« 国民年金てきなもの | Main | ワイヘキサーフィン »
暗黒面からの脱出



ニュージーランドにやってきて4年目頃に、
実は精神的ダークサイドに落ちていた。

今そう感じるだけで、
その当時はそう思っていなかったと思う。

私は、何か1つのことにダーーーっとのめり込むタイプで、
興味を持ったことに、特別な思いと熱意でとことんはまっていく。

この性質は、
私の特徴ともいえる決断力や行動力の源でもあり、
興味の対象が変わる度に考え方も変わる、という、
ある人から見れば、影響されやすいように見える性質でもある。

もともと割と現実的な部分があったけれど、
ニュージーランドに来る前と来たばかりの頃は、
私はスピリチュアルで夢想的、見えないものをもっと信じている人間だった。
今でも見えない力を感じる部分は変わらないけれど、
あの頃は、ただ単に現実が見えていなくて、
自分が見たいと思う現実だけを構築してその中に住んでいた気がする。

物事を引き寄せる力、実現していく力というものが存在しているのは今でも信じているが、もっと別の、実際に社会で起こっていることに対する考え方がかなり夢想的で現実逃避的だった。

そして、あるきっかけがあって、
主に日本の歴史を中心に知らなかったことを知ってしまったことで、
異常なまでに現実的な人間になってしまった。

スピリチュアルな気分でフワフワしていたのも気持ち良かったけれど、
知らなかったことを知って覚醒してしまい、
毎朝別人のように思考が切り替わっていくことが、
今までに体験したことのないくらいの快感であった。

私がフタをしていて、もしくは思い込みたい方向で思い込んでいて、
実際に調べたり知ろうとしなかった事柄が世の中に溢れていた。

それはただ単に現実であり事実であり現在進行形なのだ。

そういう現実を直視しまくるメガネをかけて世の中を見始めると、
自分がかつて構築していた、今では抜け殻のようになった価値観に対して、
だんだんと辛辣になっていき、厳しい視線を向けるようになってしまった。

実際の話がまったくできない人々、
事実確認をまったくせずに、ネットにある情報を鵜呑みにする人々、
イデオロギーを隠して公平な立場のように報道するメディア、
そんなメディアに実は思い込まされているだけで、
自分が発する言葉の中に、自分で考えた意見など何ひとつ入っていないことに気づかない人々、

なんの罪もない(メディアには罪有り)、
これらの人々に批判的な感情が生まれてしまった。
これがダークサイドの始まり。


本当に何も知らない、美しい心と理想だけで発言する人々の、
その優しい心から発せられる偽善的(と私には感じる)な発言、
そういったものに特に批判的になっていた。

私はかつて、心が優しい人間になりたいと願っていた。
自分自身が元の元から心が優しい人間だと思っていなかったからだ。

他人から「心優しい人間」と思われたくて発言しているのか、
本当に心を砕いて発言している真に心の優しい人間なのか、
どちらかわかりかねる発言がこの世には多い。

他人に批判的になるとき、
その根本的な原因は自分自身の中にある、という。

まさにその通りで、
いい人になりたくて、優しい人間になりたくて、
自分自身の中で育てていた偽善的な部分を、
徹底的に冷徹なまでに分析し批判したくて、
かつては賛同出来た優しい意見に逆に批判的になってしまっていた。

この美しい大自然に恵まれたニュージーランドという地で、
突如、私の中の最後のストレスとも呼べる偽善が洗い流された気がする。

暗黒面の夜明け、ダークサイドからの生還。

何も知らない偽善的な意見を言う人間ではなく、
出来うる努力をして情報収集し、
現実の話、事実、時代感覚を冷静に受けとめ、
そこから導き出される考えを素直に言える人間になりたい。

とことん現実的になったところで、
バランスを取るためか、ここ最近はふんわり気分。
けれど1度得た現実的思考はしっかりと脳に根ざしている。

 2017/06/23 18:22  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/2353



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。