« 2008年03月 | Main | 2008年05月 »
可愛い!!
JAL-DCカードのキャンペーンにいつの間にか応募していたらしく、それにちゃっかり当選し、『マナーバッグ』と『エコバッグ』が送られてきた!


『エコバッグ』の正しい使い方。
それは、スーパーのビニール袋使用を減らすこと。

似たような布袋は沢山持っているのに、今まで一度もマイバッグでスーパーに行ったことがなかった!

きちんと『エコバッグ』と命名されたこのバッグが手元に来て初めて、スーパーにエコバッグを持って買物に行こう!という気持になる人の心理の不思議さよ。
なんにせよ、今日という気持の良い休日を境に、これからはエコバッグ持って買物することにします。

あと『マナーバッグ』という名の超ラブリーなゴミ袋が入ってました!

はっきり言って、レジャーの後の片付けとゴミ回収はこれでもうワクワクです。
というか使うのもったいない・・・・・。

でも、素敵な時間を過ごさせてもらったその場所に感謝しながら、最後まで暖かい気持で車にゴミを積んで帰れそうな一品です。
 2008/04/29 14:28  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


神の島ー久高ー
縁があって沖縄・久高島に行ってきました。

沖縄本島、安座真港からフェリーで25分のところにあるこの島は、
あまり人に知られてはいない。
斎場御獄(せーふぁうたき)から望むことが出来る神の島。

この島にはすべてがありました。
自然との対話。
それはそもそも自分との対話であり、他者との対話である。

地球という星の上で生まれ死んでいく。
土から生まれて土に還っていく。
自身の身体を作り、自身の身体から創られるもの。
全ては循環していて、つながっている。

人は単体で生きているわけではない。
島では自然や人とのつながりに感謝することで日々が始まり終わっていく。
そういう気持ちを持つことがすべてにつながっているからだ。
手を合わせて祈ることが当たり前。

そうやって日々を過ごし、すっかり浄化された気分になって帰ってきました
ここで得た何かは私の次の大きなステップに必要不可欠だったように思えます。

久高の島人に、
厳しいけれどそっと触れたくなる久高の神様に、
また会いに行きたいです。

 2008/04/23 23:24  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


モード界のロールスロイス引退とカバラの関係
wowowで「ビハインド・ザ・ファションーモードが誕生する、その瞬間ー#6」を見ました。

2008年春夏オートクチュールコレクションを最後に引退したヴァレンティノ・ガラバーニのドキュメンタリーです。

wowowがこのような秀逸な番組を数多く持っている事実への賛美はまた別に書くとして、
今回のこのドキュメンタリーは、つい先頃私がロシアのレポートでも書いたように、
通常カメラなどが入ることの出来ない、フィッティングやショー本番中のバックステージがカメラにしっかりと収められていることです

この映像は完璧に保存版です!

そして私は見た(大げさ?)!

バックステージ、ランウェイ直前で、モデルのヘアアクセサリーを自らモデルに付けてあげているヴァレンティノ・ガラバーニの右手首にしてある赤い糸を!


これは、マドンナが信仰しているユダヤ神秘主義の「カバラ」のRED STRINGでは?!

カバラの意味するところは、「伝承する」「受け入れる」です。
「師が弟子に伝承した神秘」という意味もあります。
ヴァレンティノのDNAを思わさずにはいられません。

ヴァレンティノの左手には時計やブレスレットが輝き、
その創造の黄金の右手にはカバラの赤い糸。

この糸を手に結ぶとき、世界や人々の幸福、そして自分の願いを7回唱えます。
通常左手ですが、ヴァレンティノは右手。

もちろんこれがカバラの赤い糸かどうかはっきりとは言えません。

が、奇しくもショーの最後はヴァレンティノ・レッドの赤いドレスを身に纏ったモデル全員がフィナーレを飾った。

 2008/04/15 12:35  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


カイバ
また面白いアニメが始まった

衛星放送WOWOWで、4/10〜放送スタートした「カイバ」。

記憶の保存が可能になった架空の小さな惑星の話。
記憶の違法な売買や、現在の身体を捨てて新たな身体への乗り換えなどが横行する世界。
記憶を売買したり盗んだりするのは、「雲の上の金持ち」。
いっぽう記憶を抜き取られて身体はまた別に売買されるのは、「地上の人」。
カイバという名の記憶を失ったひとりの男が壊れた奇妙な部屋で目覚めるところから物語りは始まる。

 http://www.wowow.co.jp/anime/kaiba/

過去にも「ケモノヅメ」「エルゴプラクシー」「ムーンライトマイル」「死霊狩り」など、秀逸なアニメを放映してきたWOWOW。

どれも、内容的にとても興味ぶかく近未来を描いている。

マクロとミクロ、インナースペースとアウタースペース、肉体と精神。想像を駆使して描かれる世界は、海外のアニメには観られない特徴があると思う。

「マトリックス」の一部元ネタとなった「攻殻機動隊」が発表されたのはもう12年も前。
ここですでに記憶がトレース可能という世界観が語られた次第。
それはすでに仮定ではなく前提ですらある。

昔から「人間機械論」などを始めとする哲学書にもその概念は描かれているが、
それらの表現手段として「アニメ」が使われるのがある種リアルな気がする。

最近のアニメには何か既存の概念に囚われまいとする精神が感じられ、何かを創造する時に不可欠な「拡がり」を再認識する。

むしろアニメだからこそ出来るのだろうが、
人は「ニュース」になるまではその新しく定義された概念を認識しない。

それもまた歯がゆく面白い
今後の作品も楽しみ
 2008/04/12 12:57  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


Tabacco
 今日はNHKでの収録後、スタンダードワークスさん(恵比寿ガーデンホールの運営等を手がけている)に用事があって立ち寄り、そこで荒牧氏と世間話に花が咲いた。

 そのときに、世界の巨大企業の陰謀説〜最近のタバコと愛煙家の受難についての話になり、「タバコってこの先どうなるんだろう?」と、私の妄想はぱーっと膨らみました

 最近のタバコや愛煙家さんの受難はなぜこうも急激に社会現象になったのか?

1.
実は私達の知らないところでバイオ研究結果が発表されていて、現在の少子化や細胞レベルでの劣化の主な原因が受動喫煙によるもので、大きな声ではいえないが相当危険。主に成長期の子供の受動喫煙が生殖機能に影響を及ぼすなど。

2.
西の某大国あたりから発信された思想の1つで、「このまま喫煙を放置していたら我が民族は滅びてしまう!」と闇の権力を持ったお偉い方が言いだし、自分の子孫や未来を担う子供達にタバコという存在そのものをいっそ知られたくない!と現在の広告禁止にまで至った。

 タバコを未だかつて嗜んだことのない私にとっては天国のような状況に世界は進んでいるわけですが、少々不気味に感じてもいる次第。

 ある日突然私が拉致されたらこの発言が原因
 その時はこのブログを思い出してください
 2008/04/10 22:58  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


| 次へ
プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。