« ちっさっっ! | Main | オックスハート »
ヒメの仕事と遊び



さて、鳥追いの季節がやってきました。

鳥からブドウを守る為に張られたネット。
けれどまだ縫い合わせられていない穴や隙間から鳥が入ってくる。

毎朝1人だけスタッフが1時間早く来て、
どのネットに鳥がいるかヴィンヤード全部のネットを外側からチェックする。
これが Birds run(バーズラン)。
鳥を見かけたらネットの中に入り数などを確定するのが、
Spotting Birds(スポッティングバーズ)。

そして定刻にやってきた他のスタッフ4〜5人で、
鳥が目撃されたネットに入り鳥を捕まえる。

音を立てながら追いやり、
片方だけ開けたネットから鳥を出すか、ネットを開けずに追い詰めて殺すか、
いずれにせよ鳥をネットから一掃するのが、
Flushing Birds(フラッシングバーズ)。


鳥に休日も平日もない。
なので、土日も鳥追い作業を当番制でする。
平日は人が大勢いるけれど、週末当番はたった1人。

鳥を見つけることは出来ても、
それを追い出したり捕まえたりするのは大変な作業。

日曜日の今朝、私に当番が回ってきた。
ここは、ヒメの力を借りるしかない。。。

けれど私のしつけは、
ハンティング本能を抑えさせるしつけでもあるので、
鳥追いをさせることはヒメにとって矛盾が生じる。。。

だってそもそも、うちで飼っているダックやニワトリを襲わせないようにするために選択したしつけ法が森田誠式なのだから。

ヴィンヤード犬の仕事はこの鳥追いがメインの仕事。
ヴィンヤード犬でもあるブリックスはきちんと鳥を捕まえかみ殺す。
そしてそれが楽しくて良いことだと教えられている。
ハンティング能力を伸ばすしつけをされているのだ。
それがネットの外でも鳥を見たら追いかけ捕まえようとする。

けれど私は、
鳥を殺すことを良いことだとヒメに教えたくない。

生き物を捕まえることは犬が本来持っている自然の能力。

今までおこなってきたしつけに矛盾を生じさせないのであれば、
ヒメを鳥追いに参加させないのが一番。

けれど犬を連れてヴィンヤードに働きにいっていながら、
しかもまさにファームドッグとして生まれてきている犬を飼いながら、
鳥を襲わせたくないというのはある種の矛盾である。

考えに考え出した結論は、
捕まえるのだけ手伝ってもらってかみ殺させない。
最後は私が鳥をリリースする、というもの。

ブリックスがかみ殺しているのを見ているので、
どうやって殺さないようにさせるか見当も付かなかったが、
とりあえずヒメをネットに入れてみた。

最初は鳥が飛んでいっても何も反応しなかった。
そしてやはりヒメの威嚇無しでは、
広いネットの中を鳥を追ってムダに往復するだけになってしまう。

なので私が走って鳥を追いかけるのをヒメに見せ、
テニスラケットで鳥を捕まえる仕草をして見せた。

それを見たヒメは、
鳥を捕まえるという遊びをしているのだと思い、
鳥を追い始めた。
家の中でハエを捕まえて遊ぶの同じ感覚だ。
ハエは何度も何度も足でパンチされるとすぐに死んでしまうが、
鳥はもう少しタフなのでヒメに軽く噛まれた程度ではすぐに逃げ出す。

最初の1羽目は、何度か逃げられたが、
2羽目以降は、鳥をキャッチすると前足で押さえたまま私が来るのを待つようになった。私もそんなヒメを興奮させたり、大げさに褒めたりせずにただ頭を軽くなでるだけにした。

褒めることも叱ることもせず、
鳥を捕まえることは良くも悪くもないこと、だと伝えたかった。

そしてヒメが捕まえた鳥を私が受けとり、
ネットの外に離した。
最初はその鳥を追おうとしたが、その行動をリードのショックで制止させる。

ネットの中の鳥だけがターゲットなのだと教えるためだ。

ヒメはまだ噛み殺すことを知らない。
きっとかけ声で刺激して興奮させればいずれ噛み殺すだろう。
そしてそれを褒めることでどんどんハンティング能力が育っていく。

この鳥追いのシーズン、
ヒメに、鳥追いはさほど面白くもないけれど飼い主と一緒ならやる、
という程度の遊びで過ごせればいいなと思う。

この微妙なしつけを他の人に英語で伝えるのは困難なので、
ヒメを鳥追いに貸してくれと頼まれても断固断らねばならない。
男性のうちの何人かは犬を興奮させるのが大得意だからだ。

結局私とヒメは、
今朝は7羽の鳥を捕まえて外に離すことが出来た
所要時間は1時間45分。
まずまずの成課だ。

 2017/02/12 06:17  この記事のURL  /   / トラックバック(0)


トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://apalog.com/seri-emi/tb_ping/2316



プロフィール
芹澤 絵美(せりざわ えみ)
スタイリスト。静岡県生まれ。文化服装学院流通専門課程卒業。サンプロデュース入社。2000年に独立。東京コレクションをはじめ、様々なショーを手がける。その後、雑誌・広告等、撮影方面にも幅を広げている。
現在はニュージランドで暮らし、スタイリストは休業中。

芹澤 絵美  プロフィール
芹澤 絵美のスタイリングはこちら
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/seri-emi/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。