« 犬のうんちも肥料に | Main | ピンクレモネードの海 »
犬用レインスーツ


夏は完全に終わった。

天候のパターンが夏とは完璧に変わり、
雨が多くなってきた。

小雨程度ならヴィンヤードでも仕事をするのと、
多少の雨なら散歩に連れて行けるようにと、
ヒメ用のレインスーツを購入。

レインスーツを着せる理由は、
ヒメが濡れると寒いから、とかそういうのではない。
泥水まみれになって帰ってくると家に入る前にいちいち洗うのが大変だから。
毎日のことなので、その手間を考え、
飼い主側の事情からレインスーツを着せることにした。

日本とニュージーランドのネットで数々いろいろ見てみたけれど、
最終的に日本のサイトで見つけたこれに決めた。
フィンランドのドッグ・グッズ・ブランド、
「Hurtta(フルッタ)」のスラッシュ・コンバット・スーツ

とにかくアクティブに走り回るので、
防水力に加えて脱げないことが大切。

このスラッシュ・コンバット・スーツは、
撥水性と通気性を保つ独自素材を使用していて、
かつ、お腹から足回りまで完全カバーなのでかなり汚れにくい。

今日ヒメにこれを着せて散歩に行ったけれど、
走りにくそうにしているわけでもなく、
いつも通り快調な動きでなんの支障もなく動き回っていた。
途中のウンチとオシッコもまったく問題無し。

私はかなり大満足!
野原を駆け巡るウサギを追いかけていくヒメ。
雨の中、安心してゆっくり散歩したのは初めて。

雨粒が小さな流れとなり集まり、
やがて大きな流れになっていく音を聞く。
大木の下で枝枝からしたたり落ちる雨粒を見つめる。

雨の日には雨の日の楽しみ方があるのだなぁ。

そんな余裕をひとときレインスーツが与えてくれた。
 2017/03/29 06:16  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/2325



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。