« ワイナリー | Main | ガーデンと畑 »
Silkie(烏骨鶏)の卵



にわちゃんたちは、
毎日卵を産んでいるなぁ〜というときと、
あの子とこの子が今は産んでいないな、と産卵のタイミングがバラバラです。

今は7羽のうち6羽が卵を産んでいるので、
最新の我が家の朝の採卵個数は6個

左上の茶色い卵から時計回りに、
黒ちゃん、ゴルゴルちゃん、グレアラちゃん、黒アラちゃん、チビアラちゃん。
そして真ん中の白いのがSilkie(シルキー)です。

シルキーちゃんは2羽いるのですが、
そのうち1羽が昨日やっと卵を産んでくれました。

普通の鶏が年間平均200個〜300個卵を産むとして、
シルキーちゃんは年間50個〜60個しか卵を産みません。

そのせいか栄養が集中しているらしく、日本食品分析センターの分析によると、

ビタミンAはウナギの10倍、
ビタミンB2は牛レバーの1.5倍、
鉄分はほうれん草の10倍、
亜鉛は大豆の3倍、と豊富です。

その他にも、カルシウム、ビタミンE、レシチン、DHA、EPA、
がたくさん含まれているとのこと。

効能としては、
高血圧、狭心症や心筋梗塞、脳血栓や脳出血などの脳卒中に有効、
アルツハイマー病、記憶障害、自律神経などの強化改善に役立つ、
脂質を乳化し運搬する作用、解毒作用、血液中のγグロプリンの増加作用、
インシュリンの必要量を減らす作用、
妊婦中毒症に好影響を得る、

など、かなりのスーパーフードぶりです!

私が30代の頃、なぜか卵は悪者だった時期があります。
卵の食べ過ぎがさまざまな病気の原因とされていた気がします。

いま思うとあれはなんだったのだろう?と思います。
何か別のものの良さをアピールする為に、比核対象物をディスる、
という極端な宣伝手法に踊らされていただけかもしれません。

食べ過ぎると体に悪いのはどの食べ物も同じなので注意するとして、
食品の持つ栄養素や効能を知って、少しずつ取り入れるのがいいかも。

そして体が欲するものを素直に食す、これが一番私にはハッピーかな
 2017/09/10 07:24  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


ぴよたんママになる、、かも?


去年の11月に生まれてたった一羽だけ生き残ったぴよたん。

つい2日ほど前から姿が見えないことが多く、
これはどこかで卵を温め始めたかな?
と思っていたのですが、
ダック女子たちはなかなか見つけにくい場所に産卵をするので、
ぴよたんが巣作りした場所を特定することが出来ないでいました。

水場のそばからそれほど遠くない場所を選ぶはずなので、
数カ所検討をつけていたのですが、
昨日彼女が卵を温めている巣を発見

ピンクの丸の部分が入り口で、
ここから1.5mほど奥の茂みの中にありました。


あんなに小さくてピーピー鳴いていたぴよたんがママになろうとしている。
ぴよたんは生まれてすぐに育児放棄されたので私たちが育てました。
ぴよたんのママがぴよたんを生んだ場所は小屋の中でした。
だから私が水やエサを運んだり余計なお世話をしてしまったのですが、
今回は他の野生のダック同様に野外で抱卵しているので、
私は一切介入しないことにしました。

卵を産んでも抱卵を始めなければ、
最大2週間くらいは孵化のチャンスがあるのですが、
(1日1個ずつ産むので数が揃ったら抱卵を始める)
1度抱卵を始めたら細胞分裂が始まるので、
その後3週間は1時間以上卵から離れることは出来ません。
細胞分裂の始まった卵を1時間以上放置すると死にます。

今のぴよたんはたまに1時間以上外にいるときがあるので、
きちんとみなうまく孵るのかどうかわかりません。

こういう人間が持つ知識は、
ダックは本能という形で備えていると思うのですが、
ダックは鶏に比べて温めたい気持ちが弱いように感じるので、
他にもたくさん誘惑が多い場合若いダックママは抱卵を継続出来ない可能性もあります。

けれど、うまくいけば、
今月末には中庭を歩き回るぴよたん親子の姿が見られるかもしれません

近くで待機中のパパとママ。
 2017/09/07 15:28  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


ガールフレンド?


女の子だと思っていた烏骨鶏ちゃんが男の子だったので、
女の子の烏骨鶏を2羽迎え入れました。

烏骨鶏男子はオールバック風だけれど、
烏骨鶏女子はプードルヘア。
綿のかたまりみたいで可愛い

さっそく、群れで唯一の男の子がチェックしにやってきた。
(柵の外が男の子)

さて男の子は同種のガールズ2羽に受け入れて貰えるかな??



今日は連れてきて早々に母屋に入れてみたけれど、
以前烏骨鶏男子がつつかれて瀕死になったことがあるので、
やはり安全な別宅エリアに2羽を移しました。

ちゃんと小屋の中で寝ているかどうか夜中にチェックしにいくと、
1羽は屋根の上、1羽は草むらの上で寝ていたので、
両方とも確保してきちんと小屋の中の干し草の上に寝かせた。

いきなり見知らぬ環境に連れてこられてストレスもあると思うので、
まずは環境に慣れるまで安全な別宅で2週間ほど過ごして貰おうと思う。

 2017/07/16 16:18  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


男の子だった−!



烏骨鶏の雌を注文してやってきたのがうちのシルキーちゃん。

けれどある朝、
コケコッーーォォと鳴いているを聞いた。
まだあんまり綺麗に鳴けていないのだけれど、
いわゆるコケコッコーである。

ん??メスもこういう風になくものなのかな??
と思いつつも、もしや??という疑いが芽生える。

そして!
つい数日前から、
立派にコケコッコー!!と雄叫びをあげるようになった。
ついでに同年代の女の子に求愛をし始める。
こ、これは確実に男の子だね

正直残念でもあるけれど、
我が家に初めて仲間入りした男の子なので大切にしようと思う。
群れに1羽の男の子だったら平和が保てる。

まぁ小さい頃から他の同期に対してやや攻撃的で威圧的な態度を取っていたので、思えばあれがオスの兆候だったのかも。

その後黒ちゃん先輩(女子)にこっぴどく洗礼を受けてやや虚勢気味だったけれど、今後は群れの女子によく目を配る頼もしい男子に育って欲しい。

売り主に「男の子だったよー!」とこのことを報告しよう。
雌雄判定の今後の参考に。

 2017/07/14 08:00  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


アラウカナの卵目玉焼き



青い卵を目玉焼きにしてみました。

黄身の丸みがハンパ無いです。
色も濃いめ。
味も濃いめ。

アラウカナの青い卵は殻も少し固く、
中の皮膜も割と厚め。
でも大きさはSサイズ。

現在我が家では、
5羽のガールズが1日置きくらいのペースで卵を産んでいるので、
毎日3個〜4個の卵が手に入る。

茶色い卵を産む子が2羽。
青い卵を産む子が3羽。
白い卵を産む子が1羽(まだ産卵を始めていない)。

3対2で、冷蔵庫の中の青卵の比率が多くなってきました

 2017/06/19 09:19  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


前へ | 次へ
プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。