« メルボルンの旅 その2 | Main | 青い卵 »
メルボルンのお薦めショップ T2



オーストラリアのブランドでは、
化粧品ブランドのAesop(イソップ)や、ムートンブーツのUGG(アグ)など、
いろいろとありますが、
だいたいは東京に行けば手に入るし、
東京に住んでいなくたってネットで買うことができる。

なので、おそらくまだ上陸していないのでは?
と思える茶葉専門店「T2(ティーツー)」をお薦めします。

東京から来た旦那さんのお仕事関係のお客様が、
わざわざ探し求めていらっしゃったということで、
私もさっそく行ってみました。

前ブログのファッション・ビル「エンポリウム」に2店舗展開されています。



おそらく、ほぼ世界中の茶葉を網羅したのではないかと思われるほどの、
夥しい数の茶葉がずらっと並ぶ。
すべての茶葉が小皿に出してあるので匂いを確かめることも出来る。



店内には常時3〜4種類のお茶が試飲出来るように用意されており、
ちょっとしたティー・テイスティングも出来る。

茶葉によって抽出方法が異なることもあるので、
あらゆる種類のティー・サーバーも用意されている。
日本の南部鉄器も商品として置かれていた。
店員の方が「日本で作ってもらっているんだ」と自慢気に話してくれたので、
なんだか日本の職人技術がリスペクトされていて嬉しかった。

私の人生における茶葉の旅は、
アールグレイに始まり、アールグレイに終わる、
という感じで、若い時に出会ったアール・グレイに恋をして、
他の茶葉の扉が開くまでしばらくアール・グレイにはまっていた。
それから、セイロンやウバやオレンジ・ペコ、その他いろいろな国で名を馳せる紅茶専門店のブレンド・ティーにつぎつぎはまり、そしてあるとき突然紅茶ブームが終わりを告げた。

つぎにはまったのはハーブティ。
カモマイルやミント、レモンバームやレッドジンガーなど。

その後は、ネスプレッソの登場でコーヒーが時間の多くを占めるようになる。
そして今さらながら日本茶にはまり、現在に至る。

紅茶ブームが去ってから長らく時間が空いていたのだけれど、
先日ある日突然私の中に再びアール・グレイが帰ってきた。
なんとなくスーパーで買ったトワイニングのアール・グレイ、
どこでも買える普通のそのティー・バッグにさえ、
あ〜〜やっぱり美味しいと感じさせ、
改めてそのフレーバーが私の本当の好みであったことをじわーっと思い出させてくれた。

というわけで、もう今まで見たことのないくらいの数の茶葉の中で、
私が迷い無く選んだのはやはりアール・グレイ

いろいろと20年近く茶葉の旅をしてきた結果のチョイスに満足している。

「T2」、メルボルンのお土産にお薦めのショップです。
 2017/05/30 06:18  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/2343



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。