« 2011年02月 | Main | 2011年04月 »
日本の向かう未来はどっちか?


小学校の頃、「風の谷のナウシカ」を見て、
環境問題に関心を持った。

高校生の頃に、夏休みの課題で原発に関する作文を書いた。

専門学校時代〜社会人1年生あたりのころに、
「月の子」という漫画を読んで、
真剣にクリーンエネルギーについて考えた。
「月の子」は、SFファンタジーであったけれど、
チェルノブイリが起きた世界と起きなかった世界とに結末が分かれる。

そしてしばらく、
電気の恩恵にあずかり、経済優先の世界を享受してきた。
それなりに楽しかった。

そして幼い頃からあれだけ心配していたことが現実になった。

今の福島のことが長引けば長引くほど、
深刻であればあるほど、
皮肉だけれど、世界に原発を無くすきっかけを与えている気がする。
日本は、世界を変えるためのスケープゴートだったのかも。

だから、日本政府が、
クリーンエネルギー政策に切り替えることが、
世界から再び日本の経済に期待をかけられることになるのは間違いがない。

太陽光発電に必要な土地の確保は、
津波で更地になった場所から手をつけると、
より早い、と高城剛さんのブログで読んだ。

その地域の人の雇用にも繋がるし、
世界で一番最先端の太陽光発電畑になるのだ。
なにより、土地が汚染されていても、
その畑から採れる電気には影響がない。
これは今すぐ始めるべき。

こういう風に日本が動いていったら、
世界だって動くし、
また経済が回っていくだろう。
今度こそ地球に優しいつき合い方で。

自然が豊だった日本に戻していくチャンス。
東京や大阪のような大都市も、
経済を回す車輪として、
今とは違った潤いを日本中に配っていくことが出来るだろう。

「経済」というイメージが変わっていく時だ。
「豊かさ」の感じ方は人の心の中にあるから。

だからもう一度、日本政府と電力会社を信じる。
疑ってもそこからは何も生まれないから。
「反対!」と言って責めるよりも、
「賛成!」と言って讃えることのほうが、はるかに人が動く。

望む未来をきちんとイメージし、
信じることこそ国民の勇気であり、経済を支えることだと思う。

いろいろな報道や発言で、
不安になることもあるけれど、
最終的には政府が間違った決断をくださないことを信じたいと思う。

すでに汚染された自然の復活は、
何十年、何百年かけてやっていくしかない。

がんばれニッポン。
 2011/03/30 10:30  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


気仙沼に物資を送ってくださいpart2
今回の東日本大震災で、
多大なる支援を行われていることと思います。
感謝いたします。

自治体から孤立しているために、
大手企業からの支援も行き渡らない場所があります。
乳幼児をかかえるママさんや妊婦さんも沢山いて、
ミルクや体を拭くものなどが足りていないようです。

義援金以外に、
直接被災者に支援をしたいという方は、
下記に送っていただけると幸いです。

少しでも構いませんので、ご協力頂ければ幸いです。


クロネコヤマト便で、
〒988-0311
宮城県気仙沼市本吉町風越23−1
風越コミュニティーセンター
風越地区の皆様 受取責任者 佐藤久美 宛
0223-74-8111

*4/1現在、配送ルートが復旧し上記住所まで直接届くことを確認済みです。


〇水
〇お野菜や果物等(根菜とか保存がききそうなもの、調味料)
〇身体をふくウェットティッシュなど
〇ドライシャンプー
〇下着靴下類

水は水質のよい地域の水道水でも構いません。
塩素が飛んでしまうため、煮沸せずに容器に入れて送ってください。

昨日3/29の時点で、電気に加えてガスも開通したようです。
脱インスタント食品のために、
日持ちのするお野菜、調味料、缶詰などを次は送るつもりです。


送ってくださった方へ。
確実に被災者の方にピックアップしていただくために、
先方に、
発送日、伝票ナンバー、どこから、内容、
を伝えていこうと思います。
下記メールに上記内容をご連絡を頂けると幸いです。
seri_emi@me.com
また、先方の受け取り確認が出来ましたら、
出来る限り折り返しその旨を私の方から返信いたします。

早い段階からご協力頂いたみなさま、
ほんとうにありがとうございます。
細いけれど、温かく深い繋がりです。
現地のみなさんも自立出来るようにあらゆることをされてるそうです。
出来る限り応援出来ればと思います。

ツィッターをやっていらっしゃる方へ。
@suzuno123 さんが、
直接気仙沼の方と連絡を取り合っています。
もしも、必要な物資の状況など、
お尋ねしたいことがあれば、フォローしてみてください。
 2011/03/30 08:52  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


昨日の撮影


久しぶりに仕事ネタをアップ。

昨日はとある大学で、
とある人の撮影をしてました。
写真が世に出るのは来週末。

未来を担う技術を研究する方です。

その大学、
近代建築と昭和初期的な趣ある建物が構内に混ざって建っていて、
ちょっと不思議な雰囲気で面白かった。

近い将来、
うちにもこんな子たちが出入りするようになるのだろか
人間と同じように愛しますよ。

 2011/03/29 08:40  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


気仙沼に物資を送ってください。

今回の東日本北大震災で、
多大なる支援を行われていることと思います。
感謝いたします。

自治体から孤立しているために、
大手企業からの支援も行き渡らない場所があります。
乳幼児をかかえるママさんや妊婦さんも沢山いて、
ミルクや体を拭くものなどが足りていないようです。

現地の方からの助けてメールが私のほうにも送られて来ましたので、
下記転載いたします。

義援金以外に、
直接被災者に支援をしたいという方は、
下記に送っていただけると幸いです。

少しでも構いませんので、ご協力頂ければ幸いです。

*本文の中の送り先は、
クロネコヤマトの営業センター止めとなっています。
少し長くなりますが、受取人を明確にするため、
全部ご記入いただければと思います。

-----------------------

気仙沼は崩壊、全壊ではありません。
気仙沼のなかでも一万人という一番の人口を持つ津谷という海沿いからは丘になっている地域があります。
家が全壊していない方々は自宅へもどされ、物資がほぼ届いていません。
3/24前後に電気が一部開通しましたが、水はありません。
使えるガスはプロパンガスが自宅にある方のみ、それも使い切るとお終いです。
わかっているだけでも150世帯ほどの地域のグループが10〜20おおよそ5000人はいるのでは無いかと推定されています。
市内でも情報交換の手段は限られ、定かではありません。
移動手段はほぼありません。
沢山の地域があるとは思いますが、取り残された地域がある事を知って頂けるようお願いします。

クロネコヤマト便で、
〒988-0053
宮城県気仙沼市田中前2-10-3
「気仙沼市田中前センター止め」
気仙沼市本吉町風越23−1
風越コミュニティーセンター
風越地区の皆様 受取責任者 佐藤久美 宛
0223-74-8111


〇水
〇食料(加工せずに食べられるもの、缶詰、レトルト食品など)
〇お野菜や果物等(根菜とか保存がききそうなもの)
〇赤ちゃんの粉ミルク
〇市販の離乳食
〇ベビーオムツ
〇身体をふくウェットティッシュなど
〇ドライシャンプー
〇下着靴下類

水は水質のよい地域の水道水でも構いません。
塩素が飛んでしまうため、煮沸せずに容器に入れて送ってください!

皆様のご協力に感謝いたします。

-------------------------

送ってくださった方へ。
確実に被災者の方にピックアップしていただくために、
先方に、
発送日、伝票ナンバー、どこから、内容、
を伝えていこうと思います。
下記メールに上記内容をご連絡を頂けると幸いです。
seri_emi@me.com
また、先方の受け取り確認が出来ましたら、
出来る限り折り返しその旨を私の方から返信いたします。

早い段階からご協力頂いたみなさま、
ほんとうにありがとうございます。
細いけれど、温かく深い繋がりです。
現地のみなさんも自立出来るようにあらゆることをされてるそうです。
出来る限り応援出来ればと思います。

現地の方々と連絡を取り合っている、
私の友人に代わりましてまたブログ等でご報告させていただきます。

(2011/3/29 一部更新)
 2011/03/27 10:40  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


世界大地震と貨幣経済崩壊


昨夜、ミャンマーで大きな地震があった。

海から少し内陸なことと、
地震の規模的に、
先日の富士吉田震源地の静岡県東部の地震と似ている。

写真のこの1週間に起きた地震の分布図を見ると、
太平洋プレートとフィリピン海プレート、
そして今回のインド・オーストラリアプレートの、
沈み込み境界線がはっきりと見て取れる。

インド・オーストラリアプレートは北東に、
太平洋プレートは北西に動く。
その両方の影響が受けるのが、フィリピン海プレートだ。



長い間少しずつ伸びたり縮んだりしていたものが、
ここにきて限界を超え、元に戻ろうとする大きな力が働いてきている。

地震の無い大陸内側の北の方は、
自然の問題ではなく、経済破綻の危機を迎えている。

世界大地震と、経済崩壊の危機が、
同時進行してきている気がする。

どんな文明も種も絶滅の危機を迎える時が必ず来るが、
まさか自分が生きている時にやってくるとは。

マヤ暦の大周期の一つの区切り(年末みたいなもの)が、
5125年で1度来るのだけれど、
生きている間にそれに当たるということ自体からしてレア・・・。

なので、ほんと、覚悟はしているけれど、
実際は「わぁー!」っていう驚きもすごくある。

約1週間前の静岡県東部の地震、
昨夜のミャンマーの地震、
これは、
インド・オーストラリアプレートと、
太平洋プレートが同時に沈み込んでいる証拠なので、
ほんとに近々、フィリピン海プレートが、
「もう限界ですー」ってピョンって跳ね上がるかも。

そう、東海沖地震である。
想像を超えた大津波が発生することは間違い無い。
静岡県沿岸部に実家がある私としては、
出来ることなら、なるべく日本列島から離れた、
南の海のほうの震源地であってほしい。

でも、
こうやって世界は変わっていくんだなぁ。
新しい地球になって、
人間が食物連鎖のピラミッドの一番上じゃなくなるとき。
また、数万年ぶりに絶滅危惧種の仲間入りだ。

23日にマヤ暦研究の第一人者、
ホセ・アグエイアス氏が亡くなった。
なんというタイミングなのでしょう。

「死」はよく不幸の枠組みに捉えられるけれど、
自然に召された命は尊く、光の集合体に救われた、とも言える。
ほんとは、制限のある肉体に縛られ、生きていく方が辛く大変だからだ。
が、同時に愛に溢れ喜びもある。
ここ(現世)で多くの事を学び経験し、
魂の成長を遂げたものが、次の次元に上昇していく。

これからやってくる、
一連の地震や自然災害、経済破綻は、
人類に与えられた魂の成長のための試練なのかもしれない。
 2011/03/25 09:46  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


| 次へ
プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。