にフィルターをかけ、
家に入る前にフィルターをかけ、
口に入る前にさらにフィルターをかける。

これでようやく、落ち葉やホコリの味がほぼなくなる。

これを思うと、
近未来の映画じゃないけれど、
純粋でピカピカのお水が高騰し、
その水源を持っているものが世界を制するという図式が浮かぶ。

綺麗なお水。

これがないと生命は存続できないからだ。

日本では、ここでは考えられないくらいのお水を私も消費していて、
そのお水が、ピカピカの水かそうでないか、
それぞれのお水にどれぐらいお金を支払っているのか、
食べ物と一緒で生きていくのに必須の水源を、
それもピカピカのお水が採れる水源を抑えているのは誰なのか、
そんなところまで考えてしまった。

綺麗なお水で作られた身体は当然病気のリスクが減る。
これは単純な図式。

世界の水質レベルがその国の生活レベルなのだ。

いま、自分がどれだけ綺麗な水を使うことが出来ているのか、
そのことを考えるだけで、生活意識が変わるかもしれない。

ワイヘキ島では、各家に設置が義務づけられている下水処理施設で、
生活排水を無色透明にまで濾過したあと、
それを環境に還している。
そして、その後の濾過を自然に任せている。

それが巡り巡って雲になり、雨になり、また私の雨水タンクに還ってくる。

そう思うと、地面に何かを捨てるときも考える。
雨水タンクに還ってくる以前の、
畑の農作物や、周囲の植物への直接的な汚染である。

汚れた水を捨てる時も、
畑から離れた場所や低い場所を選ぶようになってくる。
化学物質が含まれた汚水(ペンキで汚れたブラシを洗った水など)を流すとき、
この水が流れる先を考えて捨てる場所を考える。

水は高いところから低いところに流れる。

そう思うと、気の流れ、水の流れ、がよく見えてくる。

住環境を選択するときには、これは一つの指針となると思う。

今回の水不足は、知識だけじゃなくて、
身を以て、さらに水の持つ力、意味、重要さを考えさせられた。

水の質=生活の質

冷蔵庫に冷えている美味し〜いシャルドネも、
ブドウが地下に長く根を伸ばし、
ミネラルと共に吸収し少しずつ蓄え旨みを凝縮させた実を、
人の力で結晶させた究極にピカピカの飲み物。
(畑とブドウの作り方によるが)

そう考えると、地下水源は本当に重要。

一見自由に手に入るお水と種子、
それらは誰がコントロールしてますか?

 2013/01/30 03:00  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


シーフード・フェスティバル


今日は、オークランド・アニバーサーリーという祝日で、
オークランドは3連休でした。

その初日の土曜日、
アニバーサリーイベントの一環である、
「シーフード・フェスティバル」なるものに行ってきました

フェリーを降りて、右手にずっと進むと、
バイアダクトと呼ばれるエリアがあり、
そのさらに奥に会場がある。

こんなイベントでもないかぎり、
めったにそんな奥まで行かないのですが、その会場に行く途中には、
こんな感じのゴージャスなヨットが多数停泊!!



そしてこのヨットが港に出入りするたびに、
写真のように、人が渡るための橋が上げられるので、
船の航行にあたると、かなりの時間橋の開閉のために待たされるらしい。



私は行きも帰りもこの開閉にはあたらなかったけれど、
傍から見ていると、これもイベントみたいで私的にはおもしろかった。

会場内では、シーフードを材料とした食べ物が多数売られ、
お腹がペコペコで行った私は、
まずこのパエリアに飛びつき、



そして次に、シーフード・プレートを買い、



途中甘い物が食べたくなり、
シーフードとまったく関係のないドーナツを食べたあたりで、満腹!

船の上で、マッスル(緑色がかったムール貝みたいなの)を売っていたり、
ホタテのイベントでずっと賞を取り続けているという会社のホタテがあったり、
とにかくシーフードだらけ。



なので、満腹にもかかわらず、
ワイン飲みながらチョコチョコ食べ続け、
最後には、こんなに可愛い子供たちが遊ぶエリアで、
ずーっと閉場までまったりくつろぎました。



このイベントの記念に、
入り口で売られていた貝を買いました。



この貝を見て、小さな頃、ここに並んでいるのと同じような貝を、
たくさん買い集めたことを思い出した。
なんだか急に、夕陽で赤く染まった故郷の海岸線が脳裏に浮かび、
郷愁が胸にこみ上げてしまった私でした。

ワイヘキ島に帰った後は、ご近所さんのかなえさん宅にお呼ばれし、
今度は美味しいチキンとビーフを食べ、
スペシャルな赤ワインを2種類堪能し、
ほんとーに満腹&楽しい1日でした

 2013/01/28 09:41  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


アートの島「ワイヘキ島」のアートフェスティバル


ワイヘキ島、オネロアの町では、
いま「Summer Sculpture Festival」というものが行われています。

日本でいうと箱根の、「彫刻の森美術館」のように、
アートが町やビーチに展示してあります。

半年に一度の車検のために、オネロアに行ったのですが、
そのせいか、ツアー客も多く、町は朝からにぎわってました。
いつも行くお気に入りのカフェ、WAIも満席。



イタリアのアートの祭典最高峰、
2年に一度の「ヴェネチア・ヴィエンナーレ」を見にヴェニスに行ったことがあるのですが、
あちらは3日間やそこらじゃ回りきれないほどの規模で、
ヴェニスの町中のほぼすべてがアートと化すのですが、
オネロアの町は小さく、目抜き通りも短いので、
WAIでお気に入りのレモンシロップパンケーキを食べた後、
19点展示されていると記事で読んだ作品を探してみることに。



が、しかし意外にすぐに見つけられず、
このアートの前でフランス人の観光客が持っていた、
どこにどのアーティストのどんなアートが展示してあるかわかる、
フェスティバル・ガイドをどこで手に入れられるか聞いてみました。



自分たちのツアーのガイドさんから渡されたということで、
私は簡単にはゲットできず。。。
インフォメーションセンターを探す時間も無かったので、
通り沿いだけをさーっと探してみました

見つけられたのは、以下のアート。






ビーチ沿いにも置いてあるというアートも見たかったのですが、
タイムアウト。また近々トライしたいです。

そして、今日25日から2月17日まで、
ワイヘキ島ではまた別のアートイベントがスタート。

headland Sculpture on the Gulf 2013」です。



こちらは、もっともっと私の好みで、
海沿いのトレッキングコース約2.5kmの大自然の中に、
30人のアーティストの作品が展示してあるそう。

コースのゴールはこのエキシビジョンのパビリオンなのですが、
そこには、ワイヘキ島のヴィンヤードからセレクトされたワインやオリーブのテイスティング、アーティスト・トークセッション、DJライヴなどが用意されています。

ワインテイスティングや、ランチ、ライトディナー、
そしてワイヘキ島のミュージシャンによるライヴや、
アーティストとのトーク・セッションなどがパッケージになっていて、
ネットから予約も可能になっています。

私はこういうエキシビジョンが大好きなので、
これは、ぜひとも参加したい感じ

アーティストが数多く住むワイヘキ島、やっぱりワクワクの島だ
 2013/01/25 02:56  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


ラベンダーと多肉植物の壁



昨日までの3日間のオイルステイン塗りは、
もっとも体力的にきつかった。。。。

上の写真のエリアに辿り着く前、

足場が悪くて脚立が立てられないので、
直線ハシゴを、無理矢理壁の飾りでもある幅木に引っかけるようにたてかけ、
基本、一番乗ってはいけない一番上にまで乗って、
窓が一枚もない、つまり壁の面積が広い部分を塗り終えたー!



やった、あとは窓が多いから壁の面積も少なくなり、
少しはスピードアップできるかな、
とワクワクしていたところに大きな落とし穴が。。。



ワークルームと廊下のコーナーにあたるエリアは、
足元が階段になっているばかりでなく、
壁際に、ラベンダーと多肉植物がみっしり植えられていて、
脚立はもちろんのこと、直線ハシゴも足場の確保がかなり難しい!
短いと届かないし、長くすると長すぎて角度が危険な状態に。。。

そのうえ、下の方の壁はやはり植物をなるべく折らないように、
片手でその子たちを押さえながら、
右手だけでローラーを壁に押しつけるので、
力不足&コントロール不能で、オイルステインが素早く塗れない!
その上、雨どいと何かの配線みたいなのが、
よりによって一番端っこにあり、
障害物だらけのそのエリアを制するのに、
なんと2日もかかってしまった・・・。

それでも、昨日、ようやく一番上の写真のエリアを塗り終わり、
明日から、足場もしっかり安定させられて、
かつ窓も多い、北側メインデッキにかかれる

北側メインデッキとサブデッキを終えたら、
家のある一角を残してほぼ完了したことになる
これは嬉しい反面、2度塗りが必須の壁塗りに思いを馳せると、
これまで塗ってきた行程をもう一度かぁ〜
としばし遠い目・・・・。

その2度塗りも、通常は同じ色を塗るのが定石なのだけれど、
私の場合、2度目はIRON BARKという色に変えることにした。

それも、もともとこのWEATHERD CEADERというカラーは、
モスグリーンがかっていて、これに床面をCOFFE BEANという、
黒にほぼ近い焦げ茶にしたら綺麗だな、
と想定していたところ、
ランドスケーパーのエリックが、
「床が黒っぽいと、真夏はデッキが熱くなって素足で歩けなくなるくらいになるし、椅子に座っていても、床から熱波を感じるよ。だから色は薄いほうがベターだ」
と助言をくれたので、
さんざん迷って、素直に意見を聞き、
もともとの木の色であるベージュをいかすことにしたところ、
そうなると、WEATHERED CEADER とベージュだと、
家全体がぼんやりしてしまうという問題が発生。

つまり、家か床かどちらかもう少しダーク目にして締める必要が出てきた。

というわけで、IRON BARKという色のサンプルを作ってもらい、
余っている木に、WEATHERED CEADERをまず同じように塗り、
その上に、同色とIRON BARKの両方を重ね塗りしてみて、
とどちらがいいかのか考えてみることに。



写真のサンプルだと、IRON BARKが灰色すぎて、
最初は、これは参ったなぁと思ったのだけれど、
塗ってから30〜40分後の1度塗り部分に重ねて塗ったのと、
3週間前に塗ってよく乾いている1度塗りの部分とは、
2度目のステインの浸透率が違うのかも!

と思い、一番最初にやった西側デッキの、
失敗しても一番目立たないと思われる、
そしてドアや窓枠のグレイとの相性が見られるガレージのドア周りを塗ってみることに。。。



すると、やはりすぐに2度塗りしたのと、
十分に乾いているこのドア周りとでは、
オイルステイン自体の染みこみ方も違って、
ずいぶんとIRON BARKがWEATHERED CEADER に馴染んでいる。
(ドアの下の方は日が当たっていて色が飛んでいますが、、)

そして青みが強く出たせいか、
もともとのこの家のデザインイメージにしっくりきた気が

そして僅かに下のWEATHERED CEADERが透けて見え、
それもまたメランジュカラーみたいで良い感じ。

どうやら、オリジナルカラーができたよう

違う色を塗る、ということで2度塗りのモチベーションも上がってきた!

あとは、最後の難関、、、、、
この部分の洗浄をどうやってするか、を考えるだけ!



ラウンジの出窓周り・・・。
ここは足場がかなりの急斜面になっている&木々が生い茂っているので、
それに繋がる壁部分(下の写真)も含め、



いったい、どうやって洗えばいいの?&果たして塗れるのか?
とずーっと思っている場所。

高さがかなりあるので、直線ハシゴを立てかける策がもっとも有効なのだけれど、
ちょうどタンクの水もまた無くなってきたし、
とりあえず直線ハシゴが必要なエリアの1度塗りが終わるまでは考えないでおこう、
とまだあと少し保留にするつもり。。。

どうなることやら。
それにしても、まだ洗っていない昔の壁、懐かしい&汚い。。。
や、味があるというべきか。

ともあれ、我ながらよくやっているなぁ〜と、
チビ黒サンボなみに日焼けしながら自画自賛の私
やはり、オイルステインをした壁は面が整って美しい!

2月、ちょっとでも海水浴するためにがんばろうっと


 2013/01/24 15:25  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


CHANEL 2013 COUTURE


昨日発表された、
シャネル、2013オートクチュールコレクション。

いつもの会場、グラン・パレに、
大量の木々が搬入され、歴史ある建物内部は、
さながらボタニカル・ガーデンのようになっただろう。

クチュールを身に纏ったモデルたちのヘアメイクは、
少しダーク・ファンタジーやゴスを連想させる。

ラストの2体なんて、
私は思わず「シャイニング」の双子のお化けを想像してまった。



そして、ほとんどルックでモデルが着用している、
オープントゥのスーパーロングブーツが気になる!

素材違いでほぼすべて同じデザインのようだ。
これが1足あるだけでもかなり楽しめそう。



そして、実際に手に取ってみないとこのクチュールの素晴らしさは伝わらないのだけれど、
写真だけでも、ただの花柄に見えるドレスが、
実はル・サージュによる素晴らしい手刺繍であることがわかる。



クチュールは素材の素晴らしさはもちろん、
パターンと縫製のテクニックがプレタとは格段違ってくる。

動いている映像があると、よりその素晴らしさが伝わるので、
シャネル公式サイトにて、
このショーの模様がアップされるのが楽しみです。


写真はすべてSTYLE.COMより
 2013/01/23 17:19  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


| 次へ
プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。