« 2011年09月 | Main | 2011年11月 »
西武百貨店 沼津店


先日、有楽町ルミネがオープンし、
テレビでも大変なにぎわいだったようで、
うちの母もそのことを語っていた。

前はあそこには「有楽町西武」があったんだよね、
と話をしていて、
ふと、池袋西武も閉店になったのに、
沼津にはまだあるの?
という話になり、
母も「沼津はすごく歴史的に古いからつぶさないらしいよ」と、
あっているんだか間違っているんだか分からない理由を言いだしたので、
そういえば、沼津西武はいつからあるんだろう?
って思って調べてみた。

すると、なんと!
開店は1957年!
西武百貨店という名前になってから、
最初にオープンしたのは、
1956年の軽井沢。
その翌年にオープンしたのが沼津なのだ。

それにしても、なぜ沼津?
御用邸があったからかなぁ、と私と母。

いずれにしても、
閉店されてもおかしくないと思う立地な気もするし、
老朽化もしているだろうし、
かといってリニューアルするのも採算が取れるのか、
という気もするし、
ここまできたらずっと営業していてほしいとも思うし、
この時代いろいろな思いが渦巻く百貨店なのだ。

「沼津市には西武百貨店があるんだよ〜」に加えて、
最近は、
「沼津市はニコラ・フォルミケッティの出生地なんだよ〜」が、加わった
ちなみに弟のアンドレアさんはまだ沼津にいるらしい。
 2011/10/29 23:40  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


ニュージーランドに宅配


ニュージーランドの友人宛に、
出来たらすぐに使いたい食料品を郵便局から送ってみた。

いちおう、
送ってはいけないもの、というのがあって、
それがこまごま変わるらしく、
窓口のお姉さんがPCの画面を見ながらいろいろと教えてくれた。

意外だったのは、
チョコレート(カカオを含む製品)と麺類。
手持ちで持って行く分には何も言われないのに、
送るのはダメなのね。。。
よく分からず。
小麦粉はダメだけれどお米は言われなかった。
予測と違ってちょっと驚いた。

実家に来てから早くももう1ヶ月経つ。
1週間はニュージーランドに行っていたから、3週間か。
すごく快適になってきた。
東京との往復も、
最初の1週間よりも慣れたせいか身体が楽になってきた

我が家ではまだハイビスカスが咲く
快適実家ライフ、良い感じです。

 2011/10/27 12:51  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


過去の輝き


1週間ぶりに沼津に帰ってきた。

1日何もなくゆっくりするのは久しぶりかも。

仕事で撮った写真を整理するためにiPhotoを立ち上げたら、
引越前の写真が出てきて、
まだ3週間前なのに、
もうすでに何年も前に感じるし、
その中にはすでに失われてしまったものもあったので、
少し感じ入って見てしまった。

台風15号の影響で、
いくつか枯れてしまった植物がいて、
写真の凛とした美しさは今はもう見られない。

写真の中には過去の輝きがたくさんつまっている。

思い出や記録のために写真をよく撮ってきたけれど、
それらは自己を過去に引っ張る、一番大きなもののような気がする。
ブログやツィッターのために写真撮影するのと、
思い出や記録のために写真を撮るのとでは意味合いも違う。
そこに含まれる視点がその当時の思いを喚起させるからだ。

つねに未来を見ていたいから、
ほんとは記録写真は必要ないのかも。
感動を写真に収めるという行為は時を越えるが、
もう戻れない場所や時間を写真に収めるのは、
前に進もうとしている自分をセンチメンタルな過去に引っ張るので、
今後の私には減ってくるかも。

過去を振り返ることは悪いことではないが、
過去を起因として未来を計画していくのは自由ではない。

さて、今週は少し余裕があるので、
やりたいと思って止まっていたことがいろいろと出来るぞ
 2011/10/25 08:22  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


このバッグ欲しい!


これ欲しい!!

ケンブリッジ・サッチェル」のショルダー

NYコレクション期間中、
プレスやスタイリストたちの間でかなりヘビーユースだったらしい。

値段も今の為替だと、
サイズにもよるけれど、1万円切っているものもある。

ベーシックなカラーから、
写真のフラッシュカラーまで、
けっこうな色のバリエーションがある。

ネットだとここからが買いやすそう。
 2011/10/22 08:08  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


何かを静かに待つということ


今週はずっと東京で、
会いたいお友だちの家に2泊ずつくらいで連泊している。

昨日の撮影が終わって、
明日の講義が終われば一段落。

仕事と友人たちと過ごす時間を良いバランスで保てて、
以前より、自分の精神的にはすごく穏やかで、
大切な何かをひとつひとつ丁寧に取り扱っているような感じがする。

先月から、
これをやったら次これ、その次はこれ、
とテンポ良く処理してきたから、
なんとなく駆け足だったような気がするけれど、
以前と決断の出し方が少し変わってきたような気がする。

決めていく事柄の種類として、それが大きくても小さくても、
そのときいちばんしっくりする答えが自分の中になかったら、
それが自然とやってくるまでじっと保留にして待つ、
という、チョイスのペースをうまく調整する、
というようなことが自然と出来ている気がする。

もともとせっかちなので、
答えはいつもその場で出してきた気がするから、
今の、こういうやり方はすごくこれからの未来に合っている気がする。

もちろん、仕事などにはタイムリミットがあるから、
おしりはきちんと決まっているのだけれど、
それさえも、しかるべき尺の中でしかるべきタイミングで、
出すべき納得のいく答えがどこからともなくふと現れている気がする。

この方法がとれるというは、
今後の自分にはすごく大切な能力な気がする。
何かを静かに待つ、ということ。
流れの中に定点を持つ感じと似ている。

どこからともなく流れてくるワクワクを、
じっと待ってがしっと捕まえるのだ
 2011/10/21 07:43  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


| 次へ
プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。