« スタイリストの仕事 | Main | 仕事と遊び »
iPhoneケース カタリスト



今までさまざまなiPhoneケースを使ってきましたが、
ヴィンヤードで仕事を始めてからは、
私が好んでいたデザインのケースは一切使えなくなりました。

きっかけは、
ヴァレンティノのレザーケースに入ったiPhoneを
汚したくないので更にビニールに入れて使っていたときのことです。

そのビニールでブドウのベタベタや、
手に付いた泥、雨水などから保護出来ていると思っていましたが、
考えが甘かったです。

私の仕事場は想像以上にiPhoneには過酷で、
まず充電するコネクタ部分に粉じんが入り込んで接触不良を起こし、
充電が出来なくなるという状態になりました。

それを旦那さんに相談したところ、
旦那さんが買ってきてくれたのが「catalyst」というiPhoneケース

防水、防塵、耐衝撃、
まさに私の仕事環境にぴったりの機能。

お尻のポケットに入れて作業することも少なくないし、
雨の日に電話を取り出す機会も多く、
泥まみれの手で電話を扱うことも多々あります。
土埃の道に電話を落とすこともあります。

綺麗な手で触ることがほとんど不可能な職場で、
天候に左右されないストレスフリーなiPhoneケースは、
今のところ、この「catalyst」以外見あたりません。

1年以上、さまざまなシチュエーションで実際に使用してみて、
不満は1つもなく完璧です

ただ1つ注意しなければならいことは、
何かの理由でケースから電話を取り出す際は、
ケースの上から電話を押し出したりせず、
軽く振りながら電話を外さないと、高性能な極薄フィルムが外れてしまいます。
ちょっとでも隙間が出来れば防水・防塵の性能はかなり低下します。

取り出すときに、
心理的に思わず指で押し出してしまう人も少なくないと思うので、
「電話を取り出す際の注意」として大きく記載したくれたほうが親切かもしれませんね。

それでも、汚れたら水でジャブジャブ洗えるし、
この仕事をしているかぎり、
この「catalyst」は手放させないアイテムとなりました
 2017/10/10 02:58  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


乗り遅れのパンケーキ



日本にパンケーキ屋さんが乱立してその話題に溢れていた頃、
ニュージーランドでよだれを垂らしながら写真を見ていた。

帰国して、一時のピークが過ぎ去った今、
ようやく食べることが出来た

「J.S. パンケーキ カフェ」にて。

私はレモンとリコッタチーズのパンケーキにしたけれど、
友人が頼んだパンケーキのほうが見た目がすごかったのでそちらの写真を。

とりあえず、パンケーキ専門のお店はニュージーランドにはまだ無い。
オークランドに1件欲しいなぁ〜。

 2016/05/27 06:17  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


富士山麓、浅間大社本宮



浅間大社本宮に参拝。

実家から車で1時間ほどなのに今まで訪れたことがなかった。

かつて行者は、まずこの神社で禊ぎをしてから霊峰富士に入ったという。



その禊ぎの池は、驚くほど透明だ。
そこには虹鱒の稚魚が群れを成して泳ぎ、
ときに羽虫を補食するために水面にはねる。

水底の砂が見えるほどに青く透き通っている。



神社の近くにある、
富士宮名産、富士宮焼きそばのお店が集まる路地では、
富士山の湧き水が、セルフサービスのお水として供されている。

なんと贅沢な。
水の清さに心洗われる。




 2016/05/24 21:17  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


鎌倉最古



鎌倉探訪。

1282年前に建てられたお寺「杉本寺」



千年を超える時を経てきた重みが、
削れた石段や、本堂の柱から感じられる。

闇の奧にいらっしゃる観音様の前に座る。
お堂の奥の方からはひんやりとした風がそよいでくる。

世界の国々にある信仰宗教とは明らかに違う何かがそこにある。

日本はやはり不思議な国だ。

今回の日本滞在は緑に彩られている。

新緑、抹茶、緑茶

美しい日本、美味しい日本を存分に味わう。



そして、そのうちのいくつかをニュージーランドに運ぶつもりだ。

厳選した日本酒と緑茶を日本の逸品として、
お世話になっている方々に贈りたいと思う。

 2016/05/23 20:51  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


山菜の時間



日本の醍醐味
山菜 シドケとアイコ

口にいれた瞬間、山菜が持つ渋みが沁み渡り、
箸が止まらなくなる。

身体が欲しているものが
まさにいまピッタリと与えられたのだと思う。

季節のものをシンプルに戴く。

贅沢。

 2016/05/21 13:03  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


| 次へ
プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。