« 2012年03月 | Main | 2012年05月 »
肉体と魂の、自由



92年に買っておいた「雪豹」という本を、
先週から読み出し、読了した。

生物学者であるトローブリッジが、
ネパールの高山に住む、野生動物の調査を主体にした山岳アクションもの。

そこに、
元クマリ(ネパールの生女神)である女が登場する。


戸口に立って、
遥か彼方にそびえる険しい山に登っていったトローブリッジの身を案じた時、
ニマは、
危険をおかし、すべてを捨ててやっと手に入れた自由を、
いま、失いかけていることに気づく。


このくだりは、
みょうに私の心の奥にひびいた。

私が求めている「自由」も、
まさにニマが求めている「自由」と似たようなものの気がするからだ。

この元クマリが、
自分を縛りつけてきた決まり事や概念、
そこから派生した婚姻や虐げられた生活から抜け出し、
やっとのことで手に入れた自由が、
誰かとともに歩き始めた時に、
形は違っても、再び失われようとしている。
その入り口に立っていることを悟る。


私は何か物や人に拘束されたことは一度もないけれど、
「自由に生きる」ことが「孤独」であることはわかる。
そして何かや誰かに対して無責任でもある。
拘束は安心や安定を、責任は保障を約束してくれる。

この物語は、
雪深い険しい高山で、
いつも1匹でしか目撃されない、
けれど、見る者に寂しさをいっさい感じさせず、
優雅でありながら孤高である生き物、「雪豹」に、
山の中でやっと自由だと感じる登場人物たちの心の機微を少し重ねている。

ヘミングウェイの短編にも、
たしかこの雪豹という動物が登場すると思う。

たった一人で凍てついた険しい道を頂めざして進む豹は、
自分が孤独に死ぬことが分かるのだろうか?
という問いかけがあった気がする。

もしかしたら本作「雪豹」は、
少しだけそのヘミングウェイの短編の影響を受けているのかもしれない。


そして、本作の作者が描いた結末は・・・・。

ここから先は実際に読んでからのお楽しみ。
なかなかおもしろい本でした


「自由」の形は、自分自身で決められる。
それこそが「自由」なのかもしれない。

 2012/04/29 16:55  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


KU AMBIANCE



先日、六本木ヒルズけやき通りにオープンした、
「KU AMBIANCE」の、
プレス・プレビューに行ってきた。

ショップ・コンセプトは、
日本の伝統技術を受け継ぐ職人たちと、
国内外のトップクリエイティブ達が共同で生み出す様々なプロダクトを展開すること。

インビテーションでも目を引いていた、
タトゥーアーティストの、ドン・エド・ハーディーと有田焼の名窯、
李荘窯(りそうがま)とのコラボレーションである陶器コレクション。

主に龍を中心としたタトゥが焼き付けられた陶器は、
国内外で人気が出そうな逸品。
こちらは、かなり欲しい気持ちを抑えて、
何度も何度も手にとっては棚に戻しを繰り返してしまった。

他には、藍染めと野良着、和紙から生まれた素材を融合して生まれた、
メンズアパレルライン「Ton Fu」(東風、トンフー)が、
発売されていた。

和紙100%の生地から作られたシャツやパンツは、
毛羽がなく、肌が敏感な方にも心地よい手ざわり。
吸水性、撥水性に富んでおり、日本の風土季候にぴったりと合っている。

私が一番気に入ったのは、これ。




地下足袋ブーツ。
地下足袋にラバーソールを付け、
指先や、小指の外側など、穴の空きやすい部分を、
革で補強してある。
これは、都会でも、野良仕事でもすごく便利に使えそう。

レディースのサイズが入荷するのは5月末。
楽しみだ

いろいろなショップに行くけれど、
こんなに興味津々に入り浸ることができたお店は久しぶりだ。
日本の伝統技術を今の世代の気分にぴたりと合わせてプロダクトに乗せる、
それは、私が今日本のファッションに求めていることでもある。

海外に住む方々へのお土産にも丁度良いものが他にも沢山並んでいた。



「KU AMBIANCE」に関しての情報はこちら

いいね!

 2012/04/27 13:20  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


1日=15.8時間



1日があっという間、
1ヶ月なんてあっという間、
1年てあっという間、

という言葉をよく聞く。

3次元的に、1分は1分なんだろうけれど、
地球の時間、宇宙の時間は加速していて、
数年前から1日は、24時間ではなくだいたい15〜6時間ぐらいしかないらしい。


なので、今までよりも進化も早いし、実現も早い。

これはなんとなくワクワクする嬉しい発見!

40代の人が40代に見えない人が増えているわけだ。

人間が作った暦に縛られ自分を制限することをやめて、
自分自身の流れに静かに身をゆだねよう。

やりたいときにやりたいことを。
それが今、宇宙が私たちに教えてくれていること。


 2012/04/22 09:01  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


3年ぶりの艶姿


私が知るかぎり、
3年以上は葉っぱだけで、
1度も花を咲かせたことのなかった牡丹が、
今年、なんと4つもつぼみをつけた。

この牡丹のことは、
実はわたしは、実家に越してきて初めてその存在をきちんと知った。

たまの帰省のおり、
いつも母に「これなあに?」と聞いていた、
地味な葉だけの植木鉢があったのを記憶しているが、
「牡丹」だと母は答えていたようだったけれど、
帰省するたびに聞いていたような気もするので、
それほどに地味で忘れ去られやすい植木であった。

だいたい、いつから我が家に鉢があったのか。
そういえば、ものすごく前に、
母に頼まれて鉢の土を換えたような気もする。

その存在感の薄かった植物が、
今年艶やかで、うっとりするような大輪の花を咲かせたのだ。

なんと愛らしい。

一昨日、蕾がほころびはじめ、
ピンク色の固く閉じた花びらをのぞかせたなぁと思っていたら、
今日、一気にぱーっと開いた。
明日、明後日には、
すべての蕾が花開くかもしれない。

3年。
ひたすら毎年養分を蓄え、
満を持して花を咲かせる。
しかも、私が実家に帰ってきた年に。
なんだか、この花から何かメッセージをもらったような気がした。

勉強になりました
ありがとう
あなたは ほんとうに うつくしいです

 2012/04/17 20:06  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


新東名 開通!!


私が10代の頃から工事をしていたような気がする、
「新東名(当時は第2東名と仮名されていた)」が、
昨日4/14(土)についに開通した

昨日、今日と、
朝から花火の音が聞こえ、
新しくオープンした駿河湾沼津S.Aで催しものが行われているとのこと。

アパレル系だと、
ザ・ハイウェイストア・ユナイテッドアローズが
清水S.Aにオープンしている。

ぜひともこの新東名を利用したい!と思うところだけれど、
従来の東名(上の図の青い線)、沼津I.Cが一番便利な私としては、
新東名を利用するとなると、
長泉沼津と御殿場間のみの利用(たぶん5分くらい)となり、
下り方面に行かないかぎり、
駿河湾沼津S.A.とか利用出来ないということになる

上り方面は、
御殿場ー厚木間が、2020年までに開通予定ということで、
その区間にも新しいS.Aが期待出来るけれど、
だいぶ先だなぁ、と

現在、S.Aからも乗り降りできる、
スマートI.Cを駿河湾沼津S.Aで検討中とのことなので、
それが利用開始になれば、
東京方面からの帰り、駿河湾沼津S.Aに寄ってI.Cを出る、
という選択肢もある

ずーっっっと同じ道を何十年も走ってきたので、
新しい道が出来ると、
そっちも利用したい!と思うのは当然。

東京からの帰り道、
「新東名」という看板を見る度にそちらに行きたくなるだろうけれど、
まだ私にはあまりメリットの無い新東名なのでした。

でも、御殿場過ぎたあたりから、
東名高速道路は3車線から2車線になり、
いつも渋滞の原因となっていたので、
最終目的地が名古屋あたりの長距離ドライバーの方々にとっては、
道が2つになることでだいぶストレス解消になると思う。

これが厚木まで繋がれば、
ほぼほぼ渋滞無しの無敵高速道路になりそう。
値段も高めなのだから渋滞はほんとに避けたい。

あー、早く駿河湾沼津S.AのスマートI.C始まらないかな
 2012/04/15 11:10  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


| 次へ
プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。