« 2010年08月 | Main | 2010年10月 »
幸せのお手伝い part2


今日は、
ポール&あやさんのウェディングパーティのお手伝いをしてきました
わたしはお着物をコーディネートさせていただきました。

着物のご協力は京都丸紅さま。

ポールさんはシルク・ドゥ・ソレイユでバイオリニストをされていて、
あやさんはバレエを教えています。
ということで、二人とも姿勢が正しく、
とっても美しくお着物が似合っていました!

今年は婚礼のお手伝いをするのがこれで2回目。
なんだか私まで幸せです。
幸せオーラ満点な空気はいつ浸ってもいい感じ。
ついでに私にもハッピィな出来事がおきますように、
とお祈りしておきましょう

ポール&あやさん、末永くお幸せに
 2010/09/30 21:49  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


ラファ


この間の全米オープンテニス男子決勝にて優勝し、
生涯グランドスラムを達成したラファエル・ナダル。

そのナダルの特集が、
WOWOWのノンフィクションWで放送されていた。
日本で初の独占密着取材だ。
題して「太陽の男 ラフェエル・ナダル」

今シーズンはほぼストレート勝ちしてきたナダル。
やすやすと、という印象も強いが、
誰にでも人には見せない努力がある。

2009年のシーズン途中から始まった辛い時期、
そして今年のウィンブルドンから復活し、
ついにグランドスラム4大会すべての優勝を勝ち取った、
生涯グランドスラムの達成まで、
彼のコーチや家族、練習スタイルや本音、
など短い時間ながらよく編集されていた。

ラファの叔父でありコーチでもあるトニコーチが、
無償でコーチをしていることに一番驚いた。
何でも言える関係を崩さないためだとか。
しかしその厳しさは半端ではなかった。
現代スポーツの科学的な側面はいっさいなく、
普段から厳しくトレーニングし、コートでは特別な事をするのではなく、
普段通りのそのままでプレーすれば勝てる、
というセオリーの全力投球の練習。

故郷のマジョルカ島を離れることなく、
家族に囲まれ、
幼なじみのガールフレンドもいる環境で、
ラファは成長してきた。
彼自身が特別であったこともあるけれど、
回りが彼を大切に育ててきたことが今の彼が存在する由縁である。

昨年、
ロジャー・フェデラーが一足先に生涯グランドスラムを達成し、
彼を好敵手とし、フェデラーと同じ時代にプレー出来ることを感謝する、
と言っていたナダルが、今年生涯グランドスラムを達成した。
ナダルにとっては、
常に前にそびえていた大きな山がフェデラーだったと思う。

彼らに共通していることは、
テニスはゲームであり、
勝っても負けても人生の終わりではなく、
テニスよりも、健康や家族、友人たちなどもっと大切なものがある、
と分かっていること。

私はフェデラーのテニススタイルが好き。
むしろナダルよりも好き。
あのクールな感じが。
それとは正反対に熱い試合を展開するナダル。
思うに、クレイコート(全仏ローランギャロス)で強い選手は、
熱いタイプが多く、
芝のコート(全英ウィンブルドン)で強い選手は、
クールなタイプが多い気がする。
芝のフェデラー、クレイのナダル。
その二人が互いに尊敬しあっていることがなんだかとっても嬉しい。
そして、この二人が同じ時代にいて、
その試合を観られることを幸運に思う。

テニスからはいつも、
「まだまだやれる」「諦めるのは早い」「プレッシャーを超える」「逆転」
「もう一度見つめ直す」「希望を持つ」「発想を変え、形成を立て直す」
などなどさまざまななことを学ぶ。

大あれ小あれ人にはそれぞれ辛い時がある。
そんなときにナダルやフェデラーのようなテニス選手の試合を思い出し、
誰だって持っている「あともう少しできる」を振り絞ることが出来る気がする。
彼らはプレーしながらそんな希望を観ている人に与えている。


来週、そのラファが日本に初来日する!
楽天 ジャパンオープンテニス チャンピオンシップス2010
今回幸運にも招待席チケットを頂いたので、
彼が無事に来日しそのプレーが観られるのを楽しみにしている

VIVA TENNIS!!
 2010/09/29 20:49  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


プチ断食


牡蠣食べ放題の翌日から2日間プチ断食しました。
初めてのプチ断食。

シュウ・ウエムラ プロデュース、
イムダイン社の「ファステンクラブ」を使用。
2日間、特製のサポートジュースを飲み、
それ以外は、お水かスポーツドリンク、ハーブティだけを飲んで過ごしました。

思っていたよりは空腹感に襲われず、
無事に2日間を過ごせました
なんとなくスッキリ!
わたくし、断食に向いているかも。

体重は1kgしか落ちていないのですが、
ウェスト回りにはけっこう変化あり
舌の感覚もかなり鋭くなっていて、
断食明けに作って食べたお粥と野菜入りお味噌汁が美味しかった!
体に染み渡る、とはまさにこのこと。

満腹だと苦しいので、
腹7分目ぐらいの食事でしばらく調整していきます。
けっこう少量でも満腹感を感じるし、
胃が休んでいたのでゆっくりとならしていく感じ。
明日からは待機させていた酵素玄米を中心とした食事に戻し、
2週間後には第2回目の「ファステンクラブ」をやる予定。
2回目のほうが体重的な効果は高いみたい

この「ファステンクラブ」をするのには、
水分摂取がキーで、もともとミネラルウォーターを沢山飲む私には、
かなり合っているダイエット法だと思った。

時間をかけて付けていった脂肪なので、
なるべく体に負担をかけずに減らしていこうと思う。
ダイエットは健康に悪いイメージだけれど、
でも!実際にその希望体重で生きていた時代があるんです!
というのが私の言い分

このプチ断食は、体が健康な人は1年に1回くらいやると、
胃も休まり体もすっきりし、けっこう良さげな気がするな

なんとなく体に不純物があると感じる人にはオススメ!
でも用量用法をよく知ってからお試しください
 2010/09/29 14:30  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


Prime Mover by 佐藤好彦


シブヤ西武を歩いていたら、発見!
佐藤好彦さん「Re: Re-play」展のひとつ、「Prime Mover」

「延長」「増殖」といった奇形化の作業によって、
大量生産された工業製品に潜んでいた、
機能や形態のエネルギーがみるみる増幅し輝きを増す。
(パンプレット本文より)

これ、210万円で買えます。
公道を走っていいのかな?
免許は中型免許になるのかな?

荷物もちゃんと入ります。

でも、やっぱり一人乗りかな。
だって、急ブレーキしたらみんな前にギャザリングしちゃう

 2010/09/28 06:26  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


三陸の秋味 初牡蠣食べ放題


昨日名古屋から帰ってきました

東京に到着後、友人たちと集まり、
初牡蠣食べ放題、に行ってきました!

三陸産初牡蠣、焼牡蠣、カキフライ、
が食べ放題で¥3,980−!!

牡蠣が好きな私は大喜びで、
新鮮で美味しい三陸の牡蠣をお腹いっぱい食べてきました。
この日は2産地の生牡蠣を食べたのですが、
私は、下の写真の小降りな牡蠣の産地のほうが好きでした
あとなんといっても焼牡蠣!
これはシラスとオリーブオイルとガーリック少々で味付けしてあって、
とってもとっても美味しかったです!
トータル22個は食べたと思います。

こんな食べ得なキャンペーン初めて
穴場なので牡蠣が大好きな人はぜひ行ってみてください。

「ガンボ&オイスターバー」
「フィッシュ&オイスターバー」
「シュリンプ&オイスターバー」
各店で開催中

2日前までの要予約制です。
ちなみに私が行ったのは、
「フィッシュ&オイスターバー」シブヤ西武店
お店も綺麗で安心して食べられました。

 2010/09/27 11:37  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


| 次へ
プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。