« 2009年03月 | Main | 2009年05月 »
豚インフルエンザ!
経済の立て直しよりも最優先事項発生!

メキシコから発生した豚インフルエンザ!
今日は世界中でこのニュースがトップニュースなっています。

このニュースを見ていて私が一番に思い浮かべたのは、
カナダのドラマ「リ・ジェネシス」

どこかでバイオハザードが起きると、
現実的には、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)、
WHO(世界保健機構)などが調査に出動するのですが、

このドラマではカナダにあるNorBAC(北米バイオテクノロジー諮問委員会)が、
どこの機関よりも抜きんでて原因調査に長けている、
という設定。

主任科学者で分子生物学が専門のデヴィッド・サンドストロームは、
高名な天才科学者で、
多彩なアイデアで世界各地で起きるバイオハザードの芽を、
まだ広まる前にアメリカの玄関口で拡大を防ぐことに尽力している。

NorBAC(ノーバック)には、
アメリカ政府が出資しているので、
新しい発見(糖尿病やアルツハイマーの治療薬の手がかりなど)があった場合は、
アメリカ政府にその権利があるが、
このサンドストローム博士はその手の利権争いが大嫌いで、
新種のウィルスが発生したり、その対応策を見つけると、
上の許可を取らずにNorBACのホームページ上ですぐに情報を公開している。
と、面白い構図も見え隠れする。

他にも、
メキシコ人のカルロス・セラーノ(専門:遺伝子・解剖学)、
ロシア人のボブ・メルニコフ(専門:生化学)
アメリカ人のレイチェル・ウッズ(専門:ウィルス学)
ベトナム人のメイコ・トラン(専門:生物情報学)

という、人種も国籍も様々な優秀な研究員が集まっている。

軟弱な科学ドラマと違って、
このドラマは、ちょっと小難しくて、
うんちく好きな私にはとってもワクワクするドラマなのです

ついこの間も、
メキシコの反乱軍の兵士の中から発生した、
過去にアフリカで発生したウィルスの変異株の対策に奔走するという話だった。
このウィルスはワクチン耐性があり、
100種類のワクチンカクテルを試すなど、
気が遠くなる作業が繰り返された。

1話につき2〜3件の案件が発生するので、
ただでさえ専門用語だらけで、
適当に見ているとまったくもってストーリーについていけない。


私がこのドラマを好きなのは、
科学の世界もクリエイティブな世界で、
アイデアが大事だということ。

地球上は太古から存在するレトロウィルスに溢れている。
これが人体に有害なウィルスに変異するのには、
他のウィルスやバクテリアとの間で遺伝子交換が起きたか、
環境の変化により進化したか、
ということになる。

それを調べるのと同時に、
ワクチンを作るために、患者ゼロを特定する。
患者ゼロを特定することによって、
感染経路が分かり、次の予防に繋がるからだ。

こんな風に、
未知のウィルスに出会うと、
ある特定の知識だけで対応出来ないのはもちろんのこと、
視点を何度も変えてみる必要がある。

すべてにおいて深い洞察力と閃きとアイデアが必要。

「リ・ジェネシス」はそういった面でも、
いろいろなウィルスやこの手の研究に大切なもの(肝細胞とか)について勉強になるだけでなく、
基本的に生活の中で何に気を付けなければいけないのかが学べる。


そんなわけで長くなりましたが、
今回の豚インフルエンザも新種のウィルスなので、
患者ゼロの特定と、ウィルスの正体を特定、
このウィルスに免疫がある人がいるのかを調べるため、
同じ状況で感染した人しない人との生活習慣の違いを徹底的に調べる、
そしてワクチンを作る。

など多角的な対応が必要で、
デヴィッド・サンドストロームのような人々が活躍しているのだろうなーと、
思いを馳せてしまう私なのでした。
(ちなみに、デヴィッドは科学者然としていなく、身勝手な天才エロ男な設定)

ワクチンは数ヶ月かかるだろうから、
上記調査の速度を速めないと、
地球規模で広まる可能性がありますね。

どんなウィルスにも基本対応策は一緒、
マスクをし、手洗い慣行、感染している人に近づかない、
が大切。

日本の玄関成田からこのウィルスが入ってこないことを祈ります。

&「リ・ジェネシス」オススメです
 2009/04/27 12:49  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


「MODELINIA(モデリニア)」

面白いサイトを発見!

WWDで紹介されていたのですが、
世界のモデル達がデザイナーにインタビューしたり、
ショーの舞台裏で、ある特定のモデルに密着した映像があったり、
モデル達が仕事で感じていることを「話す」サイト

私達にもいろいろな裏話がありますが、
まぁ得てしてゴシップ的に扱われるので、
人のプライバシーもあるので自分のブログにはあまり載せないですが、

「MODELINIA(モデリニア)」は、
当の本人達が喋っているのだからよりリアルで面白い。
あまり、モデルの人間像が見えないファッション業界において、
ありそうで無かったサイトですね

「モデリニア」創業者兼CEOのデジレ・グルーバー氏へのインタビューによると、

「モデルを打ち出していけばいくほど、ファッションシーンももっと盛り上がるはず」ということだ(WWDの記事より)。

日本にはいわずもがな、
モデルブームを異常に盛り上げた東京ガールズコレクションがあるので、
モデルに着目したビジネスが成功するのは頷けます。

サイトでは、
モデルのストリート・スタイルや、
カバー特集(私はアギネスのが好き)があったりと、
私達のリサーチにも大助かりな内容になっている。




実際どんなことに興味があって、
今何に関心があるのかは、
モデルと話してみないと分からない。
そんな機会は一般のファッション好きにはもちろん無かった。

映像によるモデル公式ブログみたいなもの
これはファッション好きにはたまらないサイトになりますね

ちなみに、デジレCEOは、
あの「プロジェクト・ランウェイ」のエグゼクティブ・プロデューサーでもある。
そして余談ですが旦那さんは俳優のカイル・マクラクラン(ツイン・ピークス)


下記、モデリニアのサイトです。
http://www.modelinia.com/


今シーズン、ミュウミュウやヴィトンにも出て、
世界各都市で大ブレイクした、
日本のモデルTAO(岡本タオ)もこのサイトで拝見したいですね
 2009/04/26 20:59  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


sunny day!


今日は天気がよいけれど風も強いね。
紫外線もね。

日焼け対策してお出かけ!

本当の過ごしやすい季節って実は短いよね。

暑くもなく寒くもなく天気も良い、みたいな。


昨日東京は寒かったけれど、F1バーレーン戦公式予選見てたら、
気温38度、路面温度45度だって!!


暑すぎる。。。
 2009/04/26 10:38  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


amarenaさんありがとう!


実は、以外と懸賞好きな私です。
幼い頃から好きだったかも。

以前、ブログでも書いた、
「amarena創刊号」で、
プレゼントに申し込んでみたのですが、
当たりました

実は、もうそのことを覚えていなかったのですが、
先日プレゼントが届いてちょう喜びました。

なぜならそれは、
スワロフスキーとフィリップスのコラボイヤホン、
「Active Crystals」だったから



私がこのイヤホンのサンプルを見たのは、
2007年の後半、スワロフスキーさんとのお仕事で。
展示ケースに入った様々なサンプルの1つが、
このキラキライヤホン!
そのときもスタッフと、
「これ欲しいよね!でも高そうだな。」と話題になっていたのです。

あれから1年半たったいま、
手元にこれが来るとは。
とっても嬉しいです

大切に使わせていただきます
「amarena」さんありがとう。
今後も素敵な特集記事を楽しみにしています。
るん
 2009/04/25 14:21  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


青汁



今日は、ヘアメイクのみさっちと”野外活動”の予定でしたが、
雨なので中止でーす

時間に余裕の出来た私は、
またワッフル作って食べてます(マジはまってます。太ります)

そして青汁!


この青汁、名古屋の味噌煮込みうどんで有名な、
「山本屋本店」のメニューにあった野菜ジュースがレシピになっています。

お店で一口飲んであまりの美味しさに惚れ、
それ以来このレシピでたまに飲んでいます。

体にも良さそうなこのレシピ公開します。
すべて適量。

・ほうれんそう
・セロリ
・ニンジン
・青じそ
・リンゴジュース(出来るだけ濃厚なほうが美味しい)
・抹茶の粉
・レモン汁

あとはジューサーでかき混ぜるだけ。

お試しあれ
 2009/04/25 09:04  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


前へ | 次へ
プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。