« 2012年02月 | Main | 2012年04月 »
箱の中での9日間


久しぶりに沼津に帰ってきた。

3/19〜とある巨大なショーのために、
連日東京に寝泊まりし、
その準備にあたっていた。

このショーについては、
終了するまでは一切情報をもらしてはいけない、
というお達しだったので、
時間もほとんどなかったということもあったけれど、
ブログも、ツィッターも、FBも全部控えていた。

そのショーとは、
3/22、23に新宿御苑で行われた、
CHANEL 2012 オートクチュールコレクションである。

パリと同じ規模のショーが、海外で行われるのは日本が初めて、
ということで、
私も、一生に一度のイベントだな、と思ってこの仕事に挑んだ。

コレクション点数61点、
モデル人数61人、
一人1点の贅沢なショーだ。
モデルも、60人は海外からの招聘で、
1名だけ日本でキャスティングした。
この61名中、ただ一人の日本人は、CHIHARU。
あとは若手のそうそうたるメンバーばかり。
彼女が着る衣装が決められ、
その他、9カ所ほどパリとは違うモデルに当て込まれたので、
そのモデルたちのフィッティングも前日行われた。

パリからはプレミア・アトリエ・スタッフと呼ばれる、
実際にオートクチュールを製作しているアトリエのボスが3人来日し、
お直しや、アイロンがけも彼女たちが行った。

2004年の「サイン・シャネル」という、
オートクチュール製作現場に密着したDVDにも登場されていたので、
なんだか憧れのスターに会ったような気分になった。

デザイナーのカール・ラガーフェルド氏は、
いつもは黒い服だけれど、今回のコレクションは青がテーマなので、
濃紺のベルベッドのロングジャケットを着用されていた。

彼が本番直前にバックステージに登場した瞬間、
空気ががらっと変わるのを感じた。
緊張感が溢れるのではなく、みんながエキサイティングになり、
華やかになったという感じ。
楽屋の半ばまで入っていき、パリのスタッフやモデル達と会話を交わし、
ステージ直前に設置してあるモニターの前に座られた。

かくして、
ブログでは書ききれない、
さまざまな苦労がそれぞれの部署であったようだけれど、
日本で初めてのCHANELオートクチュールコレクションは、
圧巻のフィナーレとともに無事に終わった。


海外ブランドの来日ショーのお仕事の時は、
私はスタイリストではなくなる。
すでに本国で発表されたものなので、
スタイリングする要素がほぼ無いから。
やることは、
カルネとして日本に通関してきたコレクションを、
指輪一つに至るまで、ショーの終わりまでしっかり管理し、
また本国、あるいは次の国に送り出すこと。
同時に、バックステージ全般を管理することが仕事である。

ショーの前後には、
雑誌への貸し出しがあったり、
とかくコレクションが移動しやすい。
それら500点前後のコレクションが、
常にどこにあるかを把握し、数を確認し、
さまざまな人が出入りするバックヤードで、
破損や盗難がないように警備をつけてもらい最後まで守る。

今回は、パリのスタッフとともに、
新宿御苑内、フランス式整形庭園前に造られた、
巨大なグレーの箱の中に5日間缶詰で、
ショーの準備にあたっていた。

写真の箱の中で5日間、
銀座のシャネル本社ビルの箱の中で4日間、
計9日間を、
ラグジュアリーな箱の中で過ごした。

箱の中と外とのギャップがとてもあり、
何か別の世界にトリップしているような感覚だった。

オートクチュールは、
日常とかけはなれた世界を造りだしている。
そんな素晴らしく特別なお洋服とともに過ごした9日間だった。

すべてのスタッフに感謝。
誰一人欠かすことのできない現場で、
素晴らしいお仕事が一緒にできて光栄でした。
ありがとう。




 2012/03/29 09:02  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


忙しい!!


すっかりブログをアップし忘れて1週間。

のんびり、ゆったりの国から帰ってきた私だけれど、
確定申告など、ちゃくちゃくとするべきことをこなし、
あと1週間後にせまった大きな仕事に、
自然と流れをシフト。

大きなファッション・ショー直前の、
めまぐるしく周囲の人と情報が動き出す、
あの流れの速い渦に心地良く乗っている。

帰国早々、
このようなお仕事をさせていただくことにとても感謝している。

それにしても、
最後にこれぐらいの大きなショーをやったのは、
2004年だから、もうあれから8年。

昔はプレッシャーを感じたり慌てたりも多少していたけれど、
今回はその当時と大きく自分の様子が違うのを感じる。
ゆったり流れに身を任せ、
「今やっておこう」とひらめいたものから処理、
なんでもかんでも楽しく感じるようになった。

無理に推し進めないことで、
流れはいつも最終的には良くなっていく、という確信がある。

このショーを見たすべての人々が、
ワクワクとした笑顔をたたえますように!


 2012/03/14 20:46  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


After 7 days



今日はすごくいい夢を見て目覚めた。
日本に来てからも、
毎晩いい感じの夢をよく見る。
夢の中ではもうひとつの、あるいは真の人生を生きているわけだから、
夢の中でこの上なく幸せだと、
現在の世界での目覚め後も充実感が胸の奥にしっかりきざまれている。

帰国後、
ヒューマン・アカデミーさんの講義に行きつつ、
今月末にある大きなお仕事の準備を毎日重ねている。

ニュージーランドにいる間に、
日本で使おうとシンチレーション式の放射線測定器を注文しておいた。

3/1から使い始め、
毎日、空間線量をチェックしながら、
年間積算も計測開始。
とりあえず来年の3月までは計器をonにしたまま生活しようと思う。

0.01μSv/hまで計測できるモードにして、
場所を移動するごとに、
携帯電話の時計を見るがごとくチェックしている。

1週間使ってみて、
その機器にだいぶ慣れてきた。

環境放射能でだいたい年間積算で2000μSvぐらい浴びるらしいので、
食べ物による内部被ばくも多少なりともこれに追加されることを考慮すると、
追加で浴びる空間放射線量は1000μSvに収まっていると、
人(妊娠前の女性や子供、放射能物質に触れる職業で無い人)が、
1年に浴びても人体にほぼ影響が無いとされる積算量の範囲内ということになる。

なので、計器の数値としては、
1日の大半を過ごすところの数字は、
0.10μSv/h未満を示してるほうが良い。

沼津の空間線量は、
室内で0.06μSv/h〜0.07μSv/h、
外で0.05μSv/hというのが大体の平均。

室内の空間線量は昨日までもっと高く、
昨夜、なぜそうなるのかをついに発見した。

仕事の備品を買うために渋谷の街を3時間ほど歩いてたのだけれど、
渋谷の宇田川町付近では、
だいたいが0.12μSv/hで、
路地によっては、0.22μSv/hのところもあった。

5m移動しただけでも数値が変わることが分かったので、
かなり頻繁に見るようにしていたのだけれど、
そとのきに、とあることに気づいた。

たまにバッグの奥底に追いやられた計器を探して取り出すと、
1.76μSv/hなど、瞬間ではあるが、
かなり高めの線量を示すことがあり、
えー!っと驚きつつも、
突然こんな数値を出すっていうのはおかしいし、
私がどこかボタンを押してしまったか、壊れているのかも、
と半ば計器を疑いながら、
時折出る高い数値をそのままにし、すべての仕事を終えて帰宅した。

そして自宅のキッチンで、
バッグからシンチレーションを取り出すと、
その瞬間の数値はまた1.76μSv/h付近を示していた。
取り出した後、0.16μSv/hまで下がりだしたが、
以前、安全圏よりもオーバーしている数値だ。

はじめは、自宅キッチンの何かが原因?と思ったけれど、
すぐに、自分のバッグの中が問題だと疑い始め、
自室に戻って、バッグの中身を一つずつ計測してみた。
0.10μSv/h付近で前後する私の持ち物たち。

果たして1.76μSv/hを越える線量を放っていたのは、
なんと「小銭」だった!

小銭をお財布から取り出し、
計器のそばに置くと、一気に1.76μSv/hまで上昇。
こんな風に明らかに、
これが放射線を出している、と目で確認できて、
驚きと関心が高まった。

小銭を水で洗浄し拭き取ってから再び計測すると、
数値は0.08μSv/hで留まった。

が、お財布の小銭入れの内部に計器を入れると、
まだ1.76μSv/h付近の数値を示すので、
小銭入れ内部を濡らしたティッシュでしっかりと拭き取った。
その後計器を入れて再計測すると、
0.09μSv/hで留まり、なんとか許容範囲。

お金は天下の回りもの。
この事実が示すところの意味は大きい。

今後は、小銭はいったんビニール袋に入れて、
数値が高い場合は、洗浄後お財布に入れるとかしたほうが良いかもしれない。
あと、お金を触ったあとは、
その手からも高い放射線が計測されるのを確認したので、
ウェットティッシュで手を綺麗に拭くのがいいかも、

シンチレーション式計器は、
常に交換可能なビニール袋で保護してある。

はじめて放射線測定器を使ったけれど、
目で見て納得したい私としては、
その効果をはじめて実感した感じですごく面白かった

次はニュージーランドの空間線量を計るのが楽しみ
 2012/03/07 09:11  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


新しい季節のめぐり方



日本に帰ってきた。

一昨日の夕方成田に到着し、
昨日、今日と東京で打ち合わせをいくつか済ませてから、
沼津へと帰ってきた。

一昨日の夜から昨日にかけての大雪で、
まさに、真夏から真冬の体感。
暑苦しいと思いながらスーツケースに詰めたダウンコートが大活躍。

ちょっとワイヘキ島で過ごした日々がすでに懐かしい。
あの日差しとからっとした風。

私の季節のめぐり方は、
夏、春、冬、秋、という感じ。

南半球をからませての移動なので、
まるで地球を逆回転にしているがごとくの季節めぐり。

ライフサイクルが、
春夏秋冬、ではなくなった人間はどうなるのか。
自分のことながらすごく興味深い。

「しゅんかしゅうとう」あらため、「かしゅんとうしゅう」

音的には悪くない
 2012/03/01 23:31  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。