« 2010年04月 | Main | 2010年06月 »
デジタル世代の目


昨日の夜から、
フィルム時代の旅行で撮影したものをデジタルデータ化するために、
フィルムスキャンを始めた。

ここで衝撃が。
旅行終了後に、一番楽しみにしていた写真の現像。
記憶では、出来上がった写真に多少のピンボケはあったものの、
脳に保存されている記憶が補正をかけているのか、
それほどアラは気にならなかった。

けれど、あれから10年。
4〜5年前からデジタルカメラだけで撮影を始め、
すでにデジタルでしか写真を見ていない。
どうやら目が高画質に慣れてしまったらしい。

フィルムスキャンした画像を見たときに、
あまりのボケぶりに、
最初は解像度のせいにしていたけれど、
なんのことはない、ただのピンボケだった!
そのピンボケの数の多さに、撮影者ながら引いた・・。

もはや記憶も薄れているので、
いったい何の写真なのか意味不明なのも多数。
悲しい

しかも感光してしまっているフィルムもあり、
それはプリント写真からスキャンすることに。
旅行写真は、撮った順番が一番大事な私は、
データ名に順次番号をつける。
そのために、フィルムの感光を発見次第、
プリント写真をスキャンという、
交互にスキャンするはめになった

作業がかなり細かくなり、
しかも写真がカイロ考古学博物館の遺物だったりするので、
気分は考古学者。
緻密で根気のいる作業、みたいになってきた。

ちょっとこれを始めたタイミングが悪い気がするけれど、
忙しくなるときにこういうの始めちゃったりするんだよね、だいたい

考古学博物館はかなり暗かったうえに、
当然のことながらフラッシュ禁止なので、
手ブレ&ピンボケが多かったのだろう、
ということでこの後の野外の写真に期待

写真は、ツタンカーメンの黄金のマスク
 2010/05/30 18:44  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


「SEX AND THE CITY 2」試写会


昨日「SEX AND THE CITY 2」を観てきました

私の中ではすっかり盛り上がりに欠けていたSATC2だけれど、
結論から言うと面白かったし観て良かった。

不景気を吹っ飛ばすために、
思い切り贅沢なセッティングにしたらしいので、
どんなとんでもないことになっているかと思ったら、
意外にも地に足のついたロケだった。

逆に、もっと最高の贅沢があるはずで、
あの4人が驚くほどのことでもないシチュエーションだと思った。
アブダビのホテルも、
ため息が出るようなホテル、って感じじゃなかったし、
飛行機のファースト・クラスも、
なんならプライベート・ジェットくらい飛ばしてほしかった。
ドラマの回でプライベート・ジェットが出ただけに、
ただの豪華めファースト・クラスでは物足りない。

懸念していた行き過ぎファッションは、
これまたほぼ違和感なく楽しんで観ることが出来たし綺麗だった
(もちろんセンス抜群!というのからはすでにはずれていたが・・)
ブランドPRを兼ねていることを思えば納得。

PRといえば、
キャリーの執筆用PCが、
Macからスポンサーのヒューレット・パッカード製に変わったというので、
しっかりチェックした。
厚みのあるボディで洗練度はやっぱり落ちる。
ロゴが一つも出てこず気の毒なhp。ちょっと同情。
でもやっぱりクリエイターはMacじゃないとね

それよりも!
ミランダやキャリーのダジャレが健在だったのと、
サマンサが相変わらずなのに最高に笑った。
今回は中東に行くので、
ユダヤ人の旦那様を持つシャーロットが旧姓で通したくだりとか、
女性の地位が低い中東でやりたい放題のサマンサが、
いかにもザ・アメリカ!って感じで笑った。
イスラム圏で公開禁止にならなきゃいいけれど・・・。

サマンサをのぞいて、
他3人はすでに既婚者となっているので、
恋愛要素としての見所は多少落ちるが、
結婚2〜3年目の夫婦の問題、
後で正すためにあるような前半の馬鹿さ加減や間違った選択など、
女友達4人が相変わらず、
時に本音を言って、時に言葉を抑えて、
支え合っているのが微笑ましかった。

カップルの組み合わせそれぞれで抱えている問題は違うし、
やっぱり同意を求めるのは無理だろうか?
と悩むくだりは、現実的でSATCの別の部分の良さである。

結果的には、
「大切な誰かとの未来を守る」というところに落ち着いていて、
ちょっと安心した。
形はさまざまだけれどね。

余談だけれど、
キャリーとビックの新居のインテリアはイマイチな気がする。
前のキャリーとビックのそれぞれの家の方が好きだったな。
特にキャリーの独身時代の家は居心地がよさそう。

でも、夫婦の形として、
独身時代とは明らかに違う雰囲気を出したかったからなのかも。
シャーロットやミランダのところとは違う、
子供を持たないことを選択したキャリーとビックの、
「ずっと2人だけなのだから」を意識した住居だと思うと、
かなりゴチャゴチャしたインテリアだったし、
意外によく考えられているかも。

「ずっと2人だけなんだから、退屈な夫婦にならないようにキラキラ生活していける努力を怠りたくない」
というキャリーとビックの形は、
これからの熟年カップルにとっては大切なテーマかもしれない。

なんだかんだといって長くなっちゃった。
まぁ結局のところ、SATCとはそういうドラマなのです

「プロジェクト・ランウェイ」のティム・ガンもカメオ出演していて、
ニューヨークのファッションが一致団結している感も楽しめます。

「SEX AND THE CITY 2」
公開は6/3〜。
さっさと見に行ってください
 2010/05/29 08:24  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


iPad 本日発売!


ついに、
「iPad」が本日発売!
スティーヴ・ジョブズ氏の「こうなったらいいな」が形になり、
人々がそれを手にする時代がやってきた。

iPhoneはこれの布石だったのかも。
電話のほうがユーザーが広まりやすい。
日本は特にPDAが根付かなかった国だから。
iPhoneほどは広まらないとは思うけれど、
ファッション・アイテムとしては普及しそうだ。

今後打ち合わせ先やカフェ、
どんなシーンでiPadを見かけることが出来るだろう。

5月ももうすぐ終わり。
あっという間だったな。
5月はほんとうに平和だった。
悪く言えば仕事の本数はそれほど多くなかった。
けれど、ある意味この10年で一番実りが多かったかもしれない。
そしてここで得たことはこの先の何十年に役立つことのような気がする。

意味のないことは日々起こりえない。

時代の変化に耳を澄ませながらしなやかに生きていきたいな。
 2009/07/01 00:00  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


new job !


来月は新規の仕事が多め。
その打ち合わせが今週に入ってバタバタと始まりだした。

今日は夕方までは自宅にて、
スタイリングのアイデアをまとめる。

楽しくなりそう!

always be fun!
have a nice day everyone!
 2010/05/26 06:48  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


ナイスなファミリー


先日の日曜日は荻窪の知人宅で、夕ご飯のおよばれ。
ご飯の前に一服お抹茶をいただいた。


この家のご飯は、
ほぼマクロビオティックよりでいつも安心していただける。
この日は、珍しくイカと、ミートソースが登場。


麺はもちろん自家製生パスタ。
そしてミートソースにとっても良い牛肉を使用しているので、絶品。
持って帰りました、ミートソース。

庭に生えているハーブを息子が摘んでパパがサラダにする。
子供がすくすく健康に育ちそう。
子供参加型のお料理はとっても楽しそうだった。

この家族を象徴するような一枚を撮影しました。


いいですねぇ〜。
 2010/05/25 09:33  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


| 次へ
プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。