« Silkie(烏骨鶏)の卵 | Main | 卵を温める »
種を繋ぐということ



我が家で毎年育てているトマトはすべて固有種。
固有種は、英語ではHeirloom(エアルーム)と言って、
収穫した野菜から採取した種で、
翌年また同じ野菜を作ることができる種のことです。

種屋さんで売っている種のほとんどはF1種と言って、
美味しさと収穫量などを追求して品種改良されたもので、
素晴らしい野菜が出来る代わりに、
その野菜から採取した種からは、ほとんど同じ結果を得ることが出来ません。

同じ固有種でも、
私は種屋さんではあまり売っていないレア種が大好き。
現在6種類トマトがあり、
そのうち4つは4年前に友人からもらった実から種を採取したもの、
1つはご近所さんのお婆さんが20年近く繋げているトマトの苗をもらい、
1つはネットで見つけたものです。

入手困難となった種を繋ぐには、
毎年発芽させて育て、結果させて、再び種を採取する必要があります。

種には保存期限があって、
古くなれば発芽率がどんどん下がりやがて発芽しなくなります。

ヴィンヤードで仕事を始めてから、
忙しくて手間暇かけられなかったり、そのわりには突飛な栽培方法を採用したりして、きちんとトマトと向き合わなかった結果、ある2種類が2年続けて不作となり種を採取することが出来ませんでした。

そして今年、一昨年の種を使うことになったその2種類の発芽率が著しく悪く、
危うく今年で種を絶やしてしまうところでした。

小さな小さなことなのですが、
なんだかすごく哀しくなってしまい、
「がんばれー、がんばれー、がんばれー」
「今年は絶対に種を繋ぐから、お願いだから発芽して−」と、
種を蒔いた土に向かって祈るように話しかけてしまいました

願いが聞き届けられたのか、他よりも2週間遅れて発芽してくれました。
ひとまずスタートラインはクリアしました。

今年は突飛なことはせずに正攻法で確実に収穫&種採取したいと思います。

野菜は人の思いに応えてくれる生き物のような気がするので、
どんなに忙しくても手間暇惜しんではいけないですね。

<発芽率が著しく悪く、たった1つだけ発芽>
 2017/09/12 06:48  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/2390



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。